コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

太陽の墓場 (1960/)

製作池田富雄
監督大島渚
脚本大島渚 / 石堂淑朗
撮影川又昂
美術宇野耕司
音楽真鍋理一郎
出演炎加世子 / 津川雅彦 / 佐々木功 / 小沢栄太郎 / 浜村純 / 藤原釜足 / 佐藤慶 / 渡辺文雄 / 戸浦六宏 / 田中邦衛 / 羅生門 / 北林谷栄 / 左卜全 / 小池朝雄 / 清水元 / 伴淳三郎
あらすじ大阪釜が崎。信(津川)が率いる新興の愚連隊・信栄会は強大なヤクザ組織に対抗するための資金稼ぎに奔走している。ここに所属するヤス(川津)は街で出遭った辰夫と武(佐々木功)を隊に引き入れる一方、血液を売買する少女・花子(炎加世子)と結託し隊には秘密で小遣いを稼いでいる。ドヤ街にある花子の血液銀行には如何わしい中年男<動乱屋>(東野英治郎)が表れソ連の侵攻と戦争勃発の必然を説き始める。 前作『青春残酷物語』の僅か2ヶ月のインターバルで制作された大島渚の第三作。<松竹大船/87分/カラー/スコープ> (町田)[投票]
Comments
全16 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ハイタカさん鋭い!カメラですカメラ! [review] (chokobo)[投票]
★5夕日をバックにしたどす黒い煙突群の美しさ、、、 (itv)[投票]
★4その後のヤクザ映画の根本命題を提出した重要作 [review] (寒山)[投票(3)]
★4夕陽に照らされた貧民街のバラック群のノスタルジックな奇観。そこに生きる人々は分不相応な欲望によって死と隣り合わせに生きている。その中でチンピラになり切れない若者・佐々木功の子犬のような瞳がなんとも哀しい。しかし、ラストは…。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★4純粋なテロルは意識せざる暴力であるという話。今から40数年前、全てを無に戻してしまいたいという意志と願望がこの日本にも存在し、その任を大島は女に託した。日本映画が社会と政治に肉薄していた時代の記念碑。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4そうだったのか、佐々木功の「宇宙戦艦ヤマトのテーマ」はドヤ街が育んだのか。 [review] (町田)[投票(1)]
★4川又昂のカメラによる鮮烈な色彩。炎加代子の精悍な美しさ。 (きめこめ)[投票(1)]
★4衣装だけでも見る価値アリ。ドロドロに汚れた襤褸。つくりごと?…しかしリアリズムの可能性も捨て切れない。大島特有の素人臭さは、この映画においては悪くない。 (オノエル)[投票]
★3愚連隊よりルンペン衆のほうがヤバイつまり面白い。伴淳三郎小沢栄太郎の面白さはむろんだが「その他大勢」が醸し出すリアルルンペン感が堪らん。それに比すると津川雅彦らは器が小さく食われ気味。佐々木功の健闘は嬉しい収穫だが。ラストに現出する風景には息を呑むも、その意味するところを台詞で云っちゃおしめえよ、である。 (3819695)[投票(2)]
★3バラックに住む貧民達のギラギラした目付きの迫力と比べて、生きて行く為に回り続けなければならないはずの津川雅彦・・・若くて初々しいは良しとしてもギラつきが足りないのが不満。炎加世子級のギラギラ度が欲しかった。 (マッツァ)[投票(1)]
★3アナーキーなコンセプトは最高に良いのだが、寄せ集めの役者を散りばめた今村的混沌世界を理に勝った大島イズムが上滑りしていく。迎合し切れないそのギャップが面白いと言えば面白いが、やっぱ退屈でもあるし鬱陶しい。 (けにろん)[投票(1)]
★3音楽といい、乾いた画面が戦後のイタリア映画を彷彿とさせる・・・というより、なぞっている感じがして素直に鑑賞できない。もちろんそれだけの映画じゃないんですが、私はそこでもう駄目です。大島アレルギーなのかも。 (worianne)[投票]
★2底辺に焦点をあてているのだろうが、やくざ映画でも観ているような感覚で・・・。おなじ底辺人生でも黒澤の『どん底』の方がメッセージ性が濃くていい。 [review] (氷野晴郎)[投票]
★2一部出演者の下手な関西弁に萎えました。どうでもいいようですが結構気になります。 (TM(H19.1加入))[投票]
★2油と汗の臭い・・・。プロレタリア復興映画といった感じで観ててしんどい。 (リーダー)[投票]
★2これだけ曲者の役者を揃えたらもっと面白い映画が出来そうなものだが…。美しい人間が一人も出て来ない所為か。 (熱田海之)[投票]
Ratings
5点2人**
4点8人********
3点9人*********
2点6人******
1点0人
25人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(6)]松竹ヌーヴェル・ヴァーグ三羽烏 (町田)[投票(6)]
愛憎の狭間の3人の男〜憎み切れないろくでなし〜(邦画篇) (けにろん)[投票(4)]
Links
検索「太陽の墓場」[Google|Yahoo!(J)|goo]