コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 荒武者キートン(1923/米)
- 更新順 (1/1) -

★3この映画には公開時の100年近く前を描くという「時代劇」の側面があり、変な自転車、駅馬車列車、シルクハットがカンカン帽に変身するなどは過去と現代の時差がベースにあるギャグだと思われる。 (ペンクロフ)[投票]
★4前半の列車を使ったギャグが特に良い。他のキートン作では見られないほのぼのさだ。深い縦構図が幾つもあって驚く。見事な活劇。 (赤い戦車)[投票]
★4移動とドン詰まりの繰り返しの妙。機関車による高揚と仇宅での軟禁。女装での逃亡から崖っぷち。今度は機関車は悲壮の移動手段となり、ついに激流から全ての終わりの滝口へ。冒頭の復讐譚のシビアさは、作品の底に流れる命を軽んじることの愚かさにに対する前振り。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4バスター・キートンのもうひとつの偉大な機関車映画。こんな馬鹿馬鹿しい機関車のモーションを他に誰が思いつけるだろうか。疾走感だけがキートンの武器ではない。トコトコ走りの犬にも追い抜かれる最徐行機関車が極上の脱力ギャグを次々に繰り出す。そして激流の決死スタントにさえいっさい力みがない。 (3819695)[投票]
★3キートン版「ロミオとジュリエット」。途中で出てくる特急列車、昔は本当にあったのかと一瞬思ったが、ある訳ないよね。最後の最後、負けないぞというキートンの反骨精神が良かった。 (KEI)[投票]
★3少々ヒネリ過ぎにしてブレイク度が薄く物足りないSO-SO作品 [review] (junojuna)[投票]
★3キートンは悲しく美しい。しかし当時どうやってこういう映像を撮っていたんだろう。 (buzz)[投票(1)]
★3蒸気機関車は面白いけど、キートンは乗って動きがないのが難点にも思えた。 終盤のスタントは尊敬するけど、落下という縦の運動の力は横の画面を基調とした映画では捉えずらいかなっと思う。 私的にキートンの運動は、横の運動、疾走する描写に感動するのです。 (モノリス砥石)[投票(3)]
★3子役のキートンJrがいい。。。実の子供だからああいう演技がさせられたか・・・ってのは半分冗談で、半分本気。 (SUM)[投票]
★4徐々にキートンのスタントが過激さを増していく。前半とのギャップが凄まじく、これまた笑える。崖のシーンと滝のシーンは絶対に必見。当時、本当に夫婦だったキートンとナタリー・タルマッジのキスがやけにリアル…これまた必見。 [review] (ナッシュ13)[投票(1)]
★4後で聞いた話だが、この作品、キートンが本気で溺れているシーンが混じっているらしい。観直したら、ちょっと当惑げだけどいつもの乙に澄ましたキートンのままで溺れてるし。役者魂には感服するが、生きものとして間違っとるよ〜!! (はしぼそがらす)[投票]
★4キートンは偉大だ。 (Curryrice)[投票]
★4やっぱり、最後にはキートンの方が一枚うわてです。[Video] (Yasu)[投票]
★4馬車のような客車を引っ張る蒸気機関車の装置としての面白さ! [review] (ゑぎ)[投票(5)]
★5列車のシーンから屋敷の中、そして川に至るまで、キートンの命がけのスタントとギャグが楽しめる。 (ドド)[投票]
★4まるでアメリカのアニメのように、うにゃうにゃくねるレールの上を走る汽車。そういや人間離れしたキートンの動きの「おかしさ」こそ後のアニメーターたちのよいお手本だったのかも。 (おーい粗茶)[投票(1)]
★2笑うよりも感心する。いい香港映画とれるよ、あんた・・・。 (rrei)[投票]
★4彼のアクションは、ドキュメント番組の「決定的瞬間」に近いものがある。 (地球発)[投票(2)]
★4救出シーン。今の生々しい映像でやってたら、ヤバいくらいアクション映画だよ、あれは。 [review] (くたー)[投票(2)]
★4後半の手に汗握る展開は圧巻。 (YoshidaS)[投票]
★5スタントで笑わせるってこんなにものすごいことだったのか。 (tomcot)[投票]
★4ギャグ・スタントの“つながり”にやや難点はあるものの、滝で恋人を救出するシーンはやはりすごすぎる。 (黒魔羅)[投票(1)]
★3滝に落ちる美女を救出する場面だけでも観る価値有り。あれを見ると、キートンの生命保険契約の引受け会社が無かったという話も頷ける。 (丹下左膳)[投票(3)]