コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

蜘蛛巣城 (1957/)

[War/Drama]
製作本木荘二郎 / 黒澤明
監督黒澤明
脚本黒澤明 / 小国英雄 / 橋本忍 / 菊島隆三
原作ウィリアム・シェイクスピア
撮影中井朝一
美術村木与四郎
音楽佐藤勝
出演三船敏郎 / 山田五十鈴 / 千秋実 / 志村喬 / 久保明 / 浪花千栄子 / 三好栄子 / 佐々木孝丸 / 太刀川洋一 / 藤木悠 / 高堂国典 / 上田吉二郎 / 清水元 / 富田仲次郎 / 稲葉義男 / 土屋嘉男 / 堺左千夫 / 大友伸 / 谷晃 / 沢村いき雄 / 佐田豊 / 浅野光男 / 大村千吉 / 井上昭文 / 加藤武 / 小池朝雄 / 高木均 / 宮口精二 / 木村功 / 中村伸郎
あらすじ配下の乾の謀叛に遭い、危機に陥った蜘蛛巣城。籠城を決意する城主都築国春(佐々木孝丸)の元に、鷲津武時(三船敏郎)と三木義明(千秋実)の働きにより平定されたとの連絡が入る。大勝利の報に向かった鷲津と三木は蜘蛛手森で妖婆(浪花千栄子)と出会う。彼女からやがて蜘蛛巣城の城主となると予言を受けた鷲津は、妻の浅茅(山田五十鈴)にそそのかされ、自分の城に滞在した国春を殺害し、予言通り蜘蛛巣城城主となるのだが… [more] (甘崎庵)[投票]
Comments
全80 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5冒頭からラストまで完璧である。だがしかし、オレが三船なら黒澤にこう言うだろう。「殺す気か!」 [review] (ペンクロフ)[投票(16)]
★5これは字幕付(DVD)で見た方が良いと思う。(05・11・01) [review] (山本美容室)[投票(4)]
★5シェイクスピアを原作にしてはいますが、やっぱりオリジナルの黒澤映画だと思います。最後の群衆シーンだけでも見る価値アリ。 [review] (chokobo)[投票(4)]
★5鷲津にとり憑く森に住み人の心を惑わす妖しの者、城に住み着き鷲津を意のままに操る女郎蜘蛛、見てるコッチもとり憑かれました。 [review] (あき♪)[投票(3)]
★4勿体無いお化けが出てきそう。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(9)]
★4戦場、砦、城内、居室、どれを取っても切り取られた空間は、カメラのフレームを忘れてしまうほど広く奥が深い。その異界からの眺めを彷彿とさせる視点の導入で、鷲津武時の人間的矮小さがきわだつ。山田五十鈴の怪演には言葉を失う。 (ぽんしゅう)[投票(6)]
★4ワンカットの魔力。 [review] (荒馬大介)[投票(5)]
★4英雄の最後 [review] (ちわわ)[投票(3)]
★4能面の様に表情の無い山田五十鈴がラストで血を洗い流す時に表情が現れるのも恐ろしいが、矢を射られる三船が撮影後に酔った勢いで黒澤邸へ向けて「黒澤のバカ野郎!」と怒鳴った伝説があるのも頷ける恐ろしさ。あれは演技には見えない。 (タモリ)[投票(3)]
★4シェイクスピアの「マクベス」の日本版。だけど [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★4台詞が聞き取り辛いのもさることながら、マクベスを知らない私には、途中で観るのを止めようかとも思ったほど前半の展開は退屈で仕方がなかった。しかし、この映画は、最後の最後に宝物がある。ラストの壮絶なシーンだけで、一見の価値がある。 (Pino☆)[投票(2)]
★4ラストも凄いが、やっぱりこれは、マクベス映画というよりマクベス夫人映画。全体のおどろおどろしい魔術的な雰囲気も、彼女のために。 (mal)[投票(2)]
★4幼い頃、奥方の顔の大写しで泣き出したものだ。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4ロケの都合上ということもあったらしいが、御殿場の火山灰地に建てた城のセットが、正に「砂上の楼閣」で、幻想的なイメージにピッタリ。 (おーい粗茶)[投票(2)]
★3シェイクスピアの愉しみは、会話の妙にあると考える。その大半が削られ、しかも音声の悪さでほとんど聴き取れず、多分に興を削がれた。黒澤一流の料理の仕方と思えば仕様がないが。見所としては… [review] (水那岐)[投票(8)]
★3何を喋っているのかわからないのに、どう評価すればいいのだろう? 画面の力は買うにしても、聞き取りづらさを狙ってやってるわけではないとしたら、完璧主義者な黒澤にしては、大失態をおかしたと思う。 (Linus)[投票(5)]
★3良くも悪くも洗練されておらず、ある意味黒澤らしさがよく出た映画。ホラー仕立ての部分には、今観るとやや失笑気味だが、 [review] (緑雨)[投票(4)]
★3原作はシェイクスピアだし、演出は黒澤ならば内容的には完璧なのだろう。しかし [review] (sawa:38)[投票(3)]
★3きりはなつ くもの素性の 大向かで 想いまどひつ 雨にうたれむ [review] (町田)[投票(2)]
★3原作は面白いのだから、誰が作ったってそれなりのモノになるはずだ。2003.12.24 [review] (鵜 白 舞)[投票(1)]
★3もっとテンポ早くても良かったと思う。山田五十鈴の狂演は確かに凄いが、逆に浮いているとも感じた。ラストの三船に☆3点。['03.8.21京都文化博物館] (直人)[投票(1)]
★2鷲津(三船敏郎)の演技は演劇調の大芝居、その妻・浅茅(山田五十鈴)は能の如く静謐で精妙な演技。沸騰する怒鳴り声と、細く冷たく震える声。床をドカドカと踏む足音と、神経に触れる衣擦れの音。対照的な二人の対話を軸に据えた構成は面白いが…。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
Ratings
5点46人***********************
4点118人***********************************************************
3点79人***************************************.
2点4人**
1点2人*
249人平均 ★3.8(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
こんな英題で出ています(黒澤篇) (AKINDO)[投票(27)]読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]
発見すると楽しいぞ! ブルーパー&ミスカット (アルシュ)[投票(12)]「シネマ DE ジョーク」へのいざない (アルシュ)[投票(11)]
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山拾得)[投票(10)]フィードバック映画 (スパルタのキツネ)[投票(7)]
キネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ!  (ぽんしゅう)[投票(7)]浪花千栄子傑作選 (寒山拾得)[投票(5)]
馬が印象的な作品 (スパルタのキツネ)[投票(4)]再考&最高 クロサワ映画 (chokobo)[投票(4)]
私が薦める時代劇 (シーチキン)[投票(3)]タイム誌が選んだ年間ベスト10(60−70年代+α) (AKINDO)[投票(2)]
世界のクロサワ、私の黒澤 (Ryu-Zen)[投票(2)]我がびびりズム (はしぼそがらす)[投票(2)]
黒澤明[投票(2)]
Links
検索「蜘蛛巣城」[Google|Yahoo!(J)|goo]