コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

アルゴ (2012/)

Argo

[Drama/Thriller]
製作総指揮デヴィッド・クローワンズ / ニーナ・ウォラースキー / クリス・ブリガム / チェイ・カーター / グレアム・キング / ティム・ヘディントン
製作グラント・ヘスロフ / ベン・アフレック / ジョージ・クルーニー
監督ベン・アフレック
脚本クリス・テリオ
原作ジョシュア・ベアーマン
撮影ロドリゴ・プリエト
美術シャロン・シーモア
音楽アレクサンドル・デプラ
衣装ジャクリーン・ウエスト
出演ベン・アフレック / アラン・アーキン / ブライアン・クランストン / ジョン・グッドマン / ケリー・ビシェ / カイル・チャンドラー / ロリー・コクレイン / クリストファー・デナム / テイト・ドノヴァン / クレア・デュヴァル / ビクター・ガーバー
あらすじ1979年11月、王政を打倒したイラン革命勢力が在テヘランの米国大使館を占拠、大使館員を人質に前国王の身柄引き渡しを米国政府に要求する事件が勃発する。その混乱のさなか大使館を脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ6人の米国人大使館員たちがいた。彼らを救うべくCIAから命を受けたのは人質奪還のプロであるトニー・メンデス(ベン・アフレック)。彼が立案したのは、架空の映画をでっちあげ、撮影を名目にイランに潜入、6人の大使館員を映画制作スタッフに偽装して出国させるという荒唐無稽な計画だった。かくして、SF超大作映画「アルゴ」の制作が大々的にお披露目される。/120分 [more] (緑雨)[投票]
Comments
全45 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「誰の言葉だ?」「マルクス」「グルーチョか?」←これ言いたい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(12)]
★5アフレック、こんなに映画のことを考えていたなんて、、。好きなんだよね。映画少年だったんだろうな。そんな彼の思いが全力満開している。 [review] (セント)[投票(4)]
★5緊張と緩和 [review] (Gala)[投票(2)]
★5政治的配慮をしたかのようなラストの1シーン。(もろネタバレですので未見の人は読まない方が賢明です) [review] (KEI)[投票(1)]
★5多少の誇張はあろうかと思うが、見ていてあまりの怖さに漏れそうになった。 「映画好きに捧ぐ」みたいなラストシーンもいいね。 (サイモン64)[投票(1)]
★5最高に面白いから絶対観るといいです。 [review] (モロッコ)[投票(1)]
★4クライマックスのヤキモキさを煽る演出も冴えているが、特筆すべきは序盤の大使館に暴徒が傾れ込むシークェンスの臨場感だろう。現場の不安と恐怖がまざまざと伝わってくる。 [review] (緑雨)[投票(9)]
★4快楽リズムは随所にある。だが、アーキングッドマンが快演だとしても、後方作戦でしかないハリウッドパートを主戦場での奪還劇と併置するのは身贔屓だし、実話という根拠に安住してる。バランスが悪いのだ。追うイランサイドの描写が決定的に不足。 (けにろん)[投票(5)]
★4まあアメリカ人以外には響かないよね。ベン・アフレックはその辺りが自覚出来てるから控え目な演出と演技に徹するのだろうか。 [review] (HAL9000)[投票(3)]
★4アカデミーは作品賞よりも監督賞をあげるべきだった。何故ノミネートさえしない? [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4子供たちが写真を組み立てている描写はモンタージュの暗喩なのだろうか。昨今の流行に照らし合わせても、これほどカット数が多い映画は中々お目にかかれない。別々の国で同時進行する物語なのだから必然的とはいえ、細かい矢継ぎ早のカッティングが目立つ。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]
★4誰もうまく行くとは思えない荒唐無稽な作戦を、ただ事実であるという一点で支える。サスペンスの醍醐味たっぷりの快作。フィクションが実際に何かを救うという構図は映画ファンならずとも興奮する。奪還現場とCIA本部とスタジオ6の連携、高度な編集に唸りっぱなしだった。 (まー)[投票(1)]
★4中絶による哀愁のようなもの [review] (山ちゃん)[投票(1)]
★4控えめな演出なのは扱いをわきまえている。序盤と終盤の昂揚感は昨今の作品ではピカ一。そして何よりも「言葉がわからない」ことの怖さである。空港でのクライマックスはイラン側の字幕を入れないことで臨場感MAX。怯えながらも冷静を装う米国人に比べ瞬間湯沸かし器のようなイラン人の描写は誇張具合が鼻白むし、エピローグが冗長気味なのが残念だが、秀作なのは異論がない。それにしても家政婦の行く末が気になる。 (tkcrows)[投票(1)]
★4冒頭からかなり学習することができました。アメリカとイランの確執が手に取るようにわかる大作!!(2012/11/14・ユナイテッドシネマとしまえん) [review] (chokobo)[投票(1)]
★4まさに「嘘のような本当の話」 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3最後の方で急に冷めたなあ。 [review] (カルヤ)[投票(7)]
★3全編を通して丁寧かつ落ち着いた演出で、悪い言い方をすれば、置きに行っている。そしてちゃんと置けている。佳作。 [review] (Lostie)[投票(6)]
★3真に迫ったサスペンスがあるかといえばそうでもなく。 [review] (ドド)[投票(3)]
★3「あの頃」使われていたアルファベットのフォントとともに、あまりにも終盤のまとめ方が「あの頃」的でベタすぎて、すこぶる安心して観れてしまった。「これでオスカー?」 (笹針放牧)[投票(2)]
★3宗教や文化の齟齬、石油利権、偏見、感情の対立などといった面倒な要素は周到に排除され、純度100%に濾過された「サスペンス」だけがCIA工作員とともに、パーレビとホメイニの狭間をスルリとすり抜ける。まあ確かに、歴史の娯楽化もまた映画の使命なのだが・・・ [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3ある程度の緊迫感はあるものの、どことなくトントン拍子に事が進む…。アメリカ人の為の作品ですね。最近のアカデミー賞は当てにならない。 (ベルガル)[投票(1)]
Ratings
5点28人****************************
4点50人**************************************************
3点29人*****************************
2点1人*
1点0人
108人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
実際に起きた事件や犯罪、犯人をモチーフとした映画 (脚がグンバツの男)[投票(16)]就職先、映画業界とりあえず希望 (ぽんしゅう)[投票(12)]
ゴールデングローブ賞作品賞 (MACH)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「アルゴ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Argo」[Google|Yahoo!]