コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
浪花千栄子傑作選

NHK連続テレビ小説「おちょやん」放映記念
A★3アチャコ青春手帖 東京篇(1952/日)アチャコの母親役 1952年から103回続いたラジオドラマの映画化で4作シリーズ [comment]
A★0お父さんはお人好し(1955/日)アチャコと夫婦役 1954年から10年続いたラジオドラマの映画化で7作シリーズ
B★5噂の女(1954/日)京都島原、田中絹代が主人の置屋の婆や お咲役
B★5山椒大夫(1954/日)田中絹代の玉木と厨子王・安寿の里帰りに同行する召使 姥竹役 
B★4大阪物語(1957/日)守銭奴中村鴈治郎の妻 お筆役 (監督は吉村公三郎) [comment]
B★4近松物語(1954/日)香川京子の母 岐阜屋のお母様 おこう役 ボンボン息子田中春男との情けない丁丁発止 [comment]
B★4祇園囃子(1953/日)お茶屋の女将 お君役 寝転んで新聞読んでいる導入ほか残酷な差配で有名 ブルーリボン助演女優賞 [comment]
B★0滝の白糸(1952/日)京マチ子の世話をする姉がわりの弟子 みどり役(監督野淵昶のリメイク )
B★0祇園の姉妹(1956/日)端役 お君役 (監督野村浩将によるリメイク)
C★5暴力(1952/日)スラム街で菅井一郎に骨までしゃぶられる妻 せつ役 [comment]
C★5猫と庄造と二人のをんな(1956/日)山田五十鈴を追い出し香川京子を後妻に据える森繁の母 おりん役 [comment]
C★5二十四の瞳(1954/日)奉公の松ちゃんをイジメる史上最悪の悪役 金毘羅さんの飯屋のかみさん役  [comment]
C★4宮本武蔵(1961/日)中村錦之助への復讐を誓い追い回す木村功の母 お杉役 その行動は武藏の哲学を相対化し続ける。全5作品 [comment]
C★4女系家族(1963/日)三姉妹の叔母 芳子役 もちろん守銭奴
C★4蜘蛛巣城(1957/日)マクベス風妖怪役 糸巻きくるくる
C★3小早川家の秋(1961/日)中村鴈治郎が忍んでゆく素人旅館の女主人 つね役
C★3瞼の母(1962/日)泣かせの役は珍しい。母を探す萬屋錦之助が路上で出会う盲目の三味線弾きの老婆役 [comment]
C★3悪名(1961/日)勝新太郎を折檻する因島の女親分 麻生イト(実在)役 [comment]
C★0グラマ島の誘惑(1959/日)轟夕起子ほか従軍慰安婦たちの引率の婆さん役 [comment]
D★5今年の恋(1962/日)岡田茉莉子の母 お紋役 [comment]
A:花菱アチャコとのラジオドラマの映画化で出世作 B:全部が傑作のミゾグチ作品 C:勝手に選んだ名演10選 D:その他代表作 E:脇役端役で登場する名作 F:出演が不思議な作品。 20代前半の1926〜29年に東亜・帝國キネマ等の出演作がありますが現存しない由。松竹新喜劇時代に映画出演はなく、退団後の1952年に映画復帰(45歳)。それから1973年の逝去までの約20年間に216本の映画に出演されています。著名な未登録作品に『残菊物語』(島耕二のリメイク 56)、『二等兵物語』(58〜59 シリーズ)『鉄腕投手・稲尾物語』(59)、『新・三等重役』(59〜60 シリーズ)、『番頭はんと丁稚どん』(60〜61 シリーズ)『べらんめえ芸者』(60〜63 シリーズ)など。作品の評価は個人的なものです。なお、グーグルで検索して出てくる浪花千栄子の写真は『山椒大夫』の田中絹代の間違いです。私は部屋にテレビがないのでテレビ小説が観れません。
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (5 人)動物園のクマ いくけん ぽんしゅう KEI