コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

マイ・ボディガード (2004/メキシコ)

Man on Fire

[Action/Drama/Thriller/Crime]
製作総指揮ランス・フール / ジェームズ・W・スコッチドポール
製作ルーカス・フォスター / アーノン・ミルチャン / トニー・スコット
監督トニー・スコット
脚本ブライアン・ヘルゲランド
原作A・J・クィネル
撮影ポール・キャメロン
美術ベンジャミン・フェルナンデス / クリス・シージャーズ
音楽ハリー・グレッグソン・ウィリアムス
衣装ルイーズ・フログレイ
出演デンゼル・ワシントン / ダコタ・ファニング / クリストファー・ウォーケン / ラダ・ミッチェル / マーク・アンソニー / ミッキー・ローク / ジャンカルロ・ジャンニーニ / レイチェル・ティコティン / ヘスス・オチョア / アンヘリーナ・ペラエス / グスターボ・サンチェス・パラ
あらすじ誘拐が多発するメキシコシティに在住する実業家サムエル(マーク・アンソニー)の娘ピタ(ダコタ・ファニング)のボディガードとして雇われたクリーシー(デンゼル・ワシントン)。彼は16年間、対テロ組織に所属しぬけがらと化していた。しかしピタとの交流で少しずつ生きる希望を見出すが、ピタが何者かに誘拐されクリーシー自身も瀕死の重傷を負ってしまう。生死を彷徨ったクリーシーは生還したがピタの生存は絶望的。解雇されたクリーシーは事件関係者への復讐を開始する (たろ)[投票]
Comments
全40 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5テレビ画面で観たからなのか、評判の悪い映像表現もクリーシーの心象表現として効果的に観れた。説明不足とされるクリーシーの過去も、超法規的テロ対策活動で心身消耗してるんだとデンゼルの演技によって充分理解できた。過剰な復讐劇を重点においてるのはトニー・スコット流エンターテーメントとして納得。4.5★ (ユウジ)[投票]
★4三者三様の超絶の演技を観るための作品だと割り切る必要はありますが、それに徹すれば本当にガツン!と来る作品です。今はほんとに凄いもん観っちまった。と言う思いでいっぱいです。(以下長文です) [review] (甘崎庵)[投票(4)]
★4この絶望と諦念には震え上がる。そこから湧き出す怒りは、まるで静かに激しく燃える青い炎のようだ。(04.12.31@新宿ジョイシネマ2?) [review] (movableinferno)[投票(2)]
★4哀しいアンチ・ヒーロー、デンゼル・ワシントンと、トニー・スコットが捉えたメキシコ・シティ。これらふたつの効果がマイナス面を埋めるほど絶大。 [review] (Keita)[投票(2)]
★4これはトニー・スコットでも面白い方。確かに現代風エフェクトは鬱陶しいのだが、きちんと撮るべきところはきちんと撮られている。例えば人質交換における見事なロケーション。橋の勾配を利用した演出。もしくは誘拐直前の、白いカーテンが翻るピアノ教室の窓。ちゃんと「映画」になっている。 (赤い戦車)[投票]
★4うごめくカメラ。回りつづけ瞬発的にフラッシュバックする映像。なかなか主人公の拭い切れない過去を象徴する思い入れが動的な映像に結びつく。 中盤以降の思いもかけない復讐バイオレンスは執拗だ。 [review] (セント)[投票]
★3原作・監督・脚本・キャストにそれぞれ最強の布陣を敷いたのに、作品を観終わったときに心に押し寄せる、この物足りなさは一体なんなんだ。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(3)]
★3この作品のダコタ・ファニングは並の子役だった。 (RED DANCER)[投票(1)]
★3ストーリーそのものより、メキシコでの誘拐事件の多さに驚く。このような国で子供を育てなければならない金持ちは大変だろうな、と同情を禁じ得ない。 [review] (アメリ・プーラン)[投票(1)]
★3ストーリーもカメラもバタバタし過ぎ。とりあえず、落ち着け。 (オメガ)[投票(1)]
★3ちょっと長い。ヒュンヒュンチカチカした映像も目に良くない。クリーシーはボディガードよりも水泳コーチのほうが向いているね。少女との交流は仄々として微笑ましかったが、後半はダレて、復讐のカタルシスを飛び越え、もういいだろ感も。ギリギリの3点。 [review] (クワドラAS)[投票(1)]
★3あんな凝った撮り方しなくとも、デンゼル・ワシントンが十分魅せてくれるのに。意味のない演出にイライラ。 [review] (kinop)[投票(1)]
★3ハンディカム(?)による手ブレ映像と細かずぎるカットにどっと疲れた。間違いなく、中南米には行きたくなくなる。それにしても、この憂鬱な疲労感・・・。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
★3前半のダコタ・ファニングとデンゼル・ワシントンのふれあいは見事な演技で魅せているが、後半の展開はどうにも説明のつかないところがあって残念だ。 (サイモン64)[投票]
★3何の効果も持たないフラッシュにイラつきながらもデンゼルと物語のテンションの高さに最後まで一気に見せる。とはいえ、最後の交渉事がなんとも納得できず、それまでの道のりが台無しに。あれって、デンゼルをああいうシチュエーションにしたかったが為だけのような。 (tkcrows)[投票]
★3うーん。うーん。もっと、心温まるお話かと思ったら、容赦ない復讐の物語。 主人公のタフさにただただ、脱帽でした。 [review] (チャオチャオ)[投票]
★2普通に撮れねえのか? [review] (ペンクロフ)[投票(13)]
★2ダークな過去により心に傷を負った主人公、という設定を生かし切れず、後半はマッチョな復讐劇に。クリストファー・ウォーケンの無駄遣い。頻繁に挟まれる早回しも鼻につく。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★2長い、見にくい。そして、 [review] (早秀)[投票(2)]
★2期待大ハズレ。ほんと見にくい!醜い!見にくい!!! (UTERO)[投票(1)]
★2中盤から二点、三転するストーリーは面白いが、序盤のデンゼル・ワシントンダコタ・ファニングに心を開く過程が弱くて、その後の行動に今イチ納得がいかないし、早送りやスロー、フラッシュを多用した凝りに凝った映像がとにかく鬱陶しくてしょうがない。デンゼルはさすがだが、ダコタファンは物足りないかも。['04.12.27MOVIX京都] (直人)[投票(1)]
★1何がやりたいんだコラッ!銀幕飾ってコラッ!何がやりたいのか…はっきりしやがれコラッ!噛みつきたいのか、噛みつきたくないのか、どっちなんだ…どっちなんだコラッ! [review] (たかやまひろふみ)[投票(4)]
Ratings
5点3人***
4点19人*******************
3点41人*****************************************
2点20人********************
1点2人**
85人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
原題VS邦題 果たしてどれほど違うのか?〜 YOU子編  (ゆーこ and One thing)[投票(46)]キッズ・ムービー万歳!〜各国の名子役たち (直人)[投票(7)]
用心棒 (Lostie)[投票(1)]レイティング一覧 (ゆーこ and One thing)[投票]
ありがち邦題 〜「マイ」で始まる〜 (verbal)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「マイ・ボディガード」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Man on Fire」[Google|Yahoo!]