コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ラヴィ・ド・ボエーム (1992/スウェーデンフィンランド)

La Vie De Bohème
Bohemian Life

[Drama]
製作総指揮クラウス・ヘイデマン
製作アキ・カウリスマキ
監督アキ・カウリスマキ
脚本アキ・カウリスマキ
原作アンリ・ミュルジェール
撮影ティモ・サルミネン
出演マッティ・ペロンパー / イブリヌ・ディディ / アンドレ・ウィルムス / カリ・ヴァーナネン / クリスチーヌ・ムリーリョ / ジャン・ピエール・レオー / サミュエル・フラー / ルイ・マル
あらすじプッチーニのオペラ「ボ・エーム」にアキ・カウリスマキ激怒! 原作者H・ミュルジェールのオリジナル台無し! でアキ監督版「ボヘミアンの生活」が制作された。 ボヘミアン集う19世紀?パリを舞台に画家で東欧移民(だから訛っているのぉー)マッティ・ペロンパー はさすが芸術の都パリ!だからいきなり芸術家たちと意気投合! なんでお前はフランス語喋りながら奥手なのか? 大変無口だが心通じ合う恋人ミミイブリヌ・ディディとフランスパンをかじり、幸せなときを育み、アキ監督が尊敬するトリフォー作品の常連ジャン=ピエール・レオがパトロンになって、芸術家達のこれからも安泰になると思っていたら・・・世間の風は芸術家には冷たいもの。...[more] (のこのこ)[投票][全 2 件]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5貧乏であれ何であれ、決して死を選択肢にいれない姿に残酷さを感じたりする。が、カウリスマキの理念に沿って検証すると、それが残酷でないことがすぐに分かる。リアリストでありながら幻想的な映画を撮りたいという、一見矛盾した考えが芸術家であり、カウリスマキである。 [review] (ジャイアント白田)[投票(4)]
★5愛がのろのろと。 [review] (バーボンボンバー)[投票(3)]
★5美しい。なんて幸せな映画なんだろう。大好きだ。 [review] (3819695)[投票(2)]
★5こんなかっこいい男は見たことがない。 (ミイ)[投票(2)]
★4カウリスマキ作品=短い、という先入観があったので多少長く感じたが、彼のタッチは健在。特にピクニックのシーンの暖かさはあたかも春の野の香りがするよう。最後の「〜に捧ぐ」という献辞も何故かカウリスマキの人間味を燻し出している気がしてならない。ラストの曲は最強だな。 (24)[投票(1)]
★4カウリスマキさん、「コントラクト・キラー」の時はイギリス映画に、そしてパリを撮ったこの映画は、パリに、芸術に、フランス映画に、しっかりと敬意を表しております。そういうところも上手。 (tomcot)[投票(1)]
★4ボヘミアン三人組の書き分けが抜群。それにしても、このフィルムの質感!素晴らしいよカウリスマキ。 [review] (町田)[投票(1)]
★4画・音楽・物語、そこに一輪の花を添えて。そしてそれは映画となった。 (バーンズ)[投票(1)]
★4相変わらずのダメ男どものエレジーだが、カウリスマキ身上のタイトさが消え相当に贅肉がつき展開もモロ予定調和になった。しかし、サルミネンのモノクロの粋に随分救われているし、役者・楽曲等に新たな導入を試み成果があったのも事実だ。 (けにろん)[投票(1)]
★4改めてカウリスマキを観ると、ブレッソンよりはサーク源流でファスビンダーを経由したものに思える。特に照明への影響が明らか。でもこの監督ってシネフィル的なスカした感じが時々イラっとくる。 (赤い戦車)[投票]
★4マッティ・ペロンパーがグルミットに見えた…。女に振り回されるのは喜劇で、振り回すと悲劇になってしまうのか。うーん。。 (レディ・スターダスト)[投票]
★4カウリスマキ。いいなあ。本当の映画詩人だ。ポエムだ。良さは見た人でないと分からないが、温かさ、こころの連帯、ユーモア、生きることの切なさ、だけどそんなのいいさと開き直る明るさ。 [review] (セント)[投票]
★4アキ・カウリスマキ曰く、ハッピーエンドの作品は観客のために、そうでない作品は彼自身のために作るのだそうです。[ユーロスペース1] [review] (Yasu)[投票]
★4純粋な心を持つがゆえに... [review] (TM)[投票]
★4どうして、頭が二つ?何か意図があるに違いないんだけど…私にはわかりませんでした。 (りかちゅ)[投票]
★3夢捨てきれず年月だけを重ねてしまった芸術家気取りの男たちには、哀れを感じこそすれ共感ができず、かつてどこかで目にした映画構文の引用には、巧みさを感じこそすれ新鮮さは感じなかった。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3出てくる人々が皆滑稽で優しい。こんな映画人間好きじゃないと撮れないでしょ。 [review] (kaki)[投票(1)]
★3え?プッチーニ? [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3ラストの曲がしぶかった (ユメばくだん)[投票]
★3霞を食って生きる芸術家よりもパートのおばちゃんや板金のおっちゃん、フランス語よりもフィンランド語の方がわたしにはしっくりくる。「雪の降る町を」は、その情感をしみじみと肌で知る日本人で良かったなあと思った。(03.05.25@梅田ガーデンシネマ) (movableinferno)[投票]
★3恋人たちのメロディー』と似ているが、受ける印象が全然違う。いい話度はこっちの方が上なんだけど。2002.12.20 [review] (ハイズ)[投票]
★2ルノワールを思わせる美しい場面もあるが物語が詰まらないので退屈。(05・10・27) (山本美容室)[投票]
Ratings
5点11人***********
4点31人*******************************
3点18人******************
2点1人*
1点0人
61人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
そして男たちは行く (バーボンボンバー)[投票(6)]ボヘミアン(自称を含む芸術家)は巴里に集う (tredair)[投票(3)]
カウリスマキ・ゴー・ニッポン (扶桑)[投票(2)]愛してる映画 (バーボンボンバー)[投票(1)]
どうして5点にしなかったんだ (そね)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ラヴィ・ド・ボエーム」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Bohemian Life」[Google|Yahoo!]