コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] あ、春(1998/日)
- 更新順 (1/1) -

★4父子の邂逅の物語が枝葉の部分が立ってラストに至り父と女達との物語にすり替わってしまう構造が不均衡とも思えぬほどに役者たちの充実度が目を見張る。委ねる境地に至った相米の懐で形成された山崎富司藤村のトライアングル。至宝だ。 (けにろん)[投票]
★5まずこれは、とてつもなく気持ちのいい映画だ。決して幸福感溢れる筋立てではないし、いや逆に厳しい現実に揺さぶられる人達ばかりが描かれているのだが、映画の画面の心地よさはプロット展開とは全く無関係である、という当たり前と云えば当たり前のことが証明されている。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4笑った、泣いた!俳優陣がみんな素晴らしい。相米慎二版寅さんか。いい映画でした。大友良英の音楽も良い。 (味噌漬の味)[投票]
★4どの場面にも映画の呼吸が根付いていて心地よい。そして、本作にも桜の姿が。相米慎二にとって桜は生命の象徴だったのか。 (赤い戦車)[投票]
★5愛すべき嘘つき野郎の映画。相米慎二の死が、本当は全くの嘘っぱちで、それこそ山崎努が演じた親父のように突然フラッと帰ってきてくれたら…。本作を観ながら、そんなことをふと考えた。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★3相米監督の作品群を自分なりに一言で表現すると“強靭”。得意の長回しがそう思わせるのかも知れないが、この作品もそんな強さを実感できる一本。ただ構成力、ひいては完成度は「お引越し」の方が上かな?、で3点。 (リヤン)[投票]
★3なんか今いち乗れなかったが、役者が揃って良い。 (直人)[投票]
★4女はふてぶてしくも変わらないものであるよなあ。男はみっともなくも変わってしまうものであるよなあ。斉藤由貴山崎努を見ていて、どちらも好ましい在り様であったことは、嬉しくも哀しいことだったのでありました。 (水那岐)[投票(1)]
★5この映画に出てくる終わりには常に始まりがくっついているから元気もらえそう。斉藤由貴に萌えました (蒼井ゆう21)[投票(1)]
★4現代の誰にも可能性のある老後を中産階級から見つめた作品です。相米の作品にしては、珍しく肩の力を抜いて見られた。骨の灰を川に撒くシーンは再生観と共に興味を持って見た。 (セント)[投票]
★4水は血より濃い。[Video] [review] (Yasu)[投票]
★2斉藤由貴が佐藤浩市のお腹をペロンってやるとこ、好きです。 (picolax)[投票]
★4みんな老けてしまいましたね…。 (熱田海之)[投票]
★5落ち目の人間が愛しい。監督の厳しくも温かな視点に好感を持てた。 (鵜 白 舞)[投票]
★3役者の見せ場たっぷりな日常のファンタジー。でも心揺さぶられるものが無かったのは残念でした。 [review] (ざいあす)[投票]
★3この雰囲気、最初のウチはいいが、だんだん煩わしくなる。 (Curryrice)[投票]
★4男と女の死生に対する生理的な距離感。そのズレが一瞬かいま見えるのが“春”。図式的な構成や暗喩は、良くも悪くも中島丈博の脚本。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3うーん、微妙な違和感。確かに映画になってるけど。斉藤由貴が意外に良くてびっくり。 [review] (ぱーこ)[投票(3)]
★3素晴らしく象徴的な映画で、中身も悪くないけど、これを芸術とは言わない。日常生活の映画だからしょうがないのかな。 (chokobo)[投票(1)]
★4好きなせりふ 「そこ掛けといてくれ」。 [review] (セネダ)[投票(1)]
★5流動的な眼差しで、日常(家族)に非日常(狂気?)が入り込む様を見つめた作品。 [review] (ちわわ)[投票(2)]
★3設定は面白いと思うんだけど。 (WINTREE)[投票]