コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (1980/)

[Drama/Comedy]
製作島津清
監督山田洋次
脚本山田洋次 / 朝間義隆
原作山田洋次
撮影高羽哲夫
音楽山本直純
出演渥美清 / 伊藤蘭 / 倍賞千恵子 / 前田吟 / 下絛正巳 / 三崎千恵子 / 中村はやと / 太宰久雄 / 笠智衆 / 佐藤蛾次郎 / 関敬六 / 村田雄浩 / 松村達雄 / 米倉斉加年 / あき竹城 / 杉山とく子 / 光石研 / 吉田義夫
あらすじさくら夫婦が新居に引っ越した。寅はお祝いに大金を包むのだが、例によってそのお金をめぐってとらやの住人たちとひと悶着、柴又を後にした。北海道江差町。まだ秋だというのに冷たい風が吹き抜ける中、のど自慢大会の会場で商売をするテキヤたち。寅はそこで古いテキヤ仲間の死を知らされる。酒と博打に明け暮れたその男の末路にふと自分を重ね、線香の一本も手向けたいと寅は男の故郷・奥尻島へ向かう。島には男の娘・すみれ(伊藤蘭)が暮していた。話を聞くと母親も幼い時に家を出たまま行方が知れないと言う。すみれは、東京に出て働きながら定時制高校に通いたいというのだが・・・・。シリーズ第26作。(100分/カラー/ワイド) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5何故寅は結婚を躊躇し続けるかを巡る一編 [review] (寒山)[投票(3)]
★4寅のマドンナに対する愛情が、娘に対する父親の思いとして描かれる。中年男が抱くほのかな思いと、何もできないもどかしさに説得力がありいつもの失恋騒動より好感が持てる。伊藤蘭も純情さの中にみせる、蓮っ葉さで境遇の悲しさを好演。なかなかの佳作。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4傍流とも言うべき作品ではあるが夜間学校という題材を描くに相当に腰が据わっており又松村達雄が好演で見せる。しかし、哀感ただよう伊藤蘭が兎に角可愛い。薄暮の橋の上でピンクのカーディガン。色計算をしたとも思えぬが奇跡的叙情性。 (けにろん)[投票(1)]
★4ジーンとくる場面もあり、故郷徳島が最後に一瞬出てきたこともありで、+1点。 [review] (RED DANCER)[投票]
★3すがりつかれて「もし幸せにならなかったら承知しねぇ。いいな」。父性愛にも炸裂するダンディズムがたまりません。 (もーちゃん)[投票(2)]
★3シリーズの中では平均作だが60年代フランス映画のヒロインのような撮られ方をしている伊藤蘭は可愛い。衣装だけでなく小道具にも赤・ピンクといった暖色系が目立ち、山田洋次の遊び感覚が顔を覗かせている。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3伊藤蘭ファンとしては歌を邪魔する寅にイラっとした。リリーとは扱いが随分違うな (TOMIMORI)[投票(1)]
★326作目 ☆松 テキ屋の仲間達が、自然に登場してるのも良かったし、 寅さんの学生時代?の様子も語られてます(笑)寅さんの "人物像" がリアルに描かれているというか、幅が広がったような気がします。 [review] (fufu)[投票(1)]
★32万円で思う事 [review] (hideaki)[投票]
★3純情そうに見え、意外にしたたかなのが女性って奴ですか? [review] (甘崎庵)[投票]
★2身勝手な寅さんが、身勝手な若い娘に振り回される・・・・。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
Ratings
5点2人**
4点10人**********
3点27人***************************
2点4人****
1点0人
43人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
男はつらいよ 寅次郎恋路の旅 (ぽんしゅう)[投票(14)]男はつらいよ;アナーキーバスターからうんちく説教親爺への変貌 (けにろん)[投票(10)]
寅さんシリーズをきっちり見てみたい (tredair)[投票(8)]ロケ地 函館:道南を舞台にした映画 (G31)[投票(4)]
男はつらいよ :松竹梅評価です(笑) (fufu)[投票(3)]アン・ドゥ・トロワ それぞれの道 (けにろん)[投票(2)]
Links
検索「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」[Google|Yahoo!(J)|goo]