コメンテータ
ランキング
HELP

もがみがわさんのコメント: 点数順

★5ムーラン・ルージュ(2001/豪=米)悲恋物語で売ろうとしているCMもデザインセンス皆無のポスターもきっぱり間違っていると思う。 [review][投票(4)]
★5ツィゴイネルワイゼン(1980/日)大谷直子が死人の骨の色を「桜の花びらのような」って言う、その台詞だけでもう脚本に★5つ。他にももっといっぱい好きなシーンがあるはずのに思い出すのはこんにゃくをちぎる大谷直子なのは何故? 大谷直子って別に好きじゃないのに…[投票(2)]
★5狂い咲きサンダーロード(1980/日)初めて観たとき若かったので泣きました。 [review][投票(2)]
★5マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)なんていうエネルギーに満ちた映画! 戦闘にサウンドエフェクト要員を連れていくセンスがもう大好き。私は『アベンジャーズ2』と『ターミネーター・ジェネシス』と『ジュラシック・ワールド』の代わりにあと3回観る。 [review][投票(1)]
★5ベルリン・天使の詩(1987/独=仏)オープニングの図書館のシーンだけで5点。大好き。[投票(1)]
★5悪童日記(2013/独=ハンガリー)原作ファンとして、この映画に、私は満足しました。双子の造形も、流れている雰囲気も。続編を期待します。[投票]
★5ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014/米)冒頭の10ccと最後のジャクソン5に☆ひとつずつ。グレン・クローズベニチオ・デル・トロが出てるのは、劇場に行くまで知りませんでした。続編のベニチオ様の活躍が今から楽しみです。[投票]
★5デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー(1986/米)大好きで何度も観たいという理由で初めてビデオを購入した映画。字幕もついてない輸入版で2万円はしなかったけど…ってくらいの値段だった。[投票]
★4地獄の黙示録(1979/米)私が見たのは1979年のコッポラも同席した特別プレミアショーだったのだが→ [review][投票(11)]
★4フラガール(2006/日)誰もいないところで見たら、すすり上げて泣いちゃったと思う。しずちゃんと松雪泰子ばかりがパブリシティしているけれど、蒼井優ちゃんの映画。 [review][投票(4)]
★4アザーズ(2001/米=仏=スペイン)このキッドマンはまさしく女優でありました。マレーネ・ディートリッヒグレース・ケリーカトリーヌ・ドヌーブイングリッド・バーグマンと彼女が同列に並びましたです。 [review][投票(4)]
★4下妻物語(2004/日)桃子の気持ちはよくわかる。 [review][投票(3)]
★4爆裂都市 Burst City(1982/日)エキストラしに川口の工場跡に行きました。楽しかったので4点。音楽も好き。それ以上は語らない。 [review][投票(3)]
★4ラ・ラ・ランド(2016/米)泣くと思わなかった。あれは切ないよね。私と趣味は全然違う(趣味がいいと思えない)が、でも、映画も音楽も大好きな監督が撮った映画だという点に好感を持ちましたよ(偉そう)。[投票(2)]
★4この世界の片隅に(2016/日)思い出すとただただ涙がはらはら流れます。能年玲奈を何とかしてあげる大人が現れますように。[投票(2)]
★4ヘイトフル・エイト(2015/米)ジェニファー・ジェイソン・リーの笑い顔を夢に見そう。 [review][投票(2)]
★4イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)日本の配給会社が作った「泣けるミステリー」なんていう安っぽいキャッチフレーズに騙されてはいけません。そんな安い映画ではないです。全然ミステリーじゃないし。 [review][投票(2)]
★4実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(2007/日)今を壊した先にあるものが見えなくても、とにかく壊したい衝動を抑えられないことが若さなら、 現在の日本において「若い」という言葉はすでに死語かもしれない。というようなことを考えました。 [投票(2)]
★4インターステラー(2014/米)ネタバレなしにあらすじが書けないタイプの映画。ほぼ予備知識なしに観たのは正解。IMAXで観たのも正解。『ゼロ・グラビティ』が思考を止めさせて一気に押し切る宇宙映画なら、3時間考えながら観る映画でした。3時間飽きなかったのはさすがノーラン[投票(2)]
★4さくらん(2007/日)好きか嫌いかで言ったら好き。土屋アンナはとてもきれいでした。陳腐なストーリーなのにうっかり泣いちゃったし。 [review][投票(2)]