コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

浪花の恋の物語 (1959/)

[Drama]
製作大川博
監督内田吐夢
脚本成沢昌茂
原作近松門左衛門
撮影坪井誠
美術鈴木孝俊
音楽富永三郎
出演中村錦之助 / 有馬稲子 / 片岡千恵蔵 / 田中絹代 / 花園ひとみ / 進藤英太郎 / 植木千恵 / 千秋実 / 浪花千栄子 / 市川小太夫 / 雪代敬子 / 香川良介 / 日高澄子 / 中村芳子 / 八汐路佳子 / 白木みのる / 中村時之介 / 織田政雄 / 沢村宗之助
あらすじ浪花の飛脚問屋の養子、忠兵衛(中村錦之助)は、無理やり連れて行かれた遊郭の遊女梅川(有馬稲子)に一目惚れ。それ以来、廓がよいが始まった。入れ込む忠兵衛を「遊女は金の捕われもの」と、いさめる梅川。そんな二人のやり取りに、隣室で耳をかたむける竹本座座付作者近松門左衛門(片岡千恵蔵)の姿があった。梅川が他の客に身請けされることを知った忠兵衛は、客の金に手をつけ二人の逃避行が始まった。その一部始終を近松は陰から黙って見続けるのだった。近松門左衛門の「冥途の飛脚」、「恋飛脚大和往来」を成沢昌茂が脚色、内田吐夢監督が映画化。(105分/カラー/東映スコープ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5時代劇としてのセンスに溢れた、後世の模範とすべき名作! [review] (Aさの)[投票(1)]
★4戯作者の近松を顛末ウォッチャーとして置いた脚本に大して効果を見出せないので、『近松物語』や『曽根崎心中』の劇的純度には劣ると感じてしまう。ただ、劇場や郭のオープンセットの贅には惚れ惚れし、それを支配する吐夢の大構えな力量を随所で感じる。 (けにろん)[投票(2)]
★4金が敵の世の中でござんす、なるワンフレーズで観る者を考え込ませ、あとは東映美術の乱れ撃ち。有馬稲子の舞踊のトリッキーな様式美は、任侠映画や清順を二番煎じと知らしめるに充分の完成度。片岡千恵蔵の近松、何もできぬ文弱の哀れが印象に残る。 (寒山拾得)[投票]
★4あんな真面目なおひとが・・・恋に不慣れが恋に狂って歯止めがきかぬ。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票]
★4胸が締め付けられる悲恋。ラストもすばらしい。 (動物園のクマ)[投票]
★3この映画の一番の見所は何と云っても坪井誠の流麗なカメラワークだろう。廓の中を緩やかにそして自由自在に移動する。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3二人が惹かれあう所に説得力がない。入り婿と廓の女、共に縛り付けられた人生で通じるものがあった―と思うが、見えてこない。ただ男の実父の手紙「お前様は生来気短か者ゆえ、人付き合いに事欠きはせぬかと・・・」で男の性格の幾分かは分かり、又それを案じる心にホロリとした。 (KEI)[投票(1)]
★3美形すぎて有馬稲子に、いまひとつ哀れを感じない。純情すぎて中村錦之助に、もうひとつ迫力を感じない。顔がでかすぎて片岡千恵蔵には、薄気味悪さすら感じてしまう。孤軍奮闘の浪花千栄子と緩急巧みな内田演出に敬意を表して3点。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3有馬稲子が思ったより健闘してる。片岡千恵蔵田中絹代がビシっと脇を固めて、浪花千栄子千秋実がいいアクセントになっている。でも中村錦之助が肌に合わないんだよなぁ。 (直人)[投票(1)]
Ratings
5点2人**
4点8人********
3点6人******
2点0人
1点0人
16人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
浪花千栄子傑作選 (寒山拾得)[投票(6)]大殺陣 東映ハードボイルド時代劇 (町田)[投票]
Links
検索「浪花の恋の物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]