コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

湯を沸かすほどの熱い愛 (2016/)

[Drama/Family]
製作総指揮藤本款
製作深瀬和美 / 若林雄介
監督中野量太
脚本中野量太
撮影池内義浩
美術黒川通利
音楽渡邊崇
特撮大萩真司
出演宮沢りえ / 杉咲花 / 篠原ゆき子 / 駿河太郎 / 伊東蒼 / 松坂桃李 / オダギリジョー
あらすじ夫・一浩(オダギリジョー)の失踪後、女手一つで娘の安澄(杉咲花)を育ててきた双葉(宮沢りえ)は、末期ガンの宣告を主治医から受ける。数か月の命といわれ衝撃に沈む双葉だったが、すぐにせねばならない仕事が山積していると悟り立ち上がった。まず、苛めを受けて登校拒否を訴える安澄を奮い立たせ、言うべきことを言わせること。そして愛人とともに行方不明の一浩を探し出し、休業していた稼業の銭湯を再開させること。持ち前の明るさとバイタリティで双葉は仕事をこなし、一浩が愛人から押し付けられた連れ子・鮎子(伊東蒼)をも引き取って見事銭湯を立て直した。だが、まだ彼女の計画は始まったばかりなのだ。中野量太の商業映画デビュー作。〔125分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全14 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5まずこの大仰な題名に少々引いてしまう。でもそれはラストのラストで明かされる。ふむふむなるほど面白かった。 [review] (セント)[投票(3)]
★5双葉という女性の溢れんばかりの愛は、周囲に与える愛は、どこから沸いてくるのでしょう? (わずか9歳の子に「どうかもしよろしければ.....」とか言わせないでください。それだけで泣けてきます。) [review] (IN4MATION)[投票(2)]
★5良かった。子役二人が凄すぎた。脚本も素晴らしい。よく宮沢りえオダギリジョーを引っ張ってこれた。監督の中野量太がブラマヨ吉田の同級生。これがデビュー作か。話が悲しすぎるけど。(2017/11/25/KMTC) (USIU)[投票]
★4「血縁の有無」を絡めた「家族の増減員」という手垢に塗れた感動噺の素材に、手垢に塗れた感動噺ならば忌避してしかるべき細部(たとえば「思春期女性の下着事情」や「尿」)を敢えて仕掛けることで物語の馬力増強を図る。というのが『琥珀色のキラキラ』『チチを撮りに』から一貫する中野量太の方法だ。 [review] (3819695)[投票(3)]
★4報われぬ人生に気付かぬのでなくそういう価値観を持たないのだ。辛苦を乗り越えてきても自己憐憫は皆無。彼女はただ他者を抱きしめる。愛よりもう少し崇高な感じ。ただ、葬儀でああするなら彼女の仕事に対しての思いを丁寧に描かぬと成り立たない。強引だ。 (けにろん)[投票(3)]
★4女だけが咲き誇る世界。これもまたファンタジーだろう。エネルギッシュに男子供を奮い立たせ、自ら矢面に立つ宮沢りえの年増ぶりはオジサンたちを魅了してやまなかろうが、そういう彼女を演出するのはほかならぬ中野量太の女性観だ。彼の脳内宮沢が、 ヒロインに愛を振りまかせ、母性本能に飢えた哀れな男たちに随喜の涙を流させるのだ。そのために [review] (水那岐)[投票(3)]
★4赤くそして強い女性。 あの場面で「世界一美味しいカレーライス」が作れる人は、誰をも抱きしめる力量を持つのだろうね。 (大魔人)[投票(1)]
★4宮沢りえ熱演。伏線の回収もうまい。企みたっぷりの描写も途中まで好み。だけど [review] (ぱーこ)[投票(1)]
★4自分がもし死の宣告を受けたらどうするだろうか、と考えた。死を受けても弱味を見せない母親の姿はやっぱり女性の方が強いんだと感じさせた。 [review] (deenity)[投票(1)]
★3プロットは面白いし、地方都市の銭湯という舞台設定も(現実味は無いが)好ましい。何より宮沢りえは素晴らしい女優だと改めて思う。が、この監督の演出はどうにも肌に合わず、鼻白んでしまう。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★3「別に逃げったっていいじゃないか」がモットーの不徳な私には、双葉(宮沢りえ)の「家族を超えた愛」の正統すぎる気迫は、いささかはた迷惑。死を前提にした意志の強要は反則技。まさか、この無差別な愛への信認の行きつく先が、世界平和の成就でもあるまいし。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3題材は今迄にもあったもので、切り口も普通だが、小技がよく効いている。小技ばかりではパンチが無いと用意したのが、ラストとタイトルかと勘繰って苦笑する。杉咲花は昔の忽那汐里似(どこが?という人も有る)だが、演技はより上手い。期待したい。 (KEI)[投票]
★3この脚本で最後まで観れるのは、演出や演技、撮影等の技術の高さを感じる。個々のシーンでぐっと引き寄せるが、 全体としてはこの脚本ではおいて行かれてしまう。この映画の中には誰も自分がいないのだ。。 (kirua)[投票]
★2私にとって観なくてよかった映画。あざといっていうか、ファンタジーになりきれてない感が不快ざます。 [review] (もがみがわ)[投票(1)]
Ratings
5点4人****
4点12人************
3点6人******
2点1人*
1点1人*
24人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「湯を沸かすほどの熱い愛」[Google|Yahoo!(J)|goo]