コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

東京画 (1985/)

Tokyo-Ga

[Documentary]
製作クリス・ジーファーニッヒ
監督ヴィム・ヴェンダース
脚本ヴィム・ヴェンダース
撮影エド・ラックマン
音楽ローラン・プティガン / ミーシュ・マルセー / チコ・ロイ・オルテガ
出演笠智衆 / 厚田雄春 / クリス・マルケル / ヴェルナー・ヘルツォーク
あらすじヴィム・ヴェンダースが最も敬愛する映画監督・小津安二郎。小津が『東京物語』で描いた「東京」のイメージを掴み取るべく、ヴェンダースは東京にやってきた。小津映画の常連であった俳優・笠智衆、撮影監督の厚田雄春らとの出会いや、滞在中にヴェンダース自身が見聞きした事物から、彼なりの「東京画」を、ヴェンダースはキャメラを通して描き出していく。[93分/カラー/スタンダード] (Yasu)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5絶品。睡眠をしっかりとってから観ましょう。 [review] ()[投票(1)]
★5東京日和での東京を夢見て、上京しあまりの変わりように監督が落胆している様子 がフィルムを透して伝わってくる。日本人の見る東京画と外国人の見る東京画の違いがここにはある。 (ショスタコビッチ)[投票]
★4「川喜田映画記念館(旧川喜田邸)」で『東京画』の上映(2010年6月18日〜20日) [review] (minoru)[投票(1)]
★4外国人なだけに少々ポイントを外した観はあるが、ヴェンダースは見事なドキュメンタリーを作ってくれた。[Video] [review] (Yasu)[投票(1)]
★4「花見」「パチンコ」「竹の子族」・・・外国人からしたら興味深いでしょうね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4東京物語』から四半世紀を経た東京を訪れて撮影したフイルムを、さらに四半世紀を経て観る。面白い。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★4私の青春が被さるバブル前の東京。踊る竹の子族に感涙...でも、なぜフランス語なの? (りかちゅ)[投票]
★4ヴェンダースのフィルターを通して見る東京は、とても滑稽で、切なくて、懐かしくて・・・そして [review] (washout)[投票]
★4割と行き当たりばったり的な流れがいい。80年代の東京がヴェンダースの目を通して見られて、ある意味面白い。日本人としてヴェンダースに申し訳ない気持ちになった。 (kekota)[投票]
★4なんとなくステレオタイプな東京観という感じがしないでもないが、しかしラストで涙ぐんでしまったらやはり負けだ。 (スマイル)[投票]
★3聖域だと思ったところに何もなかった失望感が全編を覆う。いや、小津作品に残された聖域は今も現実に存在しますよ、ヴェンダースさん。またいらっしゃい。 (ジェリー)[投票(5)]
★3いったいヴェンダースは83年の東京に何を期待したのか。小津が描いた普遍的な真実は、当時でも外見をなぞっただけでは見えなかったはずで、今でも生活者の内に秘められたエモーションの類であるはず。ちょっとセンチメンタルに過ぎる。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3東京は、いつの時代も欧米人には理解しがたい場所なのかも。 [review] (づん)[投票]
★380年代をのぞき見したくて鑑賞。よい反面教師になる資料映像でした。 [review] (Ryu-Zen)[投票]
★3だけど、ヴェンダース監督には一つ言いたい。これも又、日本の形なんですよ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3日本語が判らないのだから脚本見て「内容はおろかタイトルさえわからないのだ」とか当たり前過ぎるコメントをするところがクソ真面目な人だと思う。 (TOMIMORI)[投票]
★3小津監督の監督スタイルが語られているのが収穫だった。80年代の東京も観てて面白かった。 (RED DANCER)[投票]
★3やはり笠智衆とカメラマンの厚田氏の独白が印象に残る。芸術を創ることに参加出来た喜びが、小津へのオマージュと共に彼らの人生の一部となり、言葉にほとばしり出てる。結局、小津の作家世界の、歯車に過ぎなかったんだけどなあ。 (セント)[投票]
★3小津安二郎は数少ない日本の誇りなのだ。 (buzz)[投票]
★2ヴェンダース氏は、小津監督の墓碑銘の「無」をはき違えているとみた。 [review] (くたー)[投票(6)]
★2人の内面を撮り続けた小津映画と東京の表層風景の変化を比較することに意味がないことに疑問を持たずヴェンダースは延々とカメラを回し続ける。 [review] (AKINDO)[投票(2)]
★2“無”の一文字。それはまさに、ヴェンダースの仮想空間としての「東京画」にこそ与えられるべき言葉だろう。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
Ratings
5点6人******
4点26人**************************
3点28人****************************
2点9人*********
1点1人*
70人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
鎌倉×映画 (minoru)[投票(5)]私撰・独逸映画十傑 (Yasu)[投票(5)]
ドキュメンタリー、100通りの真実を映す鏡 (Yasu)[投票(4)]極私的傑作(仮題)。 ()[投票(3)]
こんなヘンだよ日本人 (Yasu)[投票]DVDコレクション (kame001)[投票]
小津安二郎へのオマージュ (熱田海之)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「東京画」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Tokyo-Ga」[Google|Yahoo!]