コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

マンハッタン (1979/)

Manhattan

[Comedy/Drama/Romance]
製作総指揮ロバート・グリーンハット
製作チャールズ・H・ジョフィ / ジャック・ロリンズ
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン / マーシャル・ブリックマン
撮影ゴードン・ウィリス
音楽ジョージ・ガーシュイン
出演ウディ・アレン / ダイアン・キートン / マリエル・ヘミングウェイ / メリル・ストリープ / マイケル・マーフィ / アン・バーン / カレン・ルドウィグ / マイケル・オドノヒュー
あらすじ TV放送作家のアイザック(ウディ・アレン)は42歳。別れた妻ジル(メリル・ストリープ)が出版する予定の、結婚生活の暴露本に気を揉む毎日を送っている。交際している25歳年下の女子高生・トレーシー(マリエル・ヘミングウェイ)の気持ちにも正面から向き合えないでいた。そんな折、友人の大学教授エールの愛人のジャーナリスト・メアリー(ダイアン・キートン)と知り合ったアイザックは次第に彼女に引かれ、トレーシーとの別れを考えるようになる・・・・・・ ジョージ・ガーシュイン作曲の「ラプソディ・イン・ブルー」に乗せて、大都会ニュー・ヨークを舞台に、ウディ・アレンが描く、ほろ苦い都市の恋愛模様。 (evergreen)[投票]
Comments
全51 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5Why is life worth living? [review] (ろびんますく)[投票(7)]
★5ラプソディ・イン・ブルーはこの映画のための曲なのだ、と言ってももはや過言ではない気がする。 [review] (tredair)[投票(2)]
★5普遍的な真理と肉体の欲望、哲学的な縄張り争いとスケベな策略、人生を賭けるべき目標といま吸いたい煙草がないという不自由、仕事上のモラルと個人的な快楽の正当化・・・。自分では、こうした価値の混乱と複雑な人生を十分考えているつもりだったのに俺ってただの自己中?。めったにないようで、じつは、よくあることだもんね(汗)。 (エピキュリアン)[投票(1)]
★5ウッディ・アレンの映画では一番好きだ。いい歳して「自分の人生、まだまだドラマがあるかも〜」と思っている人たちにはいい薬。 (きいす)[投票(1)]
★5ラストの言葉が胸にくるねぇ〜。モノクロの映像が最高! (3WA.C)[投票(1)]
★4理論武装も人恋しさの前では役に立たない。 (町田)[投票(6)]
★4最初にニューヨークありき。最初にモノクロ映像ありき。最初に「ラプソディ・イン・ブルー」ありき。そこにストーリーが付随して映画が生まれた。 (モモ★ラッチ)[投票(4)]
★4主要キャラが増えた分『アニー・ホール』より人物描写は甘い。だがモノクロのNYは地球上の都市とは思えんほど綺麗だ。 (ドド)[投票(4)]
★4アレンは、少年のようでもあり年寄りのようでもある不思議な人です。だから少女を相手にしても、ちっともいやらしくない。いつものアレンがいるだけ。 (KADAGIO)[投票(3)]
★4こういう大人の映画がわかる男になりたいと、昔これを見て思いました。 [review] (evergreen)[投票(2)]
★4こんなにぐじゃぐじゃな男女関係を描いているのにじめじめしない、余裕とユーモアがあって、みんな悩みながらも結構楽しそう。男も女も気まぐれで自分勝手で、どうしようもないけれど、恋っていうのはそういうもんじゃん!と全肯定するような姿勢が素敵。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★4最後でホロリとさせたが、繰り返される恋愛の不毛ぶりこそがモノクロ映像と共鳴して心に刺さる。都市に暮らす人間の孤独があとから沁みてくる。 [review] (ざいあす)[投票(1)]
★4マンハッタンという場所で、人を信じること‥‥。いま、あらためて心に響く作品ではないか。それにしてもアレンがあんなに走れるなんて。あんな風にN.Yを走ってみたいね。 (HAL9000)[投票(1)]
★4ニューヨークを走るでしょう。いいよね。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★3ゴダールばりに理屈をこねるウディ・アレンだが、ゴダールと違って理屈のための理屈でないのがいいね。[Video] (Yasu)[投票(3)]
★3ロリコン男の自虐的かつ露悪的物語をそういう風に撮るならまだしも、神業というしかないウィリスのモノクロ撮影とガーシュインの音楽でオブラートして意図がミエミエである。 (けにろん)[投票(2)]
★3エゴの物語をペーソスで撮るというのは先人チャップリンの時代から同じだけれど同時にチャップリンにはあった厳しい眼差しがここには無い。映像は素晴らしい。 (t3b)[投票(1)]
★3ラストのトレーシーのセリフが良い。 [review] (あちこ)[投票]
★3ウディ・アレン作品の中でもおそらくトップクラスに洗練された本作は、それゆえ個人的な好みからすれば、最も物足りない作品でした。 (田邉 晴彦)[投票]
★3あんな理屈っぽい男なんか大嫌いだ。 (赤い戦車)[投票]
★2こりゃ大人の映画じゃねぇだろw [review] (ヒエロ)[投票(1)]
★1ミスター・オクレみたいな顔の奴が調子に乗ってる時点でイライラしてしまう。 (ウェズレイ)[投票(5)]
Ratings
5点37人******************.
4点79人***************************************.
3点51人*************************.
2点8人****
1点4人**
179人平均 ★3.8(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
映画で聴くクラシック (モモ★ラッチ)[投票(27)]音楽:映画から生まれたスタンダード・ナンバー (tredair)[投票(24)]
米脚本家組合が選んだ「映画脚本ベスト101」 (アルシュ)[投票(10)]地名がついた映画たち。 (TOBBY)[投票(5)]
洋画に見る日本の文化輸出 (Yasu)[投票(3)]ニューヨークの憂鬱 ウディ・アレン (さいもん)[投票(3)]
−アカデミー賞脚本・脚色賞ノミネート作品(70年代後半)− (kawa)[投票(2)]オー・シスター! (movableinferno)[投票(2)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「マンハッタン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Manhattan」[Google|Yahoo!]