コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

マダムと女房 (1931/)

[Drama]
監督五所平之助
撮影水谷至宏 / 星野斉 / 山田吉男
出演田中絹代 / 渡辺篤 / 市村美津子 / 伊達里子
あらすじ郊外の家に引っ越してきた劇作家(渡辺篤)。大音量で音楽を鳴らす隣の家がうるさいと抗議に出向いたら、その家のマダム(伊達里子)に魅了されてしまい、一緒になって騒ぐ旦那。女房(田中絹代)はすっかりヤキモチを焼いてしまう。[64分/モノクロ/スタンダード] [more] (Yasu)[投票(2)]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5映画の至福。教科書的知識の取得だけで見るべき映画では全くない。まずこんなトーキー最初期から音の使い方が実に洗練されていて驚かされる。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★5想像を超えた音の洪水に驚愕。映像に音を足すのではなく掛け合せるという高い志のもと、映画が音声を獲得した喜びに満ち溢れる。生活音から始まりバンド演奏へ至る構成は「ケ」から「ハレ」(スピード時代!)の祝祭性を得て「私の青空」という日常へ回帰する。 (ぽんしゅう)[投票]
★4“会話”ではなく“音声”を聴く作品と考えれば、充分あり。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4初トーキーということは気にせず観れた。風俗の切り取り方が良い。普段に和服とか、妻が夫に完璧敬語で話すとか確かに古い感じだが、子供が父を起こす風景は今と変わらないし「エロ100%!」なんてセリフが飛び出す。昭和6年って随分昔、という訳でもなさそうだ。 (KEI)[投票]
★3映画に音がつきましたよ、というだけ。 のどかな郊外に新興住宅(世田谷方面?)。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(2)]
★3音を獲得した喜びに満ち溢れているが、皮肉なことにいらんノイズまで獲得してしまった。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3ギャグはしょうもないが、のどかで笑えるし田中絹代の若妻振りが可愛らしい。マダム(伊達里子)がブタなのと、古すぎてフィルムの状態が悪くノイズが多いのが残念。['05.11.5京都文化博物館] (直人)[投票(1)]
★3くどいほど“音”にこだわっている映画。初トーキーで意気軒高なスタッフの姿が目に浮かぶようだが、くどいのを見せられるこっちのほうはたまらん。[Video] (Yasu)[投票(1)]
★3日本映画初のトーキー。随分とのんびりとした描写だ。 (丹下左膳)[投票(1)]
★3コメディのわりにはギャグがあまり面白くない。ただ戦前ジャズソングに興味を持つ者としては、“あほ空”(My Blue Heaven)をスクリーン上で聴けたことが収穫でした。 (味噌漬の味)[投票]
★3ずっと観たかった本編を、田中絹代生誕百周年記念のDVD発売でやっと観れました。しかし...日本語字幕付でないと何を言っているのかチンプンカンプン。田中絹代の棒読みがちょっと可愛かったですが。 (りかちゅ)[投票]
Ratings
5点3人***
4点3人***
3点11人***********
2点3人***
1点0人
20人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
バイブル2 (けにろん)[投票(13)]きねじゅん爺の選択-邦画編- (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]
Links
検索「マダムと女房」[Google|Yahoo!(J)|goo]