コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

今度は愛妻家 (2010/)

A Good Husband

[Drama/Romance/Comedy]
製作黒澤満 / 木下直哉
監督行定勲
脚本伊藤ちひろ
原作中谷まゆみ
撮影福本淳
美術山口修
音楽めいなCo.
出演豊川悦司 / 薬師丸ひろ子 / 水川あさみ / 濱田岳 / 城田優 / 津田寛治 / 奥貫薫 / 井川遥 / 石橋蓮司
あらすじ夫の健康を考え、マニアックなほどに世話を焼くさくら(薬師丸ひろ子)は、カメラマンである夫・俊介(豊川悦司)が自分に眼もくれないことに不満を募らせ、食事を作らなくなった。そして、旅行に出かけたまま行方知れずになってしまう。妻をうるさく思っていた俊介は、これ幸いと浮気に耽ろうとするが、トップスターになるため彼に抱かれる覚悟でやって来た蘭子(水川あさみ)の誘惑に俊介は乗ることが出来なかった。代わりに彼女の相手をした弟子の誠(濱田岳)にも、何時も俊介の世話を焼きに来るおかまの文太(石橋蓮司)にも心配されるほどに、俊介はさくらの不在に呆けたように自分を見失っていた。〔131分/カラー/ヴィスタ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全19 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5映画、小説でこそ使えるトリックをうまくこの映画は我々観客に大サービスして披露してくれる。行定勲うまいわあ。感心する。何げない夫婦の会話も壺にはまり、子供のいない夫婦の、お互いしか寄るところのない愛の確かさを表現する。 [review] (セント)[投票(8)]
★5探しものは何ですか、タン、タタン…。見つけにくいものですか、タン、タタン…。 [review] (ナム太郎)[投票(6)]
★5安っぽい話だし過剰な所もあるんだけど、構成や見せ方が巧いこと巧いこと。泣いちゃったよ。号泣しちゃったよ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(6)]
★5基本女性目線の映画だがトヨエツ薬師丸石橋蓮司のそろい踏みが見事。 [review] (ぱーこ)[投票(4)]
★5自分は泣かないと臨むが結局涙。。。女々しくもこれは男性のための映画と思う。 ついでに、少ない出演者で大きな感動。 [review] (しゃけはらす)[投票(3)]
★4豊悦の身勝手に己をかさね、日本の男が世界で最も甘ったれた人種だということを、日本の男として思い知る。こんなガキどもと、ときに健気に、ときに忍耐強く付き合う日本の女たちの、なんと麗しく寛容なこと。たとえ薬師丸とは雲泥でも女房大事にせなあかん思た。 [review] (ぽんしゅう)[投票(10)]
★4石橋蓮司のオカマ演技がピッタリとはまっていた…と言うことより何より、薬師丸ひろ子は実にいい女になったとの感慨の方が強い。そして薬師丸のいとおしさをこれ以上はないほど引き出して見せたのが、他ならぬ行定勲監督であることに異論の余地はない。この巧みさは余人の及ばざる境地だろう。 [review] (水那岐)[投票(7)]
★4多くの仕掛けが機能もせずに現出する展開には正直新味は無い。が、この豊川ひろ子の掛け合いの至宝とも言える役者力。全く惚れ惚れする空気の存在。そして、悔恨地獄の果てに、それでも人は生きていく…しかない。諦念も作為もない真摯な現実認識。 (けにろん)[投票(5)]
★4沖縄の海で。甲斐甲斐しく北見のビーチサンダルを洗う彼女の後ろ姿にグッときた。間違いなく既婚男性の反省・改悛映画。 [review] (IN4MATION)[投票(2)]
★4独特の舞台臭は「パレード」よりも強い。観客への仕掛けが、「騙す」ためではなく、「気付かせる」感覚がやさしい。台詞の多さも鬱陶しくなく、役者の圧倒的な力が終始、画面に漲っていた。 [review] (まー)[投票(2)]
★4さりげない演出の連発で、後半は読めたが、それでも泣ける。この夫婦のストーリーだけでいいと思うけど。88/100 (たろ)[投票(2)]
★4思えば薬師丸ひろ子さんをスクリーンで初めて見てから30年以上。妻役に癒されました。(2011/02/10) [review] (chokobo)[投票(1)]
★4如何にも舞台劇な内容で落ち着いた展開に観客も安心して観ていられるのだが、レトリックが上手くないのかどうにも底が深いように思えない。だから惹きつける力は大して強くないのだが、それでも見ていられるのは偏に出演陣の頑張りだと感じた。種明し後が非常に長く感じてしまったのも残念。 (tkcrows)[投票]
★3原作の芝居にいないキャラクターを加えたことで、その部分は散漫になってしまっている。逆に主人公夫婦と原だけにするぐらいの思い切ったことをやるのも手だったのでは? [review] (Master)[投票(2)]
★3舞台劇で観たい設定かもなぁ。 行定監督 方向性はこれがベストだと思うが、氏の 『きょうのできごと』 や 『遠くの空〜』 にヤられた私にとっては、まだまだ極めて欲しいという不満は残った。 石橋さんの快(怪?)演で、ギリギリ4点か・・・・・・いやいや、次も頼みます! という期待の辛口採点。 (ありたかずひろ)[投票(1)]
★3観終わったあと、色々回想して考えさせられる作品ですね。 不必要なストーリーがついてなければもっといいのに‥ 夫婦とお釜の文ちゃんが良かっただけにちょっと残念‥。 (メイシー)[投票(1)]
★3なるほど、舞台っぽい話だ。薬師丸って、トヨエツよりかなり年上じゃねぇのか? ?? (ぱちーの)[投票]
★3余分なエピソードは切って夫婦の話だけに焦点を絞ってほしかった。とはいえ演出も役者陣もみな見事でほとんど気にならない。涙なしには見れないよ。 (赤い戦車)[投票]
★1トヨエツがカメラを覗いてグンと被写体に入り込んでいく、その瞬間は魅入った。 [review] (あちこ)[投票(1)]
Ratings
5点9人*********
4点17人*****************
3点13人*************
2点0人
1点1人*
40人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「今度は愛妻家」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「A Good Husband」[Google|Yahoo!]