コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

Dr.パルナサスの鏡 (2009/カナダ)

The Imaginarium of Doctor Parnassus

[Drama/Adventure/Fantasy]
製作総指揮パトリス・セロー / デヴィッド・ヴァロー
製作エイミー・ギリアム / テリー・ギリアム / サミュエル・ハディダ / ウィリアム・ビンス
監督テリー・ギリアム
脚本テリー・ギリアム / チャールズ・マッケオン
撮影ニコラ・ペコリーニ
美術アナスタシア・マサロ
音楽マイケル・ダナ / ジェフ・ダナ
衣装モニク・プリュドム
特撮アリステア・アンダーソン / マイク・ベジーナ
出演ヒース・レジャー / ジョニー・デップ / コリン・ファレル / クリストファー・プラマー / ジュード・ロウ / リリー・コール / アンドリュー・ガーフィールド / ヴァーン・トローヤー / トム・ウェイツ / チャールズ・マッケオン / ロレイン・チェシャー / ケイティ・リオンズ / ピーター・ストーメア / マイケル・エクランド
あらすじ齢1000歳を数える移動見世物小屋イマジナリウムの主、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)には悩みがあった。かつて僧侶であった博士は悪魔(トム・ウェイツ)との取り引きによって永遠の生命を得たが、その代償として娘・ヴァレンティナ(リリー・コール)が16歳になったとき、その身を悪魔に捧げると確約してしまったのだ。今はしがない見世物屋の老爺である彼は、相棒のパーシー(ヴァーン・トローヤー)に励まされつつショウを細々と続けていた。そんなある日、博士はタロット占いで「吊られた男」の札を引き、この後心強い味方となる青年・トニー(ヒース・レジャー)との出会いを得るのだった。〔121分/カラー/ヴィスタ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5映像にもストーリーにも特に不満はなく、トム・ウェイツの悪魔姿に心奪われ。何のストレスもなく映画館を後にできた。できることなら「ブラジル」も「バロン」もこんな風にスクリーンで見てみたかったなぁ…。 [review] (狸の尻尾)[投票]
★4テリー・ギリアムも老いたかと感じさせられるのは否めないが、どっこい確実に奮闘を続けている。ビターテイストのエンディングには昔ながらのギリアム流の毒気が健在なのだ。これはトニーの物語ではなく、あくまでパルナサス博士の魂の遍歴の物語だとよく判る。悪魔のトム・ウェイツは好演。 [review] (水那岐)[投票(7)]
★4何か見かけはフェリーニ的な要素がたっぷりなんだけれど、全然違いますね。僕は『未来世紀ブラジル』の不思議な世界を高く評価しているいわゆるギリアムファンですが、この映画は奥が深いのかどうか、ちょっと分からん映画でしたね。 [review] (セント)[投票(6)]
★4怪しげに美しい俳優たちと映像の数々に魅了され、やはり映画というのは才能のないものが撮ってはならないのだと痛感させられる。邦題は工夫が感じられ、久々のヒット。 [review] (サイモン64)[投票(4)]
★421世紀の現代ロンドンの片隅に19世紀仕様の見せ物小屋を現出させての黒か白か解らん魔術のいかがわしき胡散臭さが全てで、故ヒースの役回りは正直わけわからないし、わからんから4人1役も違和感無い。で何となくラストで感動させられる。 (けにろん)[投票(3)]
★4この鏡は、あるいは歪んだギリアムの自画像だったのかも。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4大仕掛けのわりにはこぢんまりした印象がつきまとうのはなぜだろう・・・。ちょっと説教くさいからかしらん。とはいえ、いい役者と無駄金を使って遊んでいてくれるので、いいや、ほっとこうっ、て感じ。 [review] (月魚)[投票(1)]
★4只々、ヒースがお星様になってしまったのが惜しまれる。 映画の方は、テリーギリアムの脳みその中へようこそって感じ。 (代参の男)[投票]
★3やはりジュード・ロウ登場パート周辺以降、映画が混乱を抱えている印象を受ける。作風が作風でもあるし混乱そのものは大いに結構だが、それが必ずしも生産的な混乱だと思えないのは、映画と観客が物語のルールを共有できていないからではないか。物語展開および観客の感情に楔を打つべき描写が漫然と流れている。 [review] (3819695)[投票(7)]
★3ああわかった。この監督の魅力って「やぼったいところ」だ。 [review] (きわ)[投票(5)]
★3ギリアム的タブローの味わいが無くファンタスティックな映画の情動もないSO-SO作品 [review] (junojuna)[投票(4)]
★3作品としては何とか「テリー=ギリアム」の体を成している。その事に正直ホッとしている監督自身の姿が思い浮かび、同情の念を禁じ得ない。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★3相変わらずコストパフォーマンスの悪い「無駄な巨大感」などの満載ギリアム節は楽しいのだが、イマイチ面白くないのはなぜだろう? [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3相変わらずのギリアム節、まあお話自体は全くもって面白くないのだが、変に理屈っぽくなく無邪気な分『未来世紀ブラジル』なんかよりいいと思う。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★3移動式の見世物小屋の造形と、非定住者としてのあてのない「さすらい感」がいい。さすらうといっても、鏡の幻想界との対比からだろうか、その範囲がロンドンの街中だけに限定されているのがセコくて泣かせる。意味なきイケメン・オンパレードはアイディア倒れ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3想像力を駆け巡らせ・・・というところまで行っていない。また、悪魔のキャラも問題だ。 [review] (KEI)[投票(1)]
★3画面、キャストなかなか豪華だが話がつまらん。ファンタジーにしては飛躍がない。それらしい筋運びを見せているだけ。役者の演技と話がかみ合っていない印象だった。フェリー二が撮っていたら、といくどか思った。 (ぱーこ)[投票(1)]
★3主題が、ギリアム作品にしては、ちと陳腐。 ハードの方が格段に何でもできる次世代機になったのに、そのスペックを充分に活かしきれていない感じも、とてももどかしい。 唯一無二の奇才であることは間違いない彼であるが、果たして満足させてくれる作品を撮るPowerは残っているんだろうか? (ありたかずひろ)[投票]
★2テリーギリアムの作品の中でもこれはいただけない。最後までよく観たよオレ。 (二液混合)[投票]
★2テリー・ギリアムって、なんか巨人とか良く出てくるよね。 (stimpy)[投票]
★2おじさんには、ちとわかりにくかったなぁ・・・(2011/01/01) [review] (chokobo)[投票]
Ratings
5点4人****
4点24人************************
3点35人***********************************
2点10人**********
1点0人
73人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ジョニー・デップ万歳! (ふくふく)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「Dr.パルナサスの鏡」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Imaginarium of Doctor Parnassus」[Google|Yahoo!]