コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 犯人に告ぐ(2007/日)
- 更新順 (1/1) -

★3時間一杯楽しめて、演出や撮影やらの裏方のアラも特に気にかからない。つまり原作の面白さに引っ張られた極々普通の映画です。原作の批評こそあれ、映画としての批評は語るべきものがありません。 (sawa:38)[投票]
★3そこそこ面白かった。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4久しぶりにインパクトのあるセリフを聞いた。 [review] (ツチノコ)[投票]
★3ふつうに面白かったけど、情動にうったえかけてくるようなものがなく物足りない。ドラマの濃密さがないのは、登場人物たちのキャラが案外ストレスを感じさせない人が多いからか?  [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3雰囲気作りは成功しているが、それ以上の展開が何もない。 (NAO)[投票]
★2もう一つ心に届かない。原作ストーリーなぞるだけで精一杯だったか? [review] (KEI)[投票(1)]
★3抑制された色味、安定した語り口。しかしパワーに乏しく決定打に欠ける。笹野高史の使い方はいかにもだし、演出も薄気味悪いだけで目新しさは見えず。新しい「物証」は何もない印象。陰気なメル・ギブソン、トヨエツ。 (chilidog)[投票(2)]
★3原作を読んだときに思い浮かべる登場人物のイメージと映画のキャストが完璧にはまってるのが最大の見所でありその意外性のなさが物足らなくもある。 (kaki)[投票]
★3子供が「お父さん!死”ま”ないで!」と叫んでいるように聞こえたのはボクだけか? [review] (chokobo)[投票]
★5「震えて眠れっ!」にはやや苦笑したが、サスペンスとしては異色のデキ。豊川悦司には、以降、中年向けラブストーリーは全て大沢たかおに譲ってでも社会派、サスペンスに出演し続けてほしい。第2の田村正和ではなく、第2の役所広司を目指してもらいたいのだ。 [review] (IN4MATION)[投票]
★2画づらはそれらしく撮影されているので見栄えは一応映画だが、脚本と展開のリズムはテレビドラマ。つまりは、役者豊川にひたすら依存しながら、底の浅いお話しを約束どおりなぞるだけで何のひねりも工夫も見当たらない。面白いのは冒頭の新宿西口の攻防ぐらい。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3予告編から想像したのは、刑事と犯人の壮絶な知能戦。でも出てきたのは、警察機構内部におけるドロドロした人間模様と出世戦争。これはこれでそれなりに見れましたが、求めていたものと違って少しモヤモヤ。そして… [review] (takamari)[投票]
★3全編通して安心して見ていることはできるが、そのことがサスペンスものとしていいことなのか、わるいことなのか。原作未読だったら2点。 (NOM)[投票]
★3良くも悪くも原作よりフラットで、軽やかだった。面白みはあるけど、それ以上はない。でも楽しめる作品。 (あちこ)[投票]
★3こういう硬派な刑事ものは大好きだが、事件そのものよりマスコミや同僚との足の引っ張り合いに重点が置かれているのが物足りない。トヨエツにはあの場面で「しまったー!」と言って欲しい。 (TOMIMORI)[投票]
★4豊川悦司はどんな作品でも画になるね・・・ [review] (RED DANCER)[投票]
★3冒頭の雑音満載の張り込みシーンは見応えがあった。だが、ハリウッドでも決してできない少年少女の死をもたらしながら、その内情がこれとは…。上官青二才の白痴的下心と谷間のドアップは冗談のつもりだったんだろうか。 (ishou)[投票(2)]
★3原作、先読んじゃうと、普通かなあ (kenichi)[投票]
★4新鮮味はまったくないが、盛り上がるべきキメの場面がしっかり用意されているので安心感がある。 [review] (林田乃丞)[投票(2)]
★4「今夜は震えて眠れ」って、くぅ〜カッコイイー! 軽さを取り除いた重厚な本格派には豊川悦司が良く映える。 (オメガ)[投票]
★4何のひねりもないストーリーながら、緊迫感のある映像、演出で最後まで楽しめます。些細な仕草、表情、せりふ回しがさらに緊迫感を盛り上げています。でもかえって主役脇役級じゃないその他大勢のちょい役たちにまでその気配りがないのが残念。 [review] (K-Flex)[投票]