コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

小説家を見つけたら (2000/)

Finding Forrester

[Drama/Fantasy]
製作総指揮ダニー・ウルフ / ジョナサン・キング
製作ショーン・コネリー / ローレンス・マーク / ロンダ・トーレフソン
監督ガス・ヴァン・サント
脚本マイク・リッチ
撮影ハリス・サヴィデス
美術ジェーン・マスキー
音楽ビル・フリーセル
衣装アン・ロス
特撮ボブ・マンロー
出演ショーン・コネリー / ロブ・ブラウン / F・マーレイ・エイブラハム / アンナ・パキン / バスタ・ライムズ / エイプリル・グレイス / マイケル・ピット / マイケル・ヌーリー / リチャード・イーストン / グレン・フィッツジェラルド / ゼーン・コープランドJr.
あらすじニューヨークのハーレムに住む少年(ロブ・ブラウン)は、ふとしたきっかけで近所のアパートに住む謎の老人(ショーン・コネリー)と知り合う。やがて作文の成績が認められマンハッタンのエリート校に転校した少年は、授業での課題から、実はこの老人が、絶賛されつつ文壇から姿を消したかつての大作家であることに気づく。 (Yasu)[投票]
Comments
全70 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ジャズ音楽を背景に、色の綺麗なマンハッタンを自転車で走っていくショーン・コネリーの姿が自信に満ちていて美しく印象的。偶然の出会いから互いに影響し合い成長して行く過程に惹き込まれてしまう。音楽もとても素敵だった。  [review] (marina)[投票(2)]
★5同監督作品「グッドウィルハンティング」と系統は似てますが、新人の男の子の演技もフレッシュで、さわやかな気持ちになります。素直な感動作品。 (みくり)[投票(2)]
★5色も音も登場人物も、、みんな控えめでいて美しい。「現実からはなれて少しの間、ゆったり楽しませて貰えて感謝します。」と感じた久々の映画です。 [review] (ヤッチ)[投票(1)]
★5物語は派手な山場も無く淡々と進む。しかしそれがなんと心地よいのだろう。ロブ・ブラウンの静かでありながら強い意思を感じる演技。やわらかに聴こえてくる音楽。スタッフロールが終わるまで席を立ちたくない、そんな映画。 [review] (raymon)[投票(1)]
★4コネリーじいさん、渋いです! 若くて才能のある人っていつの時代でも憎まれるものなのね・・・。 [review] (ゆう)[投票(6)]
★4凡人が「小説家を見つけたら」どうなるかという物語ではない。これは多少欠損している部分が違う天才同士の出会いの物語なのだ。 [review] (水那岐)[投票(5)]
★4お願いだショーン・コネリー、このままこの路線でいってくれ!!! (mimiうさぎ)[投票(4)]
★4一生をかけて、真に解りあえる友を探したい。 [review] (アルシュ)[投票(3)]
★4人と人との信頼、その小さなともし火が人生を決定してしまうこともあるものなのだ。今から人生を切り開こうと知る若者と人生の黄昏をも終えようとしている小説家との一つの絆。それは2人の人間の心の拠りどころであったのだ。静かな時間の流れがいいなあ。 (セント)[投票(2)]
★4信頼し、信頼に応える。人生の中でそんな場面にまだ出会っていないなー・・・。ショーン・コネリーもいいけど、新人とはとても思えないロブ・ブラウンすごくいいねー。感動しました。 (RED DANCER)[投票(2)]
★4実は結構、深いテーマでありながら、さわやかに明るく面白くすすんでいくストーリーがいい。やはり、マット・ディモンがあらわれた時には劇場がドッとゆれた(笑)(笑い所?) (奈美)[投票(2)]
★4師弟関係では無く、友人関係なのが良いね。 (ユウジ)[投票(1)]
★4友情に年齢は関係ない。素敵なことです。 (ちい星)[投票(1)]
★4私にも文才がほしい。 (AZ)[投票(1)]
★3やけに設定が『グット・ウィル・ハンティング』に似ていると思ったら、同じ監督だったので納得。個人的には本作のほうが好き。じっくり描く作風に、ロブ・ブラウンの静かで落ち着き払ったすばらしい演技がはまり、じわじわと湧き上がってくる感動が非常に心地よかった。 (ことは)[投票(4)]
★3「ものを書く」という行為を、映画という手法によって表現するのはやはり難しいな、と。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3ショーン・コネリーロブ・ブラウンともに造型の詰めが若干甘く、なかなか映画がドライヴしない。それを「抑制」「落ち着き」「慎み」などと肯定的に云い換えることは難しい。綺麗すぎるきらいはあるものの、ハリス・サヴィデスによる画面の繊細な質感はよい。 [review] (3819695)[投票(2)]
★3たんたんと映画が進んでいったら、なんとマット・デイモン登場!!超ウケた。 登場時間数十秒。 ナイスちょい役。 映画に花を添えました。 (ヒコ一キグモ)[投票(2)]
★3「本の無い部屋は魂の無い肉体のようだ」(キケロ)。本のある部屋の「高さ」が活かされた演出。「兄の存在」という共通項。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3終始、どっかでみかけた話だなというのが拭いきれなかった。しかしショーン、ロブ・ブラウンなど役者達はよかった。バスケもしっかりバスケになってたしね。 (まちゃ)[投票(1)]
★2宝くじに当たったのと大差ない。 [review] (mal)[投票(1)]
★2マット・デイモンなぜ出るの?ベン・アフレックは出なくて良かった。期待してたのになぁ〜残念。「グッドウィルハンティング」なければ3.5点。 (frank bullitt)[投票]
★1「文学っぽさ」という外側だけの腐臭を纏った映画。美文を書くことと、物語を作る能力はまったく別であろう。あと、随所に見られる差別意識も非常に気分が悪い。 [review] (Kavalier)[投票(1)]
Ratings
5点31人***************.
4点92人**********************************************
3点56人****************************
2点10人*****
1点2人*
191人平均 ★3.7(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
映画の中の自転車たち (立秋)[投票(4)]新しい世界へ (青春編) (中世・日根野荘園)[投票(1)]
☆2001年に観た記憶に残る映画☆ (starchild)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「小説家を見つけたら」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Finding Forrester」[Google|Yahoo!]