コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015/)

Mad Max: Fury Road

[Action]
製作ダグ・ミッチェル / ジョージ・ミラー / P・J・ヴォーテン
監督ジョージ・ミラー
脚本ジョージ・ミラー / ブレンダン・マッカーシー / ニコ・ラソウリス
撮影ジョン・シール
美術コリン・ギブソン
音楽ジャンキーXL
衣装ジェニー・ビーヴァン
出演トム・ハーディ / シャーリーズ・セロン / ニコラス・ホルト / ヒュー・キース・バーン / ロージー・ハンティントン・ホワイトリー / ライリー・キーオ / ゾーイ・クラヴィッツ / アビー・リー / コートニー・イートン / ジョシュ・ヘルマン / ネイサン・ジョーンズ
あらすじ資源が枯渇し、至る所が砂漠化した世界を、本能のままにさすらう元警官のマックス(トム・ハーディ)は、ある日「ウォーボーイズ」と呼ばれる武装集団に捕らえられる。それは、水を独占し、V8エンジンと自らへの崇拝を強要するイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)に仕える狂信者たちだった。放射線障害のため短命な彼らの「輸血袋」として利用されていたマックスだったが、ジョー配下のフュリオサ(シャーリーズ・セロン)の、ジョーの「ワイブス(子産み女)」たちを連れた逃亡に端を発する混乱の中で脱出に成功する。彼は成り行きからフュリオサやワイブスとともに「緑の地」を目指す。しかしジョーは配下を引き連れて執拗に彼女たちを追うのだった。 (イリューダ)[投票(1)]
Comments
全40 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5美しく崇高な映画。(レビューはラストシーンをはじめとして語りまくりネタバレ宝庫。ご注意を) [review] (月魚)[投票(8)]
★5Fury Road往復してきました、2回目。『Mad Max : Fury Road』凄いことになってます。何というか飛ばされます、あの世界に、あの砂漠に。そしてなかなか戻ってこれない。もう一往復してこようかなぁ、Fury Road。 [review] (mermo72)[投票(7)]
★5この映画に「主役」というものがあるとしたら、それは「ウォータンク」ではないだろうか。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★5マッドマックスここに完結。 [review] (たわば)[投票(3)]
★530年前から残されていたかさぶたは、強引にめくり剥がされるどころか、きれいに完治された。 [review] (週一本)[投票(2)]
★5爆音、轟音、疾走、銃撃。2時間の上映時間をほぼ埋め尽くすテンションの高い映像に圧倒された。全般的に説明不足気味のまますっ飛ばして行ってしまうのだが、そこがまたいい。是非とも劇場で観たい映画。 (サイモン64)[投票(2)]
★5悪の造形美が半端ではなく、その代表がイモータン・ジョーだ。爆発したロン毛に首筋から横切るザクのような酸素パイプに装着するスカル風のフェイスマスクが凄まじい存在感。バットマンのベインが小さい小物に見える [review] (ギスジ)[投票(2)]
★5まだまだ何度も観たい [review] (HAL9000)[投票(1)]
★5前シリーズの世代なんですが、これと「ダイハード」シリーズはほとんどスルーしていて。だから今作が初マッド。比較ではなく、この1本として満点をあげたい。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★5なんていうエネルギーに満ちた映画! 戦闘にサウンドエフェクト要員を連れていくセンスがもう大好き。私は『アベンジャーズ2』と『ターミネーター・ジェネシス』と『ジュラシック・ワールド』の代わりにあと3回観る。 [review] (もがみがわ)[投票(1)]
★4まずは思想や理屈をすっ飛ばし「デス・ロード」だけに大金と労力をつぎ込んだ潔さが素晴らしい。映画の原点にたち返ったように、行動と装置(衣装、乗り物、砦の失笑寸前の禍々しさ!)だけで、すべて語れると信じる切るアクション馬鹿ぶり。この純度の高さは貴重。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
★4まさかの女性映画。激しく誇張された造形どおりの暴力的男社会における負の象徴たる雌たちが、ただ人間として、女性として生きたいと願う。そんな痛切な思いがアクション映画の枠を越え心に響く。その主役たるセロンを前に今回はマックスも脇。 (ナム太郎)[投票(5)]
★4最初のトカゲ双頭じゃなかった? 荒事満載で文句言ったらバチが当たるような映画だが、「2」のタンクローリー運転志願のような「賢明ではない選択」をマックスがしないため、画面が最高に充実しても心に炎は燃えあがらず。 (ペンクロフ)[投票(4)]
★4美しい5人の妻(しかもお腹が…)という設定からして、如何わしい想像力を掻き立てられる、下衆の極み。下衆な世界にきっちり足を踏み入れようとする気概が今どき貴重だ。火を噴くギタリストはいかにも’80年代的センスで、全く意味がないのが嬉しい。 (緑雨)[投票(3)]
★4価値逆転の社会にあって、現代の価値を叫ぶ。これが映画の正しい作り方だ。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4友人とのアカデミー賞予想大会で完敗。主な理由は「賞レース向きじゃないっしょ〜」と本作を一部門も選ばなかったことである。リバイバル上映で鑑賞し猛省。本当にすみませんでした。 (カルヤ)[投票(1)]
★4スプレンディッドを投げ込まれ、キャデラックを転倒させるイモータン・ジョーがわたしにとっては痛切である。ウォーボーイの扱いからもわかるように、生物としての雄の哀しさを表現したい向きがあり、そこに敏感に反応する層への配慮も見られる。ところが [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4悪役を比較。 水にものを言わせるだけの小男ジョーに比べ、2のヒューマンガスはすごく変だけど、いっそどこか清々しいほどだw [review] (YO--CHAN)[投票(1)]
★3濡れた仔犬のようなハーディは孤高というより優柔不断な場当たりに見え「マッド」度はてんで低い。『サンダードーム』の拡張的ジョー王国は既視感拭えず、規格更新されたチェイスは馬鹿騒ぎ的な過剰さで修飾されただけだ。ここには新しいものは何も無い。 (けにろん)[投票(4)]
★3「今、ここを楽園にしろ!考えるな!走れ!戦え!死ね!生きろ!」というアジが臆面もなく炸裂する山場30分には流石に鼻血が出て、「何か」を呼び覚まされる。この原始的単純さは崇高であり、作り手の熱量には敬意を払うべき。面白いのは間違いないのだが、 [review] (DSCH)[投票(3)]
★3「種」の映画。一度リセットされた荒野で再び文明が禍々しく爆発する世界観。悪も善も無く、ただ「種」のサバイブのため、エンジンが唸る。車という人工物と、剥き出しの生命種(男も女もフリークスも、そして大切に運ばれる希望の植物種も)が絡み合い、石油と血液が煮えたぎる。肉体と金属、有機物と無機物の燃えかすが狼煙をあげる。圧倒されはしたが、いまいち乗れなかった自分が哀しい。石油勿体ねえとか思った自分が、哀しい。 (まー)[投票(3)]
★2激賞する友人に触発され、さあ乗るぞと勇んで鑑賞したもののイマイチ乗れなかった理由は [review] (ロープブレーク)[投票(3)]
Ratings
5点41人*****************************************
4点33人*********************************
3点9人*********
2点2人**
1点0人
85人平均 ★4.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「マッドマックス 怒りのデス・ロード」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mad Max: Fury Road」[Google|Yahoo!]