コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

関ヶ原 (2017/)

[Drama]
製作市川南 / 佐野真之
監督原田眞人
脚本原田眞人
原作司馬遼太郎
撮影柴主高秀
美術原田哲男
音楽富貴晴美
出演岡田准一 / 有村架純 / 平岳大 / 東出昌大 / 役所広司 / 北村有起哉 / 伊藤歩 / 中嶋しゅう / 音尾琢真 / 松角洋平 / 和田正人 / キムラ緑子 / 滝藤賢一 / 大場泰正 / 中越典子 / 壇蜜 / 西岡徳馬 / 松山ケンイチ / 麿赤兒 / 久保酎吉 / 春海四方 / 堀部圭亮 / 三浦誠己 / 橋本じゅん / 宮本裕子 / 永岡佑 / 辻萬長
あらすじ天正2年。近江国の土豪の次男として生まれた佐吉(河城英之介)は秀吉(滝藤賢一)に仕官した父兄の縁で小姓として秀吉に取立てられる。長じて石田三成(岡田准一)と改名し信長なきあと天下人となった秀吉の台頭に乗じて武勲を挙げ覇権を拡大するのであった。そんななか、勇将の名高かった島左近(平岳大)を破格の知行で足下に置き、一方、伊賀のくノ一初芽(有村架純)の命を救って犬として飼う。慶長3年。秀吉が病没すると、勢力図は融解し始め、虎視眈々と機を伺う男がいた。徳川家康(役所広司)である…。原田眞人劇場映画監督第25作。 (けにろん)[投票]
Comments
全12 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ええ映画じゃが [review] (カプリコーン)[投票(1)]
★5とにかく原田監督好きにはたまらない。最高の150分を堪能できる本作。 家康の腹がすごい。 [review] (Martini)[投票]
★4理を重んじる三成と、利を重んじる家康という2大リーダーの権力闘争にほぼ絞ってなかなかうまくまとめた感じ。一気に飽きずに見られる! [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★4三成、人生駆け抜けたなぁ感が満載。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4やらねばならぬ戦じゃ、いざ! ドドド〜ッ!! っ感が出ている。他のものは一切、切り捨てました。☆4.0点。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4劇場でこういう合戦ものを見たのは『天と地と』以来か(笑)NHK大河の合戦シーンのしょぼさに辟易している昨今。良いじゃないか。 [review] (Soul Driver)[投票]
★3駆け足のトピック連鎖はコンセプトとして有りだと思うが、肝となる心根にはある程度の感情の納得性を付与せねば持たない。島左近・大谷刑部・小早川秀秋に関してのそれが決定的不足。その分架純に尺を使うのは精進料理にお砂糖。そして定型的滅びが来る。 (けにろん)[投票(3)]
★3ビジネスマンや経営者の群像劇に見えてしまうのは、やはり「間」や「タメ」を敢えて排したのだろう演出による。その為に失われたように見えるのは人物同士の内実あるドラマ。象徴的なのは主役たる家康と三成の間にさえまともな視線の切り返しがないこと。それも“敢えて”だろうが、結局決定的場面ナシの印象に至る。 (きめこめ)[投票(2)]
★3ある程度歴史的背景がわかってないと、展開の速さについていけない。時々伝令にやってくる武士が早口過ぎてよく聞き取れず、なんかサンジャポのレポーターみたい。 (ばかてつ)[投票(1)]
★3字幕希望! 戦国時代の勉強し直しを決心させられた(^^; [review] (ALOHA)[投票]
★3全くもって置いてけぼりを食らいましたが、それでも充分見応えありました。 [review] (K-Flex)[投票]
★2とりあえず「原作・司馬遼太郎」というクレジットを外して欲しい。 [review] ()[投票]
Ratings
5点2人**
4点6人******
3点8人********
2点2人**
1点0人
18人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「関ヶ原」[Google|Yahoo!(J)|goo]