コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019/)

Once Upon a Time... in Hollywood

[Drama/Comedy]
製作総指揮ジョージア・カカンデス / ユー・トン / ジェフリー・チュン
製作デヴィッド・ヘイマン / シャノン・マッキントッシュ / クエンティン・タランティーノ
監督クエンティン・タランティーノ
脚本クエンティン・タランティーノ
撮影ロバート・リチャードソン
美術バーバラ・リング
衣装アリアンヌ・フィリップス
出演レオナルド・ディカプリオ / ブラッド・ピット / マーゴット・ロビー / エミール・ハーシュ / マーガレット・クアリー / ティモシー・オリファント / ジュリア・バターズ / オースティン・バトラー / ダコタ・ファニング / ブルース・ダーン / マイク・モー / ルーク・ペリー / ダミアン・ルイス / アル・パチーノ / ニコラス・ハモンド / サマンサ・ロビンソン / カート・ラッセル / ゾーイ・ベル / マイケル・マドセン
あらすじクエンティン・タランティーノ監督9作目。1969年ハリウッドの情景をある事件を背景に描く。1950年代TV西部劇シリーズで人気を博したリック・ダルトンレオナルド・ディカプリオとその専属スタントマンのクリフ・ブースブラッド・ピットも今や落ち目でリックには悪役しか回ってこない。自らの不遇を嘆き情緒不安定なリックを慰めるクリフ。そんな時にリックのハリウッド高級住宅の隣に、今をときめくポランスキー監督とその新妻シャロン・テートマーゴット・ロビーが越してくるのだが・・・(161分) [more] (シーチキン)[投票]
Comments
全18 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5冒頭近くのインタビューシーン。西部劇のセット。酒場かなんかの前の通路で、俳優・レオナルド・ディカプリオと、そのスタントダブルであるブラッド・ピットがインタビューされる設定なのだが、まず、この場面に違和感を覚える。 [review] (ゑぎ)[投票(7)]
★5たかが映画(嘘)、されど映画(嘘)。虚構への信頼と、虚構の限界。紛れも無い稀代の嘘つきらしい作品だが、タランティーノ先生も、今回は随分センチメンタル。年取ったのかな。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★5タラトーーク! 映画大好き監督 夏の2時間40分スペシャル! [review] (週一本)[投票(2)]
★5のびのびやってるタランティーノという感じで、ともすれば散漫になりそうな内容を巧みにまとめていて、長尺も退屈せず楽しめた。ネタバレを恐れて「シャロン・テート事件」についてろくに調べずに観たのだけど、やっぱり調べておいたほうが良かったみたい。 ()[投票]
★5最初3をつけたんだけど、なんだかじわじわ面白くなって4にして、やっぱり5にしました。最初のツボはアル・パチーノ。そして、あんなふうな結末になるなんて! [review] (もがみがわ)[投票]
★4レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットという豪華二大スター競演で、まさに「こういう二人が見たかった」という映画に仕上げたタランティーノは、映画ファンを代表する映画監督と言ってもいいと思う。 [review] (シーチキン)[投票(7)]
★4タランティーノによる、ハリウッドの夢継承のための、ハリウッド的勧善懲悪による、ハリウッド史の善意の改ざん。居場所をなくした影武者クリフ(ブラッド・ピット)は最後に用意された花道で、与えられた役割どうり、あのときの“終幕”を力ずくで引き直す。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4ええっ!? [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4マンソンファミリーといういささか国内向けの危ない作品を撮ったなぁと思えば、意外にしっかりしたエンタメ。ストーリーは知らない方が妙にハラハラする。そして、ラストである事に気付く。88/100 [review] (たろ)[投票(4)]
★4豊穣なぐだ語りに充ちた切なるパラレルワールドだが、ロマンティシズムは概ねブラピに仮託される。陽光下の屋根上での一服が醸す知足の刻に差し込む不穏と顕現する廃牧場での顛末。その消炭めく風情の下の狂気。知らんぷりでデイカプーも本分を全う。 (けにろん)[投票(3)]
★4[ネタバレ?(Y3:N4)] 芯のないお話の傍流を濃密な演出(頻出する歩行する脚のカットや馬の疾走、車で街を流す画やクレーンショットの数々。映画が盛り上がる)で描き、演技論を語る少女(2回あるアップの美しさ!)やヒッチハイカーとの会話など何気ない場面も飽きさせない。今回はアルトマンの流儀できたかと思わせる。忘れた頃に出てくる火炎放射器に爆笑。 (赤い戦車)[投票(3)]
★4こう言っては失礼だが、意外とまともに丁寧にオーソドックスに作った映画です。いつもの粗さもほとんど見られず、いい意味でタランティーノらしくないね。 [review] (セント)[投票(2)]
★4最大級の侮辱。 [review] (24)[投票(1)]
★4いつもながら、冗舌なお喋りに長時間付き合わされた感。愉しく一時を過ごしたんだけど、後には何も残らない。この隙のない冗長さみたいなものがお喋りの楽しさ・魅力かな。 [review] (G31)[投票(1)]
★4何にせよブラッド・ピットが格好よかった。それだけでも見応えあり。 (K-Flex)[投票]
★4いつの時代も忌まわしいのは、己の負を省みることを知らず、他者へ刃を向ける者たち。 [review] (kiona)[投票]
★4入れ子構造のバディもの。1969年タランティーノは7歳。私19歳 [review] (ぱーこ)[投票]
★3ダルトン兄弟はねえだろ。 (黒魔羅)[投票]
Ratings
5点11人***********
4点20人********************
3点9人*********
2点0人
1点1人*
41人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Once Upon a Time... in Hollywood」[Google|Yahoo!]