コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003/)

Open Range

[Drama/Western]
製作総指揮アーミアン・バーンスタイン / クレイグ・ストーパー
製作ケヴィン・コスナー / ジェイク・エバーツ / デビッド・バルデス
監督ケヴィン・コスナー
脚本クレイグ・ストーパー
原作ローラン・ペイン
撮影ジェームズ・ミューロー
美術ゲイ・S・バックリー
音楽マイケル・ケイメン
衣装ジョン・ブルームフィールド
特撮デヴィッド・J・ネグロンJr. / ニール・トライフノヴィック
出演ロバート・デュヴァル / ケヴィン・コスナー / アネット・ベニング / マイケル・ガンボン / マイケル・ジェター / ディエゴ・ルナ / ジェームズ・ルッソ / エイブラハム・ベンルービ / ディーン・マクダーモット / キム・コーツ / ピーター・マクニール / クリフ・ソーンダース / ジュリアン・リッチングズ
あらすじ1882年のアメリカ西部。4人の男達が牛を追いながら平原を移動している。ある時、彼らの1人モーズ(エイブラハム・ベンルービ)が街に買い物へ行った。しかし、彼はいつまで経っても帰ってこない。心配したリーダーのスピアマン(ロバート・デュバル)と相棒のチャーリー(ケビン・コスナー)が様子を見に行くと、モーズは喧嘩をしたということで留置場に入れられていた。街の実力者であり牧場主でもあるバクスター(マイケル・ガンボン)は放浪するスピアマン達に敵愾心を剥き出しにし、今すぐ街から出ていくように勧告するのだった。 (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ロバート・デュバルが素晴らしい。彼の身体に染みついたかのような、熟練したカウボーイの雰囲気と落ち着いた演技によって、いっそうケビン・コスナーのチンピラぶりが際立って、その対比と二人の渋い信頼関係が非常に好ましいものに思えた。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★4簡潔な台詞の取り交わされる、やはり簡潔なエピソードの、その淡々とした積み重ね。これが思いの外心地よい。最初の銃声のインパクト、幾つかの種類の異なるガラス越しのシーン、決闘の前の二人のとぼけたやりとり、人と弾丸が三次元的に交錯する、良くシュミレートされたラストバウト、と見所も多い。 [review] (町田)[投票(2)]
★4全然目新しくなく、対決も熱くならず、どこが見所なのかが判らない映画だが、なんとなく楽しめた、不思議な映画。 [review] (プロキオン14)[投票(2)]
★4ハゲかけのロマンティシスト兼ナルシシスト兼オプティミストが描く、新「最後の西部劇」。佳作と傑作の間。★3でも★5でもなく、最高に★4が似合う映画。 [review] (Lostie)[投票(1)]
★4仰角構図で切り取られた空がフォードを想起させる前半。あくまでに「決闘」へ向けたシンプルな作劇。限りなき嘗ての西部劇へのオマージュの一方、人の「殺戮本能」を問う視点が『許されざる者』以降を示現する。ならば戦争後遺症的言い訳は不要であった。 (けにろん)[投票(1)]
★4主人公達がカッコ良すぎず、銃も一発必中でなく、興奮してなかなか弾が当たらない所がリアルで良し。ショットガンの腹に響く銃声も迫力。ストーリーは西部劇にありがちなありきたりのものだが、久しぶりの西部劇だからそれもまた良し。 [review] (ノビ)[投票(1)]
★4撮影がとにかく素晴らしい。最上級の出来だ。難を言うなら、ストーリーラインが単純すぎ面白くない所か。例えば、最初の少年のポーカーのエピソードも伏線として使うとかのヒネリが欲しかった。もっとも演出は上手く、銃撃戦、人物描写のリアルさはよく出ていた。 (KEI)[投票]
★4紅一点のアネット・ベニングが良い。彼女の下で男達の復讐の物語は展開する。男達が体現する暴力に対して、彼女は叡智であり母性そのものであった。 [review] (ハム)[投票]
★4風景描写は「ダンス・ウィズ・ウルブス」より格段によくなっている。荒野のロバート・デュバルの単独アップにケビン・コスナーを並び立たせるシーンなどしびれる映像が盛りだくさん。内容は伝統的な西部劇。 [review] (スパルタのキツネ)[投票]
★4どっしりと腰を据えた演出で魅せる王道の西部劇。スピアマン(ロバート・デュバル)とチャーリー(ケビン・コスナー)の2人がヒーローとは正反対のところに好感が持てる。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票]
★3雨や泥濘の西部劇を志向するケヴィン・コスナーというのは誠に好ましいと思うし、正直これだけ堂々たる本格西部劇が臆面も無く作られるとは思ってもみなかった訳で、西部劇ファンとしてはとても嬉しいのだが、反面、どこか違和感のある画面が繋がる。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3普通に面白い。だけど『ウォーターワールド』や『ポストマン』みたいな「あ〜あやっちゃった」感がないのはちと物足りない。 (黒魔羅)[投票]
★3悪くはないが、もっと単純な筋にして対決シーンを際立たせるか、逆に『スティング』ばりにヒネって策謀渦巻くスリラーにするか、どちらかにした方が良かったのでは。[新橋文化劇場] [review] (Yasu)[投票]
Ratings
5点1人*
4点15人***************
3点10人**********
2点2人**
1点0人
28人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
原題VS邦題 果たしてどれほど違うのか?〜 YOU子編  (ゆーこ and One thing)[投票(46)]レイティング一覧 (ゆーこ and One thing)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Open Range」[Google|Yahoo!]