コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

しあわせの隠れ場所 (2009/)

The Blind Side

[Drama]
製作総指揮モリー・スミス / アーウィン・ストッフ / ティモシー・M・バーン
製作ギル・ネッター / アンドリュー・A・コソーブ / ブロデリック・ジョンソン
監督ジョン・リー・ハンコック
脚本ジョン・リー・ハンコック
原作マイケル・ルイス
撮影アラー・キヴィロ
美術マイケル・コレンブリス
音楽カーター・バーウェル
衣装ダニエル・オーランディ
出演サンドラ・ブロック / ティム・マッグロウ / クィントン・アーロン / キャシー・ベイツ / リリー・コリンズ / キム・ディケンズ / レイ・マッキノン / ジェイ・ヘッド / トム・ノウィッキ / アンディ・スタール / キャサリン・ダイアー / オマー・J・ドージー / エイドリアン・レノックス
あらすじ夫と二人の子どもと幸せに暮らすリー・アン(サンドラ・ブロック)は、ある冬の夜、巨漢の黒人の高校生マイケルと出会う。彼は、父親の顔を知らずに生まれ、母親からも離されて、住む場所も追い出され、ホームレス同然になっていた。リー・アンはそんな彼を自宅へ招きいれ、家族同然の扱いをする。戸惑うマイケルだったが、だんだん心を開くようになる。そしてリー・アンは彼の後見人となり、正式に家族の一員となる。ある日、彼の「保護本能」に気付いた彼女は、高校のアメフト部の練習中、うまく動けない彼にある「助言」を送る。やがて、その才能を発揮し始めたマイケルは、試合で大活躍。彼に世間が注目するようになった。 [more] (プロキオン14)[投票]
Comments
全22 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ヘタすれば鼻持ちならなくなる際どい題材ではあるが、一切脇目を振らない主人公が物語を担保する。そして、その担保を保障するのがブロックのカリスマであり、目力とタイトな衣裳が映画を駆け抜け支配する。オールドハリウッドの残滓の仄甘き香り。 (けにろん)[投票(3)]
★5この手の物語は好きだな。映画館で観たかった。大昔、劇場で観た『ジョーイ』を思い出す。もう一度観たくなった。あるいは『小説家を見つけたら』も。 2010.8.29 DVD観 (中世・日根野荘園)[投票]
★4サンドラ・ブロックは、いつものサンドラ・ブロックだ。 [review] (ガチャピン)[投票(6)]
★4”美談”の一言で要約されないよう考え抜かれた構成だ。それはサンドラ・ブロックの側から物語を語ることであり、かつブロックはこのお話の全体像を知らされていないキャラクターとして、その瞬間を生きているということである。 [review] (shiono)[投票(4)]
★4本当に実話?と疑ってしまうほどデキた家族。家族の一人でも反乱者がいたらもっとホッと出来たと思ってしまうのは自分がスレてしまった証拠か。毅然とした母親を中心に良き理解者の夫、そんな2人の子供だからこそここまで慈愛に満ちた家庭がつくれたのだろう。サンドラを含め、役者陣のすべてが良い。 (tkcrows)[投票(3)]
★4理解ある家族が一番素晴らしい。 (stimpy)[投票(2)]
★4良い話だと思うが、改めて格差の重さやアメリカに限らず現代資本主義社会が陥っている不公平さを感じるし、このような好機・幸運を得ずとも誰もが不運や不幸に害されず、機会を平等に得られる社会を作る使命が我々にはあると、ちょっとずれた感想を持ってしまった。 [review] (サイモン64)[投票(1)]
★4ぶれない主人公が善意を身に纏うとほとんど狂気の域に接近してしまう不思議。それはともかく、時折ハッとするようなショットや演出が見られる映画であって、さすがにイーストウッド作品の脚本を書いていただけのことはある出来だと思いました。 (赤い戦車)[投票(1)]
★4優しさと諦観と財力がない交ぜになった旦那さんと、すっげえ楽しそうに本人役を演じているカレッジのコーチたちの稚気に★4。そして、実話の方がもっとすごいよ〜と例のチームの筋金入りのファンとして唇がムズムズ。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★4公開が、「アカデミー」より前だったためなのか?、いつの間にか、名古屋地区では上映終了してしまったんだろう?見損ねたので、大阪(堺市)まで足を運んだ甲斐はありました。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★4この話がきれいごとでまとまってなくよかった。SJ可愛い! (まきぽん)[投票]
★4こんな話は出来すぎだ!なんてちょっとでも疑ったらリー・アンにブン殴られそう。 [review] (スノーウィ★)[投票]
★4生来の善性が刻まれた「顔」たちによる「保護-被保護」の映画。とりわけサンドラ・ブロック、長女リリー・コリンズ、コーチのレイ・マッキノンの顔がすばらしい。キリスト教精神でも南部気質でもなく、彼らの顔こそがその善行ぶりを正当化する。食卓で手を取り合う場面ほか涙なしに見られない箇所がたくさん。 (3819695)[投票]
★4サンドラ・ブロックが良い!そして子どもたち(3人)も良い!!ホロッとして、けっこう笑える、ストレートなアメリカ映画。好きです。 (あちこ)[投票]
★3久々に見るアメリカ正当保守派の「好い話」映画。悪人(偏見は食事仲間の一件でちゃんと否定される)の出てこない話は確かに心地良いのだが、家族のため、チームのためと突進するサンドラ・ブロックのあっけらかんぶりで、贔屓の引き倒しはいつしか正当化される。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3こんな邦題にしたヤツらにタックルを食らわしてほしいもんである。67/100 (たろ)[投票(2)]
★3リー・アン一家のマイケルのための誠意が、ちょっと金持ちの権力を駆使した展開が際立ち、彼女がマイケルの境遇を心配しているのは伝わるが、彼女のマイケルのための行動振りに見る人が素直に感情移入できるかはちょっと微妙な気がした。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★3実話ものだということを知らずに見ると、善意という名の底知れぬ狂気に満ちた作品に…。 [review] (田邉 晴彦)[投票(1)]
★3陰の部分、闇の部分を「さらり」とスルーした構成が評価の分かれ目か。ドラマとしての切り込み不足をサンドラ・ブロックのキャラで強行突破、という感もある。 [review] (ぐるぐる)[投票(1)]
★3実話であるという安心感と、アカデミー賞受賞って言うけどサンドラ・ブロックならこれぐらい普通でしょう、という・・・あ、これも安心感か。つまり、安心して見ていられた。 (カルヤ)[投票]
★3随分と強引な女。しかし米女性はこうあって欲しい、こうなりたいとの願望がアカデミー賞を獲らせた?また“金があるから出来たのだ”とも思ったが、金のある奴はこういう事はしないンだよね。とすると、やっぱり一つの理想の女性像なのだろう。2シーン−雨の出会い、食事はテーブルで−は佳かった。 (KEI)[投票]
★2泣けたけど、気に入らないセリフもあったし。 (HAL9000)[投票]
Ratings
5点6人******
4点32人********************************
3点18人******************
2点3人***
1点0人
59人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
愛すべき娘たち (中世・日根野荘園)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「しあわせの隠れ場所」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Blind Side」[Google|Yahoo!]