コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カルテット (2000/)

Quartet

[Drama]
製作総指揮遠谷信幸 / 森島恒行 / 藤澤文女
製作安田匡裕 / 金子恒彦 / 細田泰 / 伊達寛
監督久石譲
脚本長谷川康夫 / 久石譲
撮影阪本善尚
美術及川一
音楽久石譲
出演袴田吉彦 / 桜井幸子 / 大森南朋 / 久木田薫 / 三浦友和 / 藤村俊二 / 草村礼子 / 石丸謙二郎 / 升毅
あらすじ相葉明夫 袴田吉彦、坂口智子桜井幸子 山田大介大森南朋、漆原愛久木田薫の四人は、音大時代に 弦楽四重奏(カルテット)を組んだ仲間。卒業の記念にコンクールに出るも、 ちょっとしたアクシデントで入賞を逃す。 それぞれの道に進んだ4人は、3年後それぞれの事情で、またカルテットを組む 事になる。 北野作品、宮崎アニメには欠かせない作曲家久石譲が初めてメガホンを取った、音楽青春ドラマ。 [more] (トシ)[投票(1)]
Comments
全19 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5音楽に映像がごく自然に溶け込んで流れていくところが秀逸。カルテットの4人もそれぞれ持ち味がでていた。なかでも袴田吉彦は『ひまわり』に比べると、役柄もあるだろうが、従来の殻を破った存在感を示したのではないか。若者の心理を描きすぎず、あくまで表情やしぐさで見せようとしており、行間を読むような含みのある余韻が心地いい。青春のひとこまを、実にさわやかに描いた快作。 (ことは)[投票(1)]
★5映像に音楽が乗るのではなく 音楽に映像を沿わせる。久石氏らしく 久石氏だから。けしてPV化しておらず 漂うメッセージは青臭く 歯がゆく 穏やか。そして新しい映画の一隅を拓いた。ありがとう。 (なをふみ)[投票(1)]
★5映画を”撮る”というより、映画で”演奏”している。ストーリーのありきたり具合など無意味に感じてしまうぐらいすごい。 (GET)[投票(1)]
★4音が溢れてきた。その気持ちよさに、3点。+袴田吉彦に、1点。 [review] (ムク)[投票(3)]
★4すでに語り尽くされた感のある青春の絆話を、言葉ではなく独自の音で語ろうと試みているところに新人久石譲監督の心意気を感じる。時に稚拙な描写もないではないが、画と音の適度な関係が保たれ嫌味のない音楽青春映画の良作に仕上がっている。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4演奏に集中してる最中は「息をしている」感覚すら無くなる。なんでクシャミなど出るはずは無いわけだが、それが出るぐらい「クソ度胸がある」とも言える。どっちにしろ、演奏を切るって事は問題外なのだ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★3小さいテレビのスピーカーでは伝わりきらない部分があった。 音のいいスピーカーにつないで観てれば、きっと +1点。 (エイジ)[投票(1)]
★3音大出でそれはないだろーてとこが数箇所。でも空中ボーイングがんばる姿と桜井幸子の美しさでトータル3点。violaは確かに日陰の身、か・・・・。 (nori)[投票(1)]
★3初監督作品にしては上出来。映画としての素材は非常に良いので「惜しい」かも。もう少しいじれば、さらに良くなったでしょう。どんな形ででも楽器に携わる人が観れば評価(+1)? (ついまっど!)[投票(1)]
★3物語は平凡で予想通りに進み、それが「予想通りの面白さ」にでもなればいいのですが、残念ながらありきたりな感じを受けたにとどまりました。要素を散りばめつつも原因と結果が繋がらないので散らばったまま。心情の道筋がたどれません。 (なつめ)[投票(1)]
★3「俺たちは仲間だったが、友達じゃなかった」。 [review] (Ryu-Zen)[投票]
★3皮肉だが、テレビ的で陳腐な演出(元凶は秋元康か)にも関わらずそれなりに楽しめたのは、登場人物の言う「音楽の力」によるものか。 (TOMIMORI)[投票]
★3コンクールの曲、早く全部聞きたいなぁ、と思いながらずっと観てた。煽られすぎた。 (ふくふく)[投票]
★3内容には言いたいこともあるけど、楽器ができるってよいなぁーと思った。[2003/11/29] (onomon)[投票]
★3モントリオール国際映画祭プレミアにて。 [review] (MM)[投票]
★2“可もなく不可もなく”という印象になるとすれば、それはパターンとルーチンのみで出来あがっているから(だと思う)。桜井幸子には独得のエロスが…。久木田薫はちょっとロリー…。 (ハイタカ)[投票(4)]
★2協調性と「夢をあきらめないで」がテーマは平凡。 演奏演技は努力のあとが見られるがやはり本物ではない。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(2)]
★2そんなにひどくなくてちゃんと観れるのだけど、映画の教科書読みながら一生懸命作りました!っていう感じで…。 (は津美)[投票(1)]
★2久石譲、渾身のオナニー。 [review] (kazya-f)[投票]
Ratings
5点4人****
4点4人****
3点18人******************
2点6人******
1点2人**
34人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
埋もれた傑作 (ことは)[投票(35)]僕流偏愛邦画傑作選 (ことは)[投票(4)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「カルテット」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Quartet」[Google|Yahoo!]