コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ベイビー・ドライバー(2017/米)
- 更新順 (1/1) -

★4踊るように華麗に追っ手をかわす!そして逃げる!逃げる! [review] (てれぐのしす)[投票(1)]
★4イヤフォーンの映画。むろん定義次第ではあるが、確かにこれがミュージカルでもあるならば、この映画のミュージカル的特質とは「画面内に音源を持つ現実音だが、観客と主人公にのみ聴こえる」音楽の在り方だろう。私たちとアンセル・エルゴートは「私と彼だけの音楽」を介して共犯的に親密な関係を結ぶ。 [review] (3819695)[投票(4)]
★4なかなか音楽にこだわった映画。選曲も懐かしい曲満載。それよりも気になったのがジョン・ハムだったのは驚いた。 [review] (プロキオン14)[投票(3)]
★4物足りない点や瑕疵がないわけではないが、すでにして後年カルトムービーとして称揚される様子が想像できるようなキュートな逸品。2010年代の『ストリート・オブ・ファイヤー』であり『トゥルー・ロマンス』。 (MSRkb)[投票]
★5冒頭でガッチリと掴まれ、後は各種アイデアと多くの引用にニヤニヤする。あえての抑制にも。 [review] (HAL9000)[投票(4)]
★4こういうジャンルは初めてだ。カーチェイスとミュージカルの見事なコラボ!ノリノリでテンション上げ上げ! [review] (deenity)[投票(1)]
★3決行前夜のダイナーでの一幕は会話が自走しキャラ背景を照射するタランティーノ的な醍醐味だが見どころはそこだけ。ジャンルムービーの表層を寄せ集めたお子チャマ向きの玩具映画。エクストリームに振れない八方美人な作劇では本当の何かは伝わらない。 (けにろん)[投票]
★4エンディングは犯罪映画として、ちょっとこんなことでいいのか?と考えてしまうのだが、いや、中盤から終盤にかけて、もう『トゥルー・ロマンス』の域に近づくかと思った。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3音は大いに楽しめた。音楽は知らないのもあったのでうーん。映画全体としては楽しかったけど、そもそも今どき強盗を生業としている人のお話はうーんうーん。ノレナカッタナア...。 (K-Flex)[投票]
★4なんとなく『キングスマン』を彷彿させるかわいい映画だった。製作がワーキングタイトルというのも納得。 (月魚)[投票]
★3郵便局のおばはんとドリー・パートンで盛り上がったら気分いいよなあ。 (黒魔羅)[投票]