コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バルトの楽園〈がくえん〉 (2006/)

[Drama]
製作総指揮岡田裕介
製作鶴田尚正 / 冨木田道臣 / 早河洋 / 塚本勲 / 滝鼻卓雄 / 渡部世一
監督出目昌伸
脚本古田求
撮影原一民
美術重田重盛
音楽池辺晋一郎
特撮佛田洋
出演松平健 / ブルーノ・ガンツ / 國村隼 / 高島礼子 / 阿部寛 / 大後寿々花 / 中山忍 / 中島ひろ子 / タモト清嵐 / 佐藤勇輝 / 三船史郎 / 板東英二 / 徳井優 / 大杉漣 / 泉谷しげる / 勝野洋 / 平田満 / 市原悦子 / オリヴァー・ボーツ / コスティア・ウルマン / イゾルデ・バルト
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5戦時中の実話でありながら、人種の壁を感じさせないおおらかで温かな物語に素直に感動する。現代日本とは違い、いい人がたくさんいたあの頃の日本。ドイツの文化に触れた久留米の人々の感激が伝わってくる。 ドイツ人の友人宅へ滞在し、人種を超えた温かさを実感していただけにさらに☆1。 2007.08 DVD (チー)[投票]
★4 日本ではあまり注目されることがない第一次世界大戦の最中にこのような事実があったことを映像として残せたことにまず意義があると思います。   [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3普通にいい話ではあるのだが、映画的に“ズレた”箇所が随所に出てきて溜息をつかされる。その最たるものがエンドロール。[丸の内TOEI1/SRD] [review] (Yasu)[投票(1)]
★3脚本・撮影の技術的な部分では悪くはなかった(佳いという意味ではない)が、松平周辺の描写をはじめ細かい所で演出の不足が目立ち、何度も興醒めをさせられた。描込みが甘い所からは物語が生まれない事を、監督は丸で解っていない。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3ドイツと云えばベートーベン、精密機械、自動車、ビール、ソーセージ、ドイツパン・・・ [review] (RED DANCER)[投票]
★3松平健はやっぱり踊りがうまいなぁ。。と思わせる盆踊りのシーン。 (あちこ)[投票]
★3確かにこの映画の99パーセントは不足と蛇足でできているのかもしれない。が、残りの1パーセントに宿るロリコン男の夢こそが実はキモなのではないか?という気がしないでもない。てゆーか寿々花ちゃん可愛いなぁ。 (tredair)[投票]
★2すげぇよ板東英二。 [review] (くたー)[投票(2)]
★2実際にあった事を描いているんだろうが、一から十まで美談にしている感じだし、何とも抑揚が無い。かと言って淡々とした中にも惹きつける物がある訳じゃなく、ただダラダラしてる。終盤の楽団シーンの演奏や歌、風景は素晴らしいが、それだけじゃ映画は成立しない。豪華キャストも無駄遣いと言わざるを得ない。['08.4.15DVD] (直人)[投票]
★2「癒し」を求めながらも自虐史観に染まった私にはまるでSF映画を鑑賞した如きの感想しかなかった。 [review] (sawa:38)[投票]
★2本当にあったなんて信じられない日本での捕虜収容所での美談の映画化です。 でも、あまりにいい人ばかりなので、お話自体が浮いちゃいましたね。 [review] (セント)[投票]
Ratings
5点1人*
4点1人*
3点9人*********
2点5人*****
1点0人
16人平均 ★2.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「バルトの楽園〈がくえん〉」[Google|Yahoo!(J)|goo]