コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アース(2007/独=英)
- 更新順 (1/1) -

★4素晴らしい映像が撮れていてBBCの力を再確認するんだけど説教くさいんだよね。別に映像観れば自然が大事なの判るでしょ。 (----)[投票]
★3ホオジロザメは最高に格好いい [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★4自然の驚異映画は今迄にもあったが、今回はちょっと違う。根底に例の“地球温暖化”があるのだ。その為か観客受けする内容(子動物登場、動物を喰う等)のシーンが多いのが気になる。それも良しとするが、世界って凄いんだ!なんて感心して夢を育んだ時代はもう来ないのが残念だ。 (KEI)[投票]
★5よく撮れたと驚嘆する映像ばかりなのに加え、編集が素晴らしい。しかし一番の褒めどころは流麗なカメラワークだ。この画はこう見せると一層素晴らしくなるという勘所が分かっている。大瀑布の画など最たるものだ。もちろん台本のないドキュメントだから捨てた映像も山ほどあるだろうが、よく1時間半強にまとめたとひたすら感心した。 (tkcrows)[投票]
★3これほどメイキングを見たくなる映画もない。事前調査と周到なロケハンと忍耐が輝かしく結実する。意識せぬ演技者たちの厳粛な奮闘という主題で未知領域の可視化をやってのけたスタッフたちに敬意を表したい。生態均衡が破られていく直前の不気味な軋みが聞こえる。 (ジェリー)[投票]
★4地球、自然の素晴らしさを見抜き、映画にした人々に素直に拍手を送りたい。地球を愛する目というのを見た気がする。 [review] (のぶれば)[投票]
★3みんな、生きるために、過酷な自然と戦っている。そしてその自然を、人間が更に過酷なものに変えていく。 (NAO)[投票]
★5地球に生まれて良かったー! [review] (chokobo)[投票]
★4すてきな映画だけど、何回観ても最後には寝てしまうのでエンドロールまで観ることができない。良い意味で。 (stimpy)[投票]
★4主演、地球、46億歳 素晴らしい。この奇跡の星を守る義務が人類だけに課せられている。他の生物たちは地球の環境に依存して生きていくしかない。 (RED DANCER)[投票]
★4このかたちは愛に似すぎている。 [review] (The★黒)[投票(1)]
★3都合の良すぎるパッケージは気になるもののコンセプトは重要だと思った。 [review] (ishou)[投票]
★3どうやって撮ったのか不思議な俯瞰映像はすごい!!!ただし、もしもCGだとしたら納得できない。BGMは過剰すぎて興ざめ。ナレーションもボリュームがありすぎる。見たことのある映像がたくさん。そんなこんなで☆1マイナス。2008.06劇場 (チー)[投票]
★3自然さんの営みも美しいが、それを撮り続ける人間さんの根気強さに感動。ところで母さん、あのシロクマさんどうなったでしょう。 (G31)[投票(1)]
★3賞賛と不満と。 [review] (ぱーこ)[投票]
★5大画面で見るべき映画!!自然最強!! (jaku)[投票]
★3ナレーターが渡辺謙じゃなくて伊武雅刀だったらかなりはまっていたような気がします。もう少し突き放したナレーションの方が良かったような? [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★4NHK「プラネットアース」そのまま!「プラネットアース」を全部見ていたから知っている映像ばかりだったけど、映画館で見ると音が良いわ!鳥の群れが羽ばたくところ、ゾウの突進。やっぱ映画館でみるのが一番! (guriguri)[投票]
★4劇場で観ましたが、終了時2割くらいの方が眠っていました。 [review] (kajun)[投票]
★3結末を我々のイマジネーションに委ねる映像と、説明的な音楽とナレーション。ちょっとバランスが悪く、それはあたかも薄氷の上のホッキョクグマのよう(などと軽口はたたけない題材を扱っているけど)。極楽鳥は優雅な生活送ってるなあ。 [review] (chilidog)[投票(1)]
★5生きている、ただそれだけで熱くなる。2008.1.28 [review] (鵜 白 舞)[投票(1)]
★3「地球を守らなくては」という壮大な使命感は湧かないが、白熊・アフリカ象・マッコウクジラたちの純粋なる親子の絆にちょっぴり嫉妬。“赤ちゃんポスト”なる本末転倒なシステムを生み出さなければならない我々人間が敵うはずもない。本能オンリーな彼らに対し、我々は雑念が邪魔をする。動物の保身と人間の保身の違いを痛感させられた。 (クワドラAS)[投票]
★4人間が出てこない地球は美しかった。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4よく撮ったなあって感じ。貴重な映像をたくさん見せてもらいました。 ただ、環境問題はちょっと取ってつけたみたいだなあ。 このくらいの技術で、環境問題編も見てみたい。客が入らないかな(苦笑)。 (りゅうじん)[投票(1)]
★3個人的にこういうものを扱う場合必要なシーンあると思うのだけど、それが足りない気がした。 [review] (あき♪)[投票(1)]
★5ただただ感動!北極から南下して南極へ、再び北極へと還る旅。地球一周が映画1本の価格で体験できる、凄いコストパフォーマンス映画だ!「世界初の映像」の宣伝文句は伊達じゃない。クローズアップも俯瞰の映像もヤバイくらい素敵!子供も飽きないテンポで次々と場面転換する編集も見事。今更ながらに、地球は僕たち人間だけが住んでいるんじゃないって痛感させられた。 [review] (IN4MATION)[投票(5)]
★4この映画を観て僕は絶対にゾウにはなりたくないと思った。 (Passing Pleasures)[投票(3)]
★4どうやって撮影したのだろう? 不思議でたまらない。撮影するという行為に対する影響が感じられない、そのままの自然や動物の姿を観ることができたように思う。畳み掛けるように語られたエンディングには素直に深く共感した。 [review] (ムク)[投票(1)]
★3せっかくの素晴らしい広大な画を、大げさなバックミュージックで台無しにされた。キャメラの中はリアルなのに、過剰に演出されたBGMのせいで「映画」自体はリアルじゃなかった。 [review] (あちこ)[投票(1)]
★3やっばああい、『プラネットアース』のがぜんっぜんおもしろかったじゃん。無駄な効果音多過ぎなんだよ、特に早回しんとこ。 [review] (リア)[投票]