コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ミンボーの女(1992/日)
- 更新順 (1/1) -

★3やくざを描くに既存映画とは全く違うアプローチ。ヒロイックな虚構を廃し徹底的に貶め罰す伊丹は硬骨漢だった。ただ又も「女」シリーズの一環として製作された為にハウツー的メソッドが提示されルーティーンの陥穽に落ちる。現実はそこまで簡単じゃない。 (けにろん)[投票]
★3悪役が素晴らしい映画。 [review] (代参の男)[投票]
★3冒頭の「何かあったらよろしく」というセリフは、「ピンチになったら、私(井上まひる)に仕事を依頼してね」と「(この映画を制作することによって)私(伊丹十三)がピンチになったら、あとよろしくね」のダブル・ミーニングかな・・・。 [review] (Lostie)[投票]
★4宝田さんがんばったなぁ。その趣味は理解できないが、その苦しさは理解できるぞ!! (大魔人)[投票]
★4面白かったです。って言うよりは、なるほど、と。 (NAO)[投票]
★4暴力団の組織力に対抗するには、地域全体の組織力や企業全体の組織力で正面から勝負をかければいいと云うことだね・・・? (RED DANCER)[投票]
★5「ヤクザが怖いのは、力が強いからではない。ねちっこく執拗なまでに残忍であるからだ」という 主張が一貫して突き通された映画。 [review] (山ちゃん)[投票(3)]
★4相手をパニックに陥らせることが詐欺や恐喝の最初の手管なんだよな。わかってても、なかなかそこから逃れるのは難しいね。 (サイモン64)[投票]
★4宮本信子/大地康雄/村田雄浩、この「思わず応援したくなるトリオ」が良い。 (カレルレン)[投票(1)]
★3物語のバランスは良く、演出も生々しいのですが、ちょっと小粒っぽい印象。そこがちょっと残念。ちょっとこの作品はテレビサイズが丁度良い感じ。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3Howto物としては見事。確かにこれを観た後では暴力団への認識もちょっと変わるが、舞台が高級ホテルではなんとも肌で実感はできない。暴力団が必要悪になっている社会も確かに存在するわけで、そういう場での展開を見せてくれたらもっと評価も高かったろうに、と市井の人間は思うわけで。 (tkcrows)[投票]
★4個人的に伊丹作品ではベスト3に入る出来。役者が皆良い! (直人)[投票]
★4そういえば、伊丹さんこの映画で殺されかかったったんだよなあ。 (ヒロ天山)[投票]
★4人間(特に日本人)のいやらしさを描かせたら天下一品! (stimpy)[投票]
★5ヤクザの恐さが上手く出てる。『ミナミの帝王』に出てくるヤクザも恐いが『ミンボーの女』のヤクザもなかなか恐い。下手な大阪弁でここまで威圧出来るのはベテラン役者ならではかも。 (HILO)[投票(1)]
★4公開当時、いろいろと話題を集めたが、宮本信子大地康雄村田雄浩らの「善玉」組だけでなく、伊東四朗とか中尾彬なんかの「悪玉」組もがんばって芝居して、けっこういい作品だと思った。柳葉敏郎のチンピラぶりも似合ってたよ。 (シーチキン)[投票(5)]
★2伊丹十三はすばらしい監督だと思う。どの作品をとっても映画館で見るほどではないが、面白い。でもこれは…。きっと本気で勉強されたんですね! (billy-ze-kick)[投票]
★3かっこいいけど賢い女って敵になると嫌われるよ。気をつけなきゃ。 (ゆう)[投票]
★2関わりゼロではなにので、勉強になったかどうかはわからないが参考にはさせていただきました。 (MUCUN)[投票]
★4あのオープニングの音楽がかっこいい。伊丹映画は、悪役がなんともたまらないんですけど。 (勝 改蔵)[投票(2)]
★5 大地康雄村田雄浩がいい味だしてましたね。 (にゃんこ)[投票(1)]
★5もっとガッツ石松出さんかい!プールだけってのは寂しいぞ…。 (d999)[投票(2)]
★1なるほどパワー減退気味。もう伊丹作品は見る価値を失ってしまったのか。伊丹さんの自慢話は聞きたくない、という感じ。 (chokobo)[投票]
★2これを映画化したこと自体は大いに評価したいが,テーマがテーマだけに後味がよくない。 (ワトニイ)[投票]
★4闘う庶民の誇り高き意志の顔・顔・顔。ありえないかもしれないけれど、わたしは信じたい。 (movableinferno)[投票(3)]
★4思い切ったテーマに拍手。伊丹映画好きだよ。 (Osuone.B.Gloss)[投票]
★3立ち上がれ! 華やかさはないかもしれないけれど、とても好きな伊丹映画。 (カフカのすあま)[投票(2)]
★3出演者の皆さん暑苦しいです。もう少しカメラから離れてください。大丈夫、皆さん顔が大きいのでちょっと離れたぐらいがちょうどよいです。 (すやすや)[投票(5)]
★4「市民」映画のハシリ。それは評価に値する。伊丹作品を私は「ハウツー映画」と 呼んでいるが、これは最高傑作 (ふりてん)[投票(4)]
★3伊丹監督、パワーダウン否めず。というところでしょうか。 (chilidog)[投票(1)]
★3伊丹映画には珍しく、あんまり怪しくない。宝田明がへにょへにょ。 (はしぼそがらす)[投票]
★3映画の通りにしたら痛い目にあった・・・。 (コマネチ)[投票]
★3現実には色々あって大変のようですが、それが映画のパワーになっていない感じでした。このころから伊丹映画はつまらないです。 (ぱーこ)[投票]
★4伊丹映画ね。お勉強になります。 (仏教戦隊ナンマイダー)[投票]
★3同業者なので(村田&大地の方)、「わかるぅぅ」ってのと「んな、アホなぁー」がいり混じって、結局どうだか・・・ (shu-z)[投票]
★3村田雄浩って肌キタナイけどなんか好き。で大地康雄も肌キタナイけど好き。 (WaitDestiny)[投票(1)]
★4そんな世界もあるのかなぁ、と思った (pako)[投票]
★3あんまり覚えてないけど、もう1回見る気にならないので、一生このまんま。 (YUKA)[投票]
★4ギバちゃんが鉄砲玉やるなんて・・・おもしろいじゃないですか! (バーンズ)[投票(1)]
★3舞台になったハウス○ンボスのホテルは、かなり良かったですよ。 (雪汁C)[投票(1)]
★2勧善懲悪の子供っぽい映画。娯楽といえばフツーかな。 (シルヴァ)[投票]