コメンテータ
ランキング
HELP

ジョージ・クルーニーの映画ファンのコメント

オーシャンズ12(2004/米=豪) トゥルー・ブルー(1989/米) アルゴ(2012/米) 迷い婚 すべての迷える女性たちへ(2005/米) シン・レッド・ライン(1998/米) シリアナ(2005/米) インソムニア(2002/米) オー・ブラザー!(2000/米) パーフェクト・ストーム(2000/米) ディボース・ショウ(2003/米) アウト・オブ・サイト(1998/米) ヤギと男と男と壁と(2009/米=英) スーパー・チューズデー 正義を売った日(2011/米) エデンより彼方に(2002/米=仏) グッドナイト&グッドラック(2005/日=仏=英=米) ウェルカム・トゥ・コリンウッド(2002/米) スリー・キングス(1999/米) オーシャンズ11(2001/米) トゥモローランド(2015/米) ラスト・ターゲット(2010/米) バーン・アフター・リーディング(2008/米=英=仏) ジャケット(2005/米=独) アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生(2007/米) 素晴らしき日(1996/米) インフォーマント!(2009/米) フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996/米) ソラリス(2002/米) クリミナル(2004/米) マイレージ、マイライフ(2009/米) FAIL SAFE 未知への飛行(2000/米) スキャナー・ダークリー(2006/米) ファンタスティック Mr.FOX(2009/米=英) スパイキッズ(2001/米) サバービコン 仮面を被った街(2017/米) ミケランジェロ・プロジェクト(2014/米) デス・ロード 染血(2007/米=英) ヘイル、シーザー!(2016/米) ピースメーカー(1997/米) フル・ティルト・ブギ メイキング・オブ・フロム・ダスク・ティル・ドーン(1997/米) マネーモンスター(2016/米) ロック・スター(2001/米) リターン・オブ・ザ・キラー・トマト(1988/米) フィクサー(2007/米) 8月の家族たち(2013/米) ゼロ・グラビティ(2013/米) ファミリー・ツリー(2011/米) かけひきは、恋のはじまり(2008/米=独) バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997/米) コンフェッション(2002/米=カナダ=独) オーシャンズ13(2007/米) スパイキッズ3−D:ゲームオーバー(2003/米) さらば、ベルリン(2006/米)が好きな人ファンを表示する

甘崎庵のコメント************

★3オーシャンズ12(2004/米=豪)内容はともかく、これだけのキャストを破格値で雇えるクルーニー&ソダーバーグの実力はよく分かりました。 [review][投票(4)]
★4アルゴ(2012/米)アカデミーは作品賞よりも監督賞をあげるべきだった。何故ノミネートさえしない? [review][投票(2)]
★3シリアナ(2005/米)設定は良いんだけど、その良さを生かし切れてなかったようです。一本一本の物語が短すぎ。 [review][投票]
★3インソムニア(2002/米)両耳から囁きかける二つの声…(結局ウダウダ考えた末、変に長いレビューになってしまいました)。 [review][投票(2)]
★2パーフェクト・ストーム(2000/米)一番大切な、この映画の心臓とも言える部分で思い切り外してくれたこの映画。この気持ち、どうしてくれる?ペーターゼン監督作品は好きなんだけど、これはいただけない。 [review][投票(6)]
★3ヤギと男と男と壁と(2009/米=英)戦争なんてつまらねえぜ。ニューエイジの歌を聴け。 [review][投票(1)]
★3エデンより彼方に(2002/米=仏)いわば、ハリウッドの回帰的作品ですね。 [review][投票]
★5グッドナイト&グッドラック(2005/日=仏=英=米)正義のために働くメディアは格好良いですが、実はそれはとっても皮肉な問題だと気付きました。 [review][投票(4)]
★3オーシャンズ11(2001/米)出演者全員、気持ち的に楽だったでしょうね。だってこれだけ周りが豪華だと、自分一人が責任感じなくて良いもん。 [review][投票(2)]
★2素晴らしき日(1996/米)「恋に生きる」悲壮感よりも仕事を優先するのも現代的なセンスってやつか? [review][投票]
★1フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996/米)好きなもの作ってるのは分かるけど、デスペラートで見せた、あの演出力はいずこに? [review][投票(2)]
★4マイレージ、マイライフ(2009/米)ライトマンって、弱冠30代半ばで既に巨匠の域に入り込んでますな。 [review][投票(3)]
★3スパイキッズ(2001/米)アラン・カミングの歌声が耳から離れないのを何とかしてほしい。これ、電波系ヴィデオ・クリップとして売り出せば結構売れるような気がします。 [review][投票(12)]
★3ピースメーカー(1997/米)一見単純な物語なんですが、監督が何を撮りたかったか?と考えると結構深い気もする作品ですね。 [review][投票(1)]
★4ゼロ・グラビティ(2013/米)身体は動いてないのに、体感アトラクションに乗せられた気分。なんて心地良い瞬間。 [review][投票]
★2バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997/米)バットマンが悩まなくなったら、敵役が悩むようになってしまった。 [review][投票]
★3オーシャンズ13(2007/米)キャラの多さが売りだったのに、キャラが多すぎたのが足を引っ張ったと言うべきか…面白いのは面白いのですが。 [review][投票(1)]
★3スパイキッズ3−D:ゲームオーバー(2003/米)バランスは確かに悪いけど、良い部分と悪い部分を合わせて考えて、なんとかイーブンってところかな? [review][投票(2)]