コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

わたしは、ダニエル・ブレイク (2016/ベルギー)

I, Daniel Blake

[Drama]
製作総指揮パスカル・コーシュトゥー / グレゴワール・ソラー / ヴァンサン・マラヴァル
製作レベッカ・オブライエン
監督ケン・ローチ
脚本ポール・ラヴァティ
撮影ロビー・ライアン
美術ファーガス・クレッグ / リンダ・ウィルソン
音楽ジョージ・フェントン
衣装ジョアン・スレイター
出演デイヴ・ジョーンズ / ヘイリー・スクワイアーズ / ディラン・フィリップ・マキアナン / ブリアナ・シャン / ケイト・ラッター / シャロン・パーシー / ケマ・シカズウェ
あらすじケン・ローチ監督の2度目のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。大工のダニエルデイヴ・ジョーンズは心臓の病で医者から仕事を止められ療養手当を申請するが、担当者は簡単な質問で却下。抗議に訪れた役所では複雑でPCのみの手続を説明されて埒があかずいらいらするが、そこでわずかな遅刻で扶養手当を減額されて困り果てている二人の幼子を抱えるシングルマザーのケイティヘイリー・スクワイアーズに声をかける。機械的なお役所仕事に怒りつつ、暮らしの困難にくじけそうなケイティのことも気にしながらダニエルの日々は過ぎていく…(100分) (シーチキン)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5迷走するシステムの狭間で窒息しかける当たり前の尊厳。声を上げない慣らされた我々にローチは声を上げようと言う。食糧配給所のシーン。彼女がいきなり缶詰を開けて貪り食う。奇矯な行為だが、それを奇矯と感じさせない真実と共感を映画は内包している。 (けにろん)[投票(6)]
★5オリヴァー・ストーンマイケル・ムーアのイデオロギーに鼻の下を伸ばす感じや、黒沢清の焦点が合ってない左翼の主張ショーケースの『トウキョウソナタ』とは違う怒り。私より年少の人間が映画館に一人もいなかったが、若く思想が左で無い人こそ見るべき。 [review] (t3b)[投票(2)]
★5苦難の上に、苦難を重ねるダニエルたち。ケン・ローチの映画を見ると、「怒り」と、そういうことと「闘う人たち」の姿で、自然と熱くなる。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4「弱者に手を差し伸べる」なんていう上から目線はダメだということはローチ先生わかってらっしゃる。「それ、おかしいだろ!」という、単に「救おう」というのではないもっと大きな視点が大好きです。 [review] (jollyjoker)[投票(4)]
★4ケン・ローチの不条理(マヌケ)行政もの。まだ撮らんならんのかいと静かに怒っている。 [review] (寒山)[投票(4)]
★4主旨主義的観客による過大評価と、作品が叩きつける露骨な主旨の強さに目を曇らされまいとするあまり、却って映画の豊かさを享け損ねた視聴覚主義的観客による過小評価に引き裂かれ続けてきたケン・ローチのフィルモグラフィにあって、これは(少なくとも私にとって)『ケス』に次いで重要重大な映画だ。 [review] (3819695)[投票(4)]
★419世紀に始まった資本家と労働者という左右の対立軸は、イデオロギー闘争の終焉とともに希薄化され、21世紀の今、合理性というとりあえずの正論のもと、国家と市民という上下の合意軸を模索して、波間の喫水線のように揺れ動く。血のかよった政策や制度って・・ [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4なかなかに骨太で硬派な映画。淡々と描く物語にはリアリティがあふれ、こんな現実でいいのかという鮮烈なメッセージが伝わる。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★3心臓に爆弾を抱えた老人を酷使して醸成するスリラーにあって技術的な課題となるのは老体を稼働に追い込む状況の構築であり、官僚制の不条理が今回は利用されている。 [review] (disjunctive)[投票(4)]
Ratings
5点4人****
4点7人*******
3点1人*
2点0人
1点0人
12人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「わたしは、ダニエル・ブレイク」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「I, Daniel Blake」[Google|Yahoo!]