コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 (2017/)

Darkest Hour

[Drama/War]
製作総指揮ジェームズ・ビッドル
製作ティム・ビーヴァン / リサ・ブルース / エリック・フェルナー / アンソニー・マクカーテン / ダグラス・アーバンスキー
監督ジョー・ライト
脚本アンソニー・マクカーテン
撮影ブリュノ・デルボネル
美術サラ・グリーンウッド
音楽ダリオ・マリアネッリ
衣装ジャクリーン・デュラン
特撮ニール・チャンピオン
出演ゲイリー・オールドマン / ベン・メンデルソン / クリスティン・スコット・トーマス / リリー・ジェームス / スティーブン・ディレイン / ロナルド・ピックアップ
あらすじ第二次大戦初期、イギリス議会は混沌のさなかにあった。ドイツ・イタリアとの宥和政策を巡る対立の結果、「嫌われ者」ウィンストン・チャーチルが首相に任命された。ダンケルクに追い詰められた英陸軍30万人の命は風前の灯火、和平か徹底抗戦か、チャーチルの心も揺れる... 日本人メークアップアーティスト辻一弘の特殊メイクを得てチャーチルに扮したゲイリー・オールドマンの渾身の演技が光る。二人はそれぞれ第90回アカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞、主演男優賞を獲得した。125分。 (サイモン64)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5誰もが知るチャーチルの姿を借りながらもありありと演者はゲイリー・オールドマンという特殊メークの技に驚く。ストーリーが単純だけに全ては俳優達の演技にかかってくるのだが、目線・動き・弁舌、この大熱演に主演男優賞を贈らずにはいられまい。 (サイモン64)[投票]
★4フランスが陥落しようとする前夜、ナチスとの和平交渉を探る政敵たちを批判はできないだろう。国家の運命を左右する選択を迫られた指導者の逡巡がリアルに伝わってくる。有名演説シーンがハイライトなので、NHK番組「映像の世紀」を見ているかの様な迫力。エンディングには加古隆のピアノ音楽が流れてくるんでは、と思っちゃったほど。 [review] (AONI)[投票(1)]
★4余談だが、『ダンケルク』という映画は、欧州戦線をほとんど知らない私に、かなりの知識を与えてくれたと『人生はシネマティック!』と本作をみて、つくづく実感する。そして「いい時期」に公開してくれたとも。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4本作品は、リーダーと妻の物語であり、リーダーと秘書の物語として読むべきである。妻や秘書が画面に登場するときに、リーダーの悩みも迷いも映像に浮かび上がる。それにしても、登場人物の「顔」が良い映画である。英国制作映画の最大の美質というべきか。 (ジェリー)[投票]
★3歴史の一ページなんだろうけれど、私はチャーチルの妻に惹かれた。夫を手の上で操り・支え、家族を愛した女こそが、歴史を変えた影の立役者に思える。大きな仕事の裏には大きな女性がいるのだ。 (jollyjoker)[投票]
Ratings
5点1人*
4点7人*******
3点2人**
2点0人
1点0人
10人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Darkest Hour」[Google|Yahoo!]