コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

愚行録 (2016/)

[Mystery/Drama]
製作総指揮吉田多喜男 / 森昌行
製作加倉井誠人
監督石川慶
脚本向井康介
原作貫井徳郎
撮影ピオトル・ニエミイスキ
美術尾関龍生
音楽大間々昂
衣装森口誠治
出演妻夫木聡 / 満島ひかり / 小出恵介 / 臼田あさ美 / 市川由衣 / 松本若菜 / 中村倫也 / 眞島秀和 / 濱田マリ / 平田満
あらすじ週刊誌の記者田中(妻夫木聡)は、妹の光子(満島ひかり)が育児放棄で逮捕され憔悴しきっていた。田中は、現実から逃避するように、未解決のまま世間から忘れられ、すでにニュースとしての価値のなくなった一年前のエリート会社員一家の殺害事件を取材したいと編集長に申し出る。田中は殺された夫の田向 (小出恵介) の会社の同僚渡辺(眞島秀和) や、妻の友希恵 (松本若菜) の大学時代の友人宮村 (臼田あさ美)らを取材し始める。彼らの証言から浮かび上がってきたのは、普段は見えにくい日本の社会に潜む格差や階級に根ざした驕りや嫉妬の渦だった。貫井徳郎原作のミステリで石川慶監督の長編デビュー作。(120分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4画面に温度(温もり)のようなものがあるとすれば、過去は常温で、現在は徹底した低温、いや脱温で描かれる。撮影監督ピオトル・ニエミイスキの無機な質感と大間々昂の不穏な旋律が石川慶の脱ウェットな語り口を支え、邦画の悪しき慣習の打破を試みる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3回想パートに関しては事件に関係のないエピソードも面白いのに、現実パートの魅力が弱いのが惜しい。 [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3最初っから最後まで妙な違和感。今の日本のどこにでも潜んでいる重苦しい雰囲気が産み出す狂気みたいな描き方しているけど、やっぱり特殊な人々で特殊な出来事じゃない?いや、だから映画になるんだけどさあ...。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
★3見せ方の良さと見せ方の悪さのダブルパンチ。 [review] (deenity)[投票(1)]
★3学内ヒエラルキーに囚われた人々を描くが相対化させる一般人が不在で気持ち悪い。胸糞悪い連中を殺すのは良しとしても、その気持ち悪さを映画はもうひとつの要因で上塗りし物語は有機連鎖しない。愚行の事象が並列配置されただけだ。画面繋ぎは高度に意識的。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点4人****
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「愚行録」[Google|Yahoo!(J)|goo]