コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] シンシナティ・キッド(1965/米)
- 更新順 (1/1) -

★3マックイーンがシューターの奥さんに誘われるシーンは2回。最初はキスをしながらお尻ペンペンしてバイバイするんだけど、2回目はベッドにもぐり込む。2回目で陥落となるわけだけど、奥さん、マックイーンの乳首をいじってる。60年代の演出に脱帽。 (ALOHA)[投票]
★3好演ながらロビンソンの引き立て役となったマックィーンにはまさに年季が足りなかった感が残るが、役どころを心得た潤滑油マルデン、悪女マーグレットと妖精ウェルドの競艶、終盤のスパイスブロンデルなど役者の妙が冴える好篇。 [review] (ナム太郎)[投票]
★4いい役者がそれぞれまさに適役で、息が合ったいい演技でした。期待以上のなかなかの傑作。 (KEI)[投票]
★3今年の負けを取り戻そうと、残りの有り金全て注ぎ込んだ有馬記念のゴール直前、自分の軸馬が本命馬にあっさりかわされた時は、あのマックィーンの様な顔になります。 (カレルレン)[投票]
★3あの黒人少年はストーカーかよ (TOMIMORI)[投票]
★4これだけエピソードなんかを省略しても物語は描けてしまうんだなあと感心。なにしろほとんどゲームのシーン。キッドなんて男のこと、事前情報は知るよしもないし、作品で彼の出自が紹介されることはない。ただ博打をしているだけなのにありありとそこにいる。 (おーい粗茶)[投票]
★3ヤマ場のゲームの間に起こる色恋沙汰や恐喝や友人とのいさかいがドラマの盛り上げに全く寄与していないあたり、拙劣というしかない。それでも役者の味で楽しむことは十分に可能で、スティーヴ・マックィーンの格好良さやエドワード・G・ロビンソンの凄みは今なお褪せず。 (ジェリー)[投票]
★4はたから見れば、青臭いほどの自分の力への過信と思い込み。それを「自信」だと思いたくても思えない我々から見れば、堂々と「自信」にあふれるマックィーンは、まぎれもないスターだ。 (シーチキン)[投票]
★4大人をなめてはいけない、ということを僕はこの映画で学んだ。 [review] (ハム)[投票]
★3闘鶏場でのアン・マーガレットの目つきがエロい。 (黒魔羅)[投票]
★4「役者が一枚上手」。まさにこの言葉どおりの関係性。負けても彼なら仕方ないね。挫折を繰り返してオトナに近づく。そしてそれは死ぬまで続く。「まだまだ子供」と諭されて、それを自分で納得できればひとつの目標が出来るわけだ。落とされた後のこの清清しさにはそうは出会えない。 (tkcrows)[投票(2)]
★4この作品はマックイーンよりも、脇のエドワード・G・ロビンソンに目が釘付けになってしまった。よくよく見ると凄い役者だよ、この人は。 (takud-osaka)[投票]
★4キッド(S・マックィーン)に夢と欲を託しつつ、手のひらを返すように振舞う人々。勝負師として背負わなければならない孤独の重さに初めて気付いたこの時から、彼の本当の人生は始まるのだ。ノーマン・ジェイソンのメリハリの利いた画作りが好きだ。 (ぽんしゅう)[投票]
★3ギャンブルは嫌いじゃないけど、ここまでは無理。恋愛に偏りがあって、全体の構成がぶれてたんじゃないですかね。 [review] (chokobo)[投票]
★4あー、なんて不健康な映画なんだろ。 [review] (24)[投票]
★4テリー・サザーンはこんな脚本も書いているのか、と思うと唸ってしまうのだが... [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3見終わった後は爽快感とは全く逆のまるで週末競馬で負けた時と同じ気分になった。 (TO−Y)[投票]
★5緊迫した表情のやり取りがたまらなくスリリング!ニヤリ、はたまた、チッ!期待通り、期待はずれ、勝利の女神に愛されたい、生き残りを賭けて挑む勝負の行方が鮮やかに捕らわれているので、緊張感に押し潰されそうになる。熱くなる姿はかなりGood!だよ。 (かっきー)[投票]
★5この映画と大脱走を知らない男子中学生は皆無だった(70年代)。マックィーンはもちろんあこがれたが、E・G・ロビンソンに背伸び盛りの少年たちは越えられない大人の壁を見た。 (べーたん)[投票(5)]
★3レイ・チャールズの主題歌がハード・ブルースみたいでカッコいい。 [review] (きいす)[投票(2)]
★4ツキは女かギャンブルかどちらか一方で、両方にはないという。 [review] (ミルテ)[投票(1)]
★4この映画を観た時、ポケットからくしゃくしゃになった金を何気に出すのがすごくかっこよく見えた。 (大魔人)[投票]
★3いまいち緊張感が伝わらず。『ラウンダーズ』のほうが俺は好き。 (shaw)[投票]
★3マックイーンは何やってもカッコイイ。 (りゅうじん)[投票]
★4何だカンダといいながら、こういう一生懸命さに惚れる女にめぐり逢いたい。 (ヒエロ)[投票]
★3粋な男を演じ続けたマックィーンのギャンブラー役の映画。ポーカーのシーンで、確率表を参考にする男の姿が結構笑える。 (しど)[投票]
★3これでは救いが無さ過ぎる。 (丹下左膳)[投票]
★4手に汗握る白熱のスタッド・ポーカー。この頃のマックイーン主演作はどれも面白い。 (ゆっち)[投票]