コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

岸辺の旅 (2015/)

[Drama/Romance/Fantasy]
製作総指揮遠藤日登思 / 青木竹彦
製作松田広子 / 押田興将
監督黒沢清
脚本宇治田隆史 / 黒沢清
原作湯本香樹実
撮影芦沢明子
美術安宅紀史
音楽大友良英 / 江藤直子
衣装小川久美子
特撮浅野秀二
出演深津絵里 / 浅野忠信 / 小松政夫 / 村岡希美 / 奥貫薫 / 赤堀雅秋 / 千葉哲也 / いせゆみこ / 高橋洋 / 蒼井優 / 首藤康之 / 柄本明
あらすじ夫の失踪から三年、瑞希(深津絵里)はピアノ教師として毎日を過ごしていた。そんな彼女のもとに、ある日突然夫の優介(浅野忠信)が帰ってくる。瑞希に確かな肉体と声をもって笑いかける優介は、自分はすでに死んでいると告げ、早速思い出の地をめぐる旅へと彼女をいざなう。小さな街でふたりを迎えたのは、新聞配達員の島影(小松政夫)という老人だった。彼もまた死者であり、思い出を共有していた優介との時間を経て、やがて冥土に召されてゆく。そしてふたりは、中華料理店の店主夫婦のもとを訪れる。店の階上に不似合いなピアノを見つけた瑞希は、女将フジエ(村岡希美)と亡き妹との対面に立ち会う。少しずつ旅の意味に気づいてゆく瑞希だった。〔128分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4実にスリリングな映画だ。絶妙に現実を超えたフィルムの触感。風に揺れる白いカーテン。度々行われるベッドメイクと白いシーツ。靄のような白いガス。そして美しい山あいの風景と滝の俯瞰。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4確かに死んだ後の夫の3年間の旅先を夫婦で辿る旅というのはかなり異色であった。しかも [review] (セント)[投票(1)]
★4優しくも未練がましい人間たちの縮図。かれらは黒沢清という演出者の瞳になんと好意的に眺められ、浄化されてゆくことだろうか。ひとびとの執念を断ち切りやすらかに終わらせる男として、浅野忠信の自然体はほんとうに似つかわしい。そして肉体に固執してやまない深津絵里すらもなお、その見苦しさを監督に愛されていることが判る。そして亡霊描写の品性も評価できる。 [review] (水那岐)[投票(1)]
★4この世界は不安定であることを描き続ける“タルコフスキー大好き”作家=黒沢清の『惑星ソラリス』。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3フツーの死人(浅野)を水先案内に、フツーの奥さん(深津)とともに、未練や怨念をかかえたホラー的死人が普段どのように「この世」と「あの世」の間をさまよっているかのを、非ホラー的イイ話し風味で覗き見する物語。だから、フツーの感慨しか湧かない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(4)]
★3画面が暗闇に溶け始めると「今回の清はノリノリだ」と微笑が浮かんでくる。不穏と緊張を煽る幽霊譚に力を得た恐怖映画の画面構成が躍動し、場面はさながら技のデパートと化す。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3黒沢清らしい話で期待したんだけどつまらなかった。深津絵里視点で観れば感動しそうな話なのに、全体があまりにシュールすぎて感情移入が難しい。あと浅野忠信はこの映画のティストに合ってない感じ。苦悩を持って死んだ人間に見えないんだよね。 [review] (ギスジ)[投票]
★2寺山テント系死者との交流譚少女漫画仕様。即物的な描写は面白いのだが、あの科学講義には失望。 [review] (寒山)[投票]
★2ある視点部門監督賞受賞作。ある視点部門を自分は見つけることができない。相性が悪いらしい。 [review] (deenity)[投票]
Ratings
5点0人
4点7人*******
3点9人*********
2点3人***
1点0人
19人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「岸辺の旅」[Google|Yahoo!(J)|goo]