コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

逆噴射家族(1984/日)************

★5何が、『アメリカン・ビューティー』じゃー!!無宗教国の日本では、こんなの家庭崩壊の初期段階じゃ〜〜〜!! (ぼり)[投票(1)]
★2メガホンも小林よしのりがとったのでは?と思わせるくらい漫画チックで、映画としては鑑賞に耐えない。 [review] (G31)[投票]
★3植木がイイ。植木がイイのだが・・・いや、植木はイイんだよ。ってか植木がさァ・・・ガチョーン(あっ!コレは植木ではナイ!!) (はしぼそがらす)[投票]
★4オチに今一歩説得力が持てずじまい。けど漫画家小林よしのりの他者にはない才能が顕在している、毒持、もとい独自のノリが。何故だか少年期に読んだ漫画まで思い出してしまった。 (drowsy)[投票]
★4周りが変だと言ってる自分が結局一番変なのであった…が再周回し辿り着いた社会リセット待望論。類型的前半ではあるが老父の為に掘り始めた行為は逸脱してアナーキーな破壊に向かう。終息かと思えた後の顛末は『爆裂都市』を経た石井の力業で容認したい。 (けにろん)[投票(2)]
★3社会というもはや実態把握が不能な抽象ではなく、自分が通過し、またこれから築くことになるかも知れない家族に向けられた当時28歳の石井聰亙と31歳の小林よしのりの過剰なまでの破壊意欲は同じように70年代の彷徨を生きた者には充分理解できた。 (ぽんしゅう)[投票]
★3大阪では流れてなかったんですけどこの作品を見るとなぜか工藤夕貴の「お湯をかける少女」を思い出してしまう。 (TO−Y)[投票]
★3家庭内殺し合い映画。親父が立て篭もるのはトイレ(^^;〔3.5〕 [review] (ハイタカ)[投票(3)]