コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

タイヨウのうた (2006/)

[Drama]
製作総指揮迫本淳一
製作久松猛朗 / 阿部秀司 / 村松俊亮 / 遠谷信幸 / 吉鶴義光 / 古屋文明 / 喜多埜裕明
監督小泉徳宏
脚本坂東賢治
原作坂東賢治
撮影中山光一
美術都築雄二
音楽YUI / 椎名KAY太
衣装梅山弘子
出演YUI / 塚本高史 / 麻木久仁子 / 岸谷五朗 / 通山愛里 / 田中聡元 / 小柳友 / ふせえり / 小林隆 / マギー / 山崎一
あらすじ「月光の下でしか生きられない少女」薫(YUI)はXP(色素性乾皮症)という難病の為、陽の光にあたる事が出来ない。深夜から夜明けにかけての駅前でのギターの路上ライブが日課である。そんな彼女が初めての恋をした。「太陽の陽の下で生きる少年」孝治(塚本高史)。淡い初恋、夜明け前の海岸、彼女の病気の事を知らない少年は将来の夢を語ろうとする。だが、彼女にとって「死」を意味する朝日が昇ってこようとしていた・・・「夢と絶望」「生と死」そして歌に生きる少女の「交わる事のないふたりの初恋」を描くひと夏の物語を描く。<119分/カラー/DTSステレオ> (sawa:38)[投票]
Comments
全32 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5恋をしていないと生きられないわけじゃないのと同じように、生きていないと愛せないわけじゃない。生きるという事を考えさせられる、良作。テトラさんにならってネタバレ無しでレビューを書いてみた。これから見る人も、見終わった人もレビュ→ [review] (ebi)[投票(4)]
★5最高です!優しさに満ち溢れた素晴らしい映画です!全ての関わった人たちに感謝です!沢山の人に観てもらいたいので、ネタバレなしで頑張りました。 [review] (テトラ)[投票(3)]
★5これほど、いい人ばっかりで固められている映画も珍しい。にも関わらず、全く飽きさせず見入ってしまった。最初から最後まで彼女と彼を応援してた。それは可愛いからとか可哀想だからとかじゃなく、真っ直ぐ一所懸命に生きてるから。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★5タイヨウに愛されなかった少女が、タイヨウを愛した少年を想って書いた曲、タイヨウのうた。 満開の、夜の向日葵の前で少女はタイヨウの様に輝き、少年は恋に落ちる。   ・・・・取り急ぎコメントまで、レビューは後ほど。 (washout)[投票(1)]
★5小説と映画は違うので小説の映画化では脚本家に任せるべきだといつも思うのだが、この作品は例外だった。原作者坂東賢治の脚本は相当推敲を重ねたのだろう、無駄なセリフが全くと言ってよいほど無く、的確で聞いていて気持ちがよかった。 [review] (KEI)[投票]
★4[ネタバレ?(Y1:N2)] 思いもかけない丁寧でじっくりと描いた演出が立派。 [review] (セント)[投票(9)]
★4本当に自身で歌い挙げる事が出来るYUIという少女をキャスティングした決断が本作の根幹を成している。「歌う」という行為の伝達能力の高さはあらゆる「演技」を凌駕してしまう。 [review] (sawa:38)[投票(5)]
★4とことん下衆な物言いをしてしまえば、XPの症状のほんの一面(紫外線を浴びられない)に焦点を当てたことが映画的に「ハマった」ということなんだろう。それでも、この映画が病気そのものや死ではなく人間の「生」を描こうとしていることに感じ入る。 [review] (林田乃丞)[投票(2)]
★4YUIが歌手として、また俳優として絶品である。本職であるミュージシャンとしての才能は勿論のこと、弾けるような笑顔、嬉しさを抱きしめた時のナチュラルな感情の発露は価値あるものだ。脇もいい人々が固めている。難病映画の大嫌いな自分にして、これは例外的な作品となった。 (水那岐)[投票(2)]
★4「不幸」と「不自由」は違うってことが、この作品を見ると分かる。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(2)]
★4自然で純粋でノー天気でとても明るい彼に、彼女だけじゃなく映画の世界観も救われた気がする。そして拙いセリフまわしのYUIが愛らしく、全身で初恋らしさを魅せてくれた。 [review] (あちこ)[投票(1)]
★4ぶっさかわいい。 [review] (きわ)[投票(1)]
★4文句はいろいろあるが全てをチャラにしているのは、これが初監督である小泉徳宏の卓越した映画的センスと丁寧な演出による物。['06.7.7梅田ブルク7] [review] (直人)[投票(1)]
★4話題があり知名度もあるっちゃある「クセに」丁寧でいい映画。 [review] (シオバナカオル)[投票]
★3直球にも程がある少女マンガを初めて読んで、どう受け止めていいのか判らず戸惑ったときの感覚を思い出しました。 [review] (れーじ)[投票(3)]
★3完全にYUIちゃんのプロモーション作品になってる。 彼女の歌声が好きになった私は褒める方のコメントをしましょう(笑) ストーリーは一応あるのだけれど彼女のシンガーとしての存在感がそんなものをどうでもよくしてしまっていて彼女が歌い出した瞬間、物語はシンガーYUIの世界観へと変わる。彼女の唄はきっと世代を超えて評価されるハズ。 [review] (TO−Y)[投票(3)]
★3YUI見たさで内容にはほとんど期待していなかったが、うまく出来ていて感心した。最大の功労者は塚本高史だろう。この役者はいい。 [review] (shiono)[投票(2)]
★3ロケーションがおかしい [review] (minoru)[投票(1)]
★3今更口はばったいが、ヒロインの行動はストーカー行為です。☆3.0点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3おっさん警察官が、いかにもコントに出てきそうな感じの人だった。 (ishou)[投票]
★2歌うシーンだけはさすがに魅せるが、プロモ映画の域を超えていない。ヒロインが少しも病弱に見えないファンタジー。 ()[投票(1)]
★1 YUIファンの為の映画。 [review] (酔いどれ)[投票]
Ratings
5点14人**************
4点30人******************************
3点19人*******************
2点6人******
1点1人*
70人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
エンドクレジットが終わるまで席を立たないで (アルシュ)[投票(18)]見え隠れする商魂 〜タイアップ映画〜 (アルシュ)[投票(8)]
鎌倉×映画 (minoru)[投票(5)]TVが先か、映画が先か (アルシュ)[投票(4)]
お涙頂戴?? 〜難病映画〜 (アルシュ)[投票(4)]誰かを葬<おく>る (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
Links
検索「タイヨウのうた」[Google|Yahoo!(J)|goo]