コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003/米=独)
- 更新順 (1/1) -

★3邪念自体は、ひとつの人間性である。問われるのは、その顕現の方法、つまり品性である。 [review] (disjunctive)[投票]
★320ドルじゃ無理だって。 (黒魔羅)[投票]
★4オンボロ車、カウボーイハット。う〜ん、テキサス!82/100 (たろ)[投票]
★3こうした作品は良し悪し。 [review] (neo_logic)[投票]
★3面白いので観てる分には飽きない。考えさせられるかというと微妙なところ。 (赤い戦車)[投票]
★5何と言いますか、思想系アクションというジャンルの映画。出だしのスピード感といい妙に記憶に残る作品。 (CROZY)[投票]
★4コメントを書くとネタバレになってしまう・・・。ケビンスペイシーは安心して見れますね。 (NAO)[投票]
★3素材:松坂牛、だし:秘伝の昆布だし、ご飯:新潟産コシヒカリ、で、出てきた料理のお味は、??? みたいな映画。よくわからんけど最後まで見てしまったので3点。 (代参の男)[投票]
★4これぞまさに真の・・・。(か)んがえさせられる微妙な結末ながら個人的には許容範囲。死刑反対リベラル派である主人公達の(苦)悩がイマイチ伝わらなかったのはサスペンス構築にも気を配ったせいもあるが、見据えるべき(真)理はたった一つな筈。生(半)可な洞察ではゲイルとの距離は一向に硝子を隔てる事になる…。 (クワドラAS)[投票(1)]
★2なんか嫌い、アラン・パーカーっていつもストーリーを最後いかにショッキングに演出するかってだけで中身がナイ感じ、もしメッセージとかがあってもバカバカしく感じてしまいます。 (かと〜)[投票]
★3それにしても→ [review] (ぐるぐる)[投票]
★3死刑囚を題材に映画を撮るのは容易い事ではない。3.0点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★2これってそもそも・・・ [review] (ヒラタデン)[投票(1)]
★5なぜ?なぜ?何故?が解決される時。。。。 [review] (NOB)[投票]
★4レンタルビデオ店でパッケージが並んでいても、なかなか手が伸びそうにないような地味な空気はどこから生まれてるのかな? 全然、想像してたより楽しかったです☆ それにしても、ローラ・リニーはいろんな映画でよく脱いでるなぁ。 (ぱちーの)[投票]
★3「死刑」という極めて重い問題に手をつけているものの、パーカーの持ち前の演出力でエンタテインメントとしても楽しめるようになっている。しかし、この映画で使用される問題提起の方法にはかなり疑問を感じた。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(2)]
★3やっぱりアラン・パーカー。社会派ネタっぽいけど、ただの娯楽映画。 [review] (とっつぁん)[投票(3)]
★4[ネタバレ?(Y3:N2)] 終盤で明らかになるコンスタンスの死の真相の映像はかなり衝撃的だった。 [review] (わっこ)[投票(3)]
★4少なからずショックを受けた。一見の価値あり [review] (TOMIMORI)[投票(1)]
★2無駄なシーンがすごく多くて、中盤が間延びしまくってます。おまけに結末も嫌い。 そもそも自分自身、死刑賛成派ですからね。。。 (makoto7774)[投票]
★3思想的な部分は排除して、純然たる一級ドラマとして見るべき。それに堪えうる出来であるが、それがこの映画のやりたかった事として成功なのか失敗なのかワカラン。 (LUNA)[投票]
★3笑うシーンじゃないのに、ケイト・ウィンスレット のたくましい走り方に思わず・・・ (勝 改蔵)[投票(1)]
★4何かこう…熱いものを感じた。 (リア)[投票(1)]
★2どうしよう。全然わからなかった。 [review] (tomomi)[投票(1)]
★3クライム物と謂えばやっぱり・・・ケビン・スペイシーだよね・・・。 (RED DANCER)[投票]
★1ラストがこうなるなら全ては台無し。そこには感動の欠片もなくただ後味の悪さが残るのみ。ただのサスペンス狙いならば許せる展開だが、テーマがテーマだけにもう少し落とし処があったろうに。 (Lacan,J)[投票]
★1あらゆる意味でオナニー(自己陶酔)映画。 [review] (billy-ze-kick)[投票]
★1人騒がせな作品。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(3)]
★3意図が掴めない。 [review] (marina)[投票(1)]
★4ショッキングな内容ではあるけど、ケビン・スペイシーが主役なら、もっとすごいことが起こっても良かった気がする。後味が良すぎるなあ。 (MM)[投票]
★5「うおぉ!ケイト・ウィンスレットが美しい!」が、最初の感想。最後の感想は・・・。 [review] (プロキオン14)[投票(4)]
★5★4にする筈だったのに、気付いたら★5に……。後から何とも言えず愛しさが湧き上がってくる [review] (ミュージカラー★梨音令嬢)[投票(4)]
★4良くも悪くもアラン・パーカーの映画 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★3アラン・パーカーならもっとイケたんではなかろうか、と思うと物足りない。 [review] (ざいあす)[投票]
★4死刑制度の是非についての話かと思いながら観ていましたが…。私には、違うように思えましたね。三者三様だけど、それぞれの意地と理想と狂信とが入り混じった生き方を見せてもらいました。(03.7.30) (ばうむ)[投票(1)]
★3結末が分かったからダメ (kenichi)[投票]
★3どうも中途半端なんだが別に嫌いじゃない。特にKWの演技なんか猛烈に印象的。 (ドド)[投票]
★4逮捕される役こそケビン・スペイシーの真骨頂!彼の逮捕暦を知っている方は、こちらもどうぞ→ [review] (verbal)[投票]
★3一直線とはいい難い構成がメッセージを曖昧にしている。分り易くした方がメッセージは伝わったのでは? ヒューマンドラマが途中からサスペンスになってしまった感有り。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(2)]
★4コメントが書きづらい映画。すべてネタバレなりそう。この映画は死刑の是非を問うたものでないのは確か。逆にそれを題材に娯楽映画にしてしまったところがスゴイ。これはまぎれもない一級のエンターテインメントだ。まさにそれだから私は唖然としている。 (セント)[投票(2)]