コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

イップ・マン 序章 (2008/香港)

Ip Man

[Drama/Action]
製作レイモンド・ウォン
監督ウィルソン・イップ
脚本エドモンド・ウォン
撮影オー・シンプイ
美術ケネス・マク
音楽川井憲次
出演ドニー・イェン / サイモン・ヤム / 池内博之 / リン・ホン / ラム・カートン / ルイス・ファン
あらすじ1930年代、広東省佛山は多くの武術館が軒を連ねる街であった。ある日あらわれた道場破りの金に師範たちはことごとく倒されてしまったが、詠春拳の使い手・葉問(イップマン)は金を軽く打ちのめし、街でいちばんの武術家として知られるようになった。やがて佛山は日本軍に占領され、財産を没収された葉問は極貧生活に陥った。街は食うに困る者で溢れる中、空手の実力者である三浦将軍が部下の組み手の志願者を募り、勝利すれば米を与えるとの通達がされた。(カラー/105分) [more] (ガリガリ博士)[投票]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5デビューから20数年、ドニー・イェンがついに得た“当たり役”。演技開眼した彼にもはや敵なし。 [review] (パピヨン)[投票(1)]
★4時代劇がほぼ壊滅状態にある日本映画の現況を思えば、これほど高い総合力でカンフー映画を作り続けている香港映画の基礎体力には脱帽せざるを得ない [review] (ペンクロフ)[投票(5)]
★4ドニー・イェンの強さの秘密、なんて云うとちょっと大袈裟だし、また私は格闘技や武術の類についてはまったくの無知を誇っている者だけれども、映画を見つめる限りにおいては、ここでの彼の格闘アクションの特徴は徹底して「後の先」を取ることにある、と云えるだろう。彼は絶対に先制攻撃を仕掛けない。 [review] (3819695)[投票(2)]
★4闘いだけをみてると安心しちゃうくらい無双を誇るドニーさんだが、ストーリーを追う内に応援せずにはいられなくなる熱い演技がすごい。『レディファイター/詠春拳伝説』では軽いあんちゃん役だったことを考えると非常に感慨深い。拳のスピードに感情を込める芸当もさすが。 (アブサン)[投票(1)]
★4やはり、この1作目あってこその2作目(『イップ・マン 葉門』)である。こちらから見るのが正しい。池内博之の男くささも、ベタなネズミ男も、それぞれに良い味だ。 [review] (ガリガリ博士)[投票(1)]
★4ジャン・クロード・ヴァン・ダム以来の「可愛いアクションスター」であるドニー・イェンにめろめろになる。優しげで常に落ち着いていて、だから怒ると怖いという、まあ王道すぎるほどの王道っぷり! (月魚)[投票]
★4悪役にもそれなりの魅力があるところは良い [review] (neo_logic)[投票]
★4ドニー・イェンのアクションは文句なしにかっこいいし、辛気臭そうな表情には独特の陰影があり、たしかに一世一代の当たり役なのだろう。しかし極悪な日本軍をお約束とは思えなくなってしまった日本人のアタクシなのであった。 (ハム)[投票]
★4かなり重い話だったが楽しめた。音楽川井憲次かよ。 (赤い戦車)[投票]
★4 まあ、「反日映画」であることは間違いないのですが、その一言で片付けてしまうには余りに勿体無い作品ですね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3良いカンフームービーは、良いダンスムービーでもある。 [review] (まー)[投票(1)]
★3ドラマとしてはありきたりで、温厚な武術家とか抗日の誇りとかいずれも陳腐な感じがする。アクションはさすがに見せるが、けれん味に欠ける。総じて悪くはないが凡作という印象が残る。 [review] (シーチキン)[投票]
★3抗日映画ということを抜きにしても、なかなか陰惨なお話しではあるので、アクション映画としての爽快感は薄い。けど、この映画はそれでいいのだと思う。「動」のイメージが強いドニーの静かな佇まいが、ストイックなお話にマッチしていました。 (takamari)[投票]
Ratings
5点1人*
4点22人**********************
3点11人***********
2点0人
1点0人
34人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「イップ・マン 序章」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Ip Man」[Google|Yahoo!]