コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ロビン・フッド (2010/)

Robin Hood

[Action/Adventure]
製作総指揮チャールズ・J・D・シュリッセル / ジム・ウィテカー / ライアン・カヴァナー / マイケル・コスティガン
製作ブライアン・グレイザー / リドリー・スコット / ラッセル・クロウ
監督リドリー・スコット
脚本ブライアン・ヘルゲランド
原案ブライアン・ヘルゲランド / イーサン・リーフ / サイラス・ヴォリス
撮影ジョン・マシソン
美術アーサー・マックス
音楽マーク・ストライテンフェルド
衣装ジャンティ・イエーツ
出演ラッセル・クロウ / ケイト・ブランシェット / マーク・ストロング / ウィリアム・ハート / ダニー・ヒューストン / オスカー・アイザック / マーク・アディ / ケビン・デュランド / アイリーン・アトキンス / アラン・ドイル / スコット・グライムズ / マックス・フォン・シドー / ダグラス・ホッジ / マシュー・マクファディン / レア・セイドゥー / サイモン・マクバーニー / ジェラード・マクソーレイ
あらすじ中世イングランドの伝説上の義賊・ロビンフッドの物語。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビンは、遠征からの帰還の途中、ロクスリーの暗殺に遭遇。「家宝の剣を故郷に持ち帰って欲しい」という彼の遺言を引き受けノッティンガムを訪れたロビンは、そこで己の過去を知り、圧政を続けるジョン王からイギリス北部を救い侵略を企む仏軍から国を守ろうと、仲間と共に立ち上がる。 (IN4MATION)[投票(1)]
Comments
全19 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5歴史物の楽しみ方は、どんだけはったりかまして、力業でリアルに魅せるか。間違いなくスコットはそれが出来る監督。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★5ロビンフッドの本名が、ロビン・ロングストライドだとは知らなかった。弓の射手とスナイパーにはめっぽう弱い僕としては★5つ。この★は『ブレイブハート』に限りなく近い5つだ。でも、ジョンはバカバカ!(2010.12.21観賞) [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★4スコットクロウと来れば、どうしても天下の名作『グラディエーター』級のを期待してしまう。今回は木場109シネマズに亭主のぽこ蔵とレイトショーで観に行った。なんとマリアン姫がマリアン未亡人になってる!それも顔中シミだらけのブランシェットだ。 [review] (りかちゅ)[投票(3)]
★4(1)監督リドリー・スコット (2)主演ラッセル・クロウ (3)上映時間一四〇分 (4)コスチューム・プレイ  以上、つまらない映画が出来上がる条件は出揃っている。ほとんど絶望的な気持ちを抱えたまま見始めたのだけれども、いや、しかし、これは面白い。やっぱり映画って見てみないと分からんものですね。 [review] (3819695)[投票(3)]
★4《原点》へと立ち返る物語。 [review] (Orpheus)[投票(3)]
★4手堅い描写。わかり易い話。まずまずの役者。フィクションはこうじゃなくっちゃ。リドリー・スコットらしい重厚さもいいです。 (ぱーこ)[投票(2)]
★4榊原郁恵の『♪いとしのロビン・フッドさま』には「♪リンゴから、矢を抜いたまま」という歌詞があるが、私も含めて「ウイリアム・テル」と混同している人は多いはず。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★4白馬の王子様〜!って、そんな歳でもないラッセル・クロウケイト・ブランシェット。78/100 (たろ)[投票(1)]
★4「影武者」と「ウィロー」と「プライベート・ライアン」と [review] (darth12)[投票(1)]
★4アラフォー・ブランシェットのドジッ娘造形の今更感に減点と見せかけて加点。映画の完成度はケヴィン・レイノルズ版を明らかに上回るが、ただロビン・フッド自体はコスナーの方が華があり魅力的だ。あとレアをもっと出せ。 (Lostie)[投票]
★4ジョン欠地王は底抜けのバカ王として描かれるかと思ったら、そこそこ話の分かるバカだった。 [review] (バーンズ)[投票]
★4十字軍=イラク派兵、ジョン王=ブッシュ(ネオコン)と捉えるととてもわかり易い。 [review] (HAL9000)[投票]
★3戦争シーンもよかったが、一番の魅力的に思えたのは主人公が領地内でいろいろなことが営まれているのを見て回るシーンのディティール。 [review] (agulii)[投票(3)]
★3圧政王VS義賊という対立構図が確立する前の混沌の前史だとしても、最大クライマックスの対仏攻防戦でその確執のピックアップが弱すぎなのでピンボケ感が甚だしい。自己模倣に流れるスコット演出はウンザリだが他人のもの真似に至ってはゲンナリ。 (けにろん)[投票(2)]
★3重厚さを狙うには展開が性急すぎ、痛快さを狙うには活劇シーンにそれほど興奮感を伴ってるわけでもなし。私は娯楽に徹していたケビン・コスナー版「ロビン・フッド」の方がずっと好き。 (takamari)[投票(1)]
★3ラッセル・クロウは現代モノではなく歴史モノの人だとあらためて痛感。けど内容の結果は意外とかわいいジョン王子と言うことで。全部、持ってってる。 (らーふる当番)[投票]
★3「グラディエーター」に及ばず…ケヴィン・コスナーにも及ばず… (papageno)[投票]
★2昔やったエロゲー「うたわれるもの」を思い出した。あっちのほうがおもしろかったな。おっぱいも出るし。 [review] (イリューダ)[投票(3)]
★2このリアリティ、このディティール、さすがリドリー・スコットだよな!と、思いながら見ていたが、二時間半もかけて描くような内容なのかと小一時間問い詰めたくなった。テーマがはっきりしておらず、活劇にもなりきれていないので非常に中途半端な印象。 (サイモン64)[投票]
Ratings
5点3人***
4点14人**************
3点18人******************
2点4人****
1点0人
39人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]中世イギリス劇 (verbal)[投票(6)]
月刊レア・セイドゥー (Lostie)[投票(3)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ロビン・フッド」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Robin Hood」[Google|Yahoo!]