コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 凶気の桜(2002/日)
- 更新順 (1/1) -

★2「好き嫌いはっきりさせるのが大人だろう」という科白にはグッときた。はっきりさせる処に何の閃きもないのはタイトルを見れば直ぐに判るが。 [review] (寒山)[投票(1)]
★4序盤は、窪塚ワールド全開のトンデモ映画っぽくてちょっと「何だかなあ」という感じでしたが、ストーリー展開が進むに連れ凄く面白くなってきましたね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3暴力で片をつけようとするものは必ず暴力で仕返しを受ける、もっとイデオロギーを磨きなさい、だって。 (KEI)[投票]
★3ナショナリズムの装いを借りた青春映画 [review] (leiqunni)[投票(1)]
★3話しの展開が古典的悪ガキ物語の域を一歩も出ないのは、それが反逆物語の普遍的定番だと割り切ってみたところで、やはり若者達に「今」を感じさせる切なさと切迫感が見当たらず、新味さが上っ面の楽曲とファッションだけでは誰からも共感を得ないだろう。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★02002年に「〜〜てことでヨロシク」とか言われてもね・・・。 (これで最後)[投票]
★3キングギドラが獰猛なリリックを叩き込む。悪そうな奴は大体友達の法則から推察するに、出演者全員ZEEBRAの友達。 (白羽の矢)[投票]
★4日本人という誇りを [review] (Sungoo)[投票]
★5これだけ暴力シーンばっかりなのに見事に反暴力映画になっている。わざとに軽い映像は見てほしい観客層に向けての確信犯的行為でしょう。間抜けかつ気持ちの悪い右傾ラップも逆説的に効果的。プチナショナリストにつきつけた本気のドス。脱帽。 [review] (ロープブレーク)[投票(3)]
★4同じ窪塚出演のGOよりも実は・・・。 [review] (TW200改)[投票]
★3映画館、エンドロールの途中で立ち上がる客がキライだった。このトキばかりは笑ってザマーミロ!!! (あちこ)[投票]
★2詰まらないし、こんな人たちとはお近づきになりたくないですね。窪塚洋介が一人だけ頭おかしく見える作品。江口洋介の方が全然格好良いし、得してる。キングギドラの主題歌も鬱陶しい。['04.12.14VIDEO] (直人)[投票(3)]
★4かつて、私の顔にも、「思想」と書かれていたが、今では、「思想なんて糞食らえ!」と書いてある。 (Soul Driver)[投票]
★2何がイヤって、「地で演じてます」って言いたげな窪塚洋介の演技。彼のこの自意識こそが彼に失敗をもたらしたと私は確信する。 (はっぴぃ・まにあ)[投票(1)]
★3キレてる窪塚、新人監督、キングギドラの笑っちゃう音楽などに隠されてるが、 プロデューサーと脚本が東映の松田優作映画を放ってたコンビだとわかり、なるほどね、と思うような映画。(04.02.22) [review] (しど)[投票(1)]
★2同世代の男たちよりも広い世界を知っていると勘違いし、実は非常に狭い世界で生きている男たちの、ちょっと可愛そうなお話。 [review] (づん)[投票(2)]
★4言いたいことは良く分からなかったけど、なんかこう、バーッていう勢いは感じた。もう少し僕が若かったら、素直に「窪塚、かっけー」って言えんのかな・・・。 (IN4MATION)[投票]
★3気分はすごく分かるんだけどね・・・。日常的に、そんな気分になったりすることもないわけじゃないけどね・・・。でも、演出と撮影と編集が、もう最低。ぜんぜん恐くないし、ギャグにもなってないし。『アメリカン・ヒストリーX』や『処刑人』は恐かったし面白かったもん・・・。でも最後に原田の葬式に殴り込みにいくとき高橋に見せる窪塚の表情は、天才だと思ったけど。 (エピキュリアン)[投票]
★2窪塚洋介・・・食わず嫌いは良くないと思って、折があればチャレンジはしてるんだけど・・・やっぱ、まっっったく魅力がわからん。ただの大根じゃないのか?ピンポンやGOの彼とどこが違うんだ〜!? (あさのしんじ)[投票]
★1「強さ」にしか共感出来ない少年ジャンプ世代の徒花。そして”リスペクト”って言葉をパクリの免罪符に使う自称ファッションリーダーのおバカさん達が作った21世紀最低最悪の作品である。 [review] (町田)[投票(4)]
★5僕は全然アリです、この映画。窪塚君の勢いも感じられるし。 (takasi)[投票]
★2原作を読んで、主人公の思いに共感したのはいいにしても、(山口って俺のことなのか?)なんて語っちゃう窪塚洋介に、冷やかな思いを抱いた。 [review] (わわ)[投票(1)]
★2青臭いガキの暴力を正当化するために「ナショナリスト」なんて言葉があるわけではない。 (オメガ)[投票]
★1くわぁ〜っ、かゆい! [review] (billy-ze-kick)[投票]
★4「窪塚洋介」の「バイオレンス」。僕が高得点をつける弱点をちょうど突いているからこの点数なわけじゃないです。多分。 [review] (Myurakz)[投票(2)]
★1まずヒップホップが嫌い。劇場は高校生でいっぱいだったが、歩き回るし、携帯でしゃべるし、大体トージョーなんて知ってるのか?製作者サイドは結局この映画で何がやりたかったのか?伝えたい対象には伝わらないと思うがね。 (ロボトミー)[投票]
★3ヒロインの日本という国は好きだけど今の日本人は嫌いという言葉が主旨なのだろうと思う。 見たくない(或いはそう感じてしまった)人は見るべきでは無いと思う。 (正岡)[投票]
★2薄気味悪い映画 [review] (マーヴィン)[投票(1)]
★3結局ただのそこらのアホな不良と同じジャン・・・ 2002年10月19日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票]
★1寒い、そして頭が悪い。映画を撮るならもう少し勉強してからにして欲しい。「軟派」を何語とのたまう国粋主義者。ギャグ?でなければシナリオ書くときぐらい辞書引けよ。程度のレベル。 [review] (某社映画部)[投票(1)]
★2原作者のヒキタクニオによると,この映画に賛否はあるだろうが,共鳴した人も拒絶した人もその理由を考えて欲しいという。ならば・・・ [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3原田芳雄江口洋介はなかなか曲者ですね。本田博太郎は、いい役もらえましたね。高橋マリ子は、ほんとにキレイですね。途中から、東映ヤクザ映画ちっくになってたけど、窪塚くんは松田優作を目指してるのかな? (ぱちーの)[投票]
★1あれほど形通りの「きれいな」右翼が現代日本に存在するとは思えないし、美貌の娘がメンバーに心を合わせてくれるとも思えない。作者はロマンチストの左翼か、それとも本当にどうしようもない馬鹿右翼かのどっちかだ。 [review] (水那岐)[投票(1)]