コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] エクスペンダブルズ2(2012/米)
- 更新順 (1/1) -

★3スタローンとステイサムの絡みはともかくとして、スタローンへ敬称を怠らないビリーの犬っぷりまで来ると、単なるオッサン版CCさくらに堕してしまう。 [review] (disjunctive)[投票]
★3単調で中身があまり無い割には長い。正直ノれなかった。 (サイモン64)[投票]
★4プロットに沿ってアクションスターを配置するのではなく、スターの登場から逆算されたプロット。『ランボー 最後の戦場』にも通じる人体破壊描写の陰惨な快感に時折挟まれるロングショットの縦構図やナイフ格闘でのアクション繋ぎ、映画村みたいなソ連基地やチャック・ノリスに代表される映画らしい荒唐無稽。爆煙、硝煙、葉巻の煙などを引き立てる照明も中々良い。 (赤い戦車)[投票]
★3何かこう、観ていて燃えないんだよな。この手の映画としては致命的ではないか。 (二液混合)[投票]
★4祭りだ。 (らーふる当番)[投票(1)]
★5「一回りして」なんてさせてたまるか的、意地がある [review] (週一本)[投票]
★3こういう映画は何も考えずに見るに限る。   スカッとしましたか?  う〜ん、ちょっと待てや! [review] (代参の男)[投票]
★5お笑い芸人のバイきんぐじゃないけど、お前まだブチ込んでくるのか!と言いたい。それ位ブチ込まれた愛され俳優陣。 (Liz)[投票(1)]
★3なんかこう、“無理してる~”感がシュワルツネッガーにはあった。 [review] (G31)[投票(1)]
★4アクション・シークエンスを構成するために必要なカットの欠落が目立つ。例えば、終盤のヘリの所なんかどういう位置関係でどういう距離感なのか判りづらい。キメ顔/キメ台詞のカットとその他のカットの剥離感もひどい。けど★4程度には面白かったのも事実。 (Lostie)[投票(1)]
★5おいしいとこ、全部持ってくヴァンダム。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4秋の男祭り。悪いやつがいる→倒す!→正面突破→爆発!→爆発!→最後はもちろん…→ [review] (すやすや)[投票]
★3役者力の序列は決定した。一位ブルース・ウィリス。二位ドルフ・ラングレン。三位シルヴェスター・スタローン。四位チャック・ノリス。(中略)…最下位アーノルド・シュワルツェネッガー。このシュワルツェネッガーはシュワルツェネッガーのそっくりさんよりも往年のシュワルツェネッガーに似ていない。 [review] (3819695)[投票(3)]
★4殺し屋ブッカー役をチャック・ノリスが演じているのが懐かしくてなかなか良かった。チャックとシュワルツェネッガーの2ショットが見れたのもちょっと感動。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★3世界最大の「楽屋」映画 [review] (ペンクロフ)[投票]
★5いやいや。興奮に次ぐ興奮。何よりヴァン・ダムのソバットにはドキドキ。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★4ランボーとメイトリックスとマクレーンが共闘する、これだけでもはや映画史的価値がある映画だ。 [review] (がちお)[投票]
★2話は『』より何もないが、往年のおっさんスターがズラリでノリスなんて何の説明もないのに超最強状態。スタローンvs.ヴァンダムなんてこれ以上のプロレスもないって感じ。 [review] (のこのこ)[投票]
★3ステイサムにヨーロッパを感じた。あの僧侶姿で、一作撮ってください!!!(切望) (worianne)[投票(1)]
★4スタローン、ありがとう!前作より面白かったよ!! [review] (カルヤ)[投票(1)]
★3観客よりお前らが楽しんでどーすんだ。63/100 (たろ)[投票(3)]
★4キャスト的にはより賑やかに、けど豪快なアクション&爆発シーン的には大人しくなった印象が。中盤以降は工夫の感じられない撃ち合いに終始した感があり残念。けどオープニングはやり過ぎ全開で最高!あのノリがクライマックスにも欲しかった。 (takamari)[投票]
★3男だらけで『ピカソ・トリガー』やってるノリ。 (黒魔羅)[投票(1)]
★2主役級が無意味に顔を並べているだけより、一人ひとりがきちんと輝いている方が面白くないか? [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★5相変わらず……というより前作以上に「潔い映画」だ。 [review] (ダリア)[投票(3)]
★4チャック・ノリスの登場シーンは普通ならあり得ないのに「チャック・ノリスだから」の一言で納得できる。それがチャック・ノリスの凄さだ。 (パピヨン)[投票(4)]
★4スタシュワウィリスを向こうに回したヴァン・ダムの一人勝ちを演出して見せたこのシリーズとスタローンは、自らの存在意義をどこまでも自覚的に体現していると言わざるをえない。 [review] (kiona)[投票(13)]