コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ドライブ・マイ・カー (2021/)

[Drama]
製作山本晃久
監督濱口竜介
脚本濱口竜介 / 大江崇允
原作村上春樹
撮影四宮秀俊
音楽石橋英子
出演西島秀俊 / 三浦透子 / 霧島れいか / パク・ユリム / ジン・デヨン / ソニア・ユアン / アン・フィテ / ペリー・ディソン / 安部聡子 / 岡田将生
あらすじ結婚20年、舞台俳優で演出家の家福(西島秀俊)と妻で脚本家の音(霧島れいか)は、互いに深く愛し合い充実した生活を送っていた。にもかかわらず家福は、妻が他の男と関係を重ねている事実を知ってしまう。そして“何故なのか”という謎を残したまま妻は急死する。2年後。15年乗り続ける愛車で、演劇祭の「多言語劇」を演出するために広島を訪れた家福は、主催運営者によってなかば強制的に、若い女性ドライバーみさき(三浦透子)をあてがわれる。さらに、集まった国籍も言語も年齢も異なる俳優たちのなかに、かつて妻と関係のあった若手俳優の高槻(岡田将生)がいた。原作は村上春樹の短編集。カンヌ国際映画祭脚本賞受賞 (179分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4三浦透子はスカーフェイス。ゴミ処理施設のシーン、原爆ドームから平和公園を結ぶ線の延長にあるという、施設の吹き抜けを歩いた後、海の見える階段の俯瞰カットが繋がれる。こゝで西島秀俊が、ライターを投げ、三浦が受ける、という演出がある。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4逝った者への蟠りを融和する旅路は秘められたことを詳らかにすることでは更なる隘路に踏み込んでしまうだけだ。寝物語の結末が語られる長い車中こそ反映画に委ねた全篇の佳境だが混沌は弥増す。他者とのシンクロニシティこそがそれを解消する。出会いの物語。 (けにろん)[投票(1)]
★4感情によって人の行動と言葉が規定され、その言葉と行動によって人の感情が縛られる。ならば「感情」と「行動」と「言葉」を解体することで、妻との距離を見失った家福(西島秀俊)と、自分の存在を消去したみさき(三浦透子)の再生を物語たる、という試み。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★43時間の長尺をじっくりチェーホフで仕上げる芸達者な粋な映画です。原作は読んでいないが、村上とチェーホフがせめぎあっている感じで、最近の日本映画では類を見ない純文学映画(?)を呈していてなかなかイケる。 [review] (セント)[投票]
★3福音を待ちながら。文学的には面白いけど、映画的にはちょっと鼻につく。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3あまりのめり込めなかったのは演劇に興味がないからではない。チェーホフや村上春樹に馴染みがないからでもない。いわゆる感覚、フィーリングの問題。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点8人********
3点3人***
2点1人*
1点0人
13人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「ドライブ・マイ・カー」[Google|Yahoo!(J)|goo]