コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009/)

[Mystery/Thriller/Drama]
製作総指揮間瀬泰宏 / 市川南
製作佐倉寛二郎 / 山内章弘
監督中村義洋
脚本斉藤ひろし / 中村義洋
原作海堂尊
撮影佐々木原保志
美術金勝浩一
音楽佐藤直紀
出演竹内結子 / 阿部寛 / 堺雅人 / 羽田美智子 / 高嶋政伸 / 山本太郎 / 貫地谷しほり / 玉山鉄二 / 尾美としのり / 林泰文 / 中林大樹 / 佐野史郎 / 野際陽子 / 平泉成 / 國村隼
あらすじ「バチスタ事件」の一件を解決した不定愁訴外来専門の田口(竹内結子)は、本人の意思とは無関係に倫理委員会の長に任命されていた。そんな彼女のもとに救命救急センター長、速水(堺雅人)に関する告発文が送られてくる。彼は<ジェネラル・ルージュ>と呼ばれ恐れられていた。またもや調査を任された彼女の前にもう一通の告発文を手にしたアノ男がやって来る(123分)。 [more] (chilidog)[投票]
Comments
全23 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ミステリーというよりも、骨太でハードなサスペンスに仕上げられ、実に見ごたえのある、ガツンとくる映画になっている。前作の不足分を完全に補って余りある、良質な作品だと思う。 [review] (シーチキン)[投票(5)]
★5堺雅人さんの演技に最高点を与えたいですね。素晴らしい演技でした。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★5速水役の堺雅人に頼り切った映画。「ガリバー!ガリバー!」と言われていた阿部寛も本作では脇役。委員会での速見の憤怒、トリアージを佐藤に任せる際の言葉、癒着の理由、どこを切っても演じる速水の映画。かっこ良すぎる! [review] (IN4MATION)[投票]
★5最悪だな。この病院。 (Sungoo)[投票]
★4医療へのさまざまな問題提起を内包しつつ、脱力系軽妙タッチで秀逸ミステリーに仕上げた中村義洋の手腕は鋭く、彼の作品はどれもそうだが、人間へのいとおしさに満ちていることに気付く。 [review] (セント)[投票(5)]
★4前作の提起された問題の深刻さと喜劇演出のバランスの悪さを修正したのは正解。矮小な院内抗争というお決まりの娯楽要素から携帯の呼び出し音を機に一転、人々が救命医療に託す希望と、人々のために引かれた限界をトリアージの過酷さでみせる構成は説得力あり。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4前作より手慣れた印象で面白い。「いやあ、私がやりましたって言っちゃうとこでしたよ」って言う竹内結子の表情がとてもいい。キネ旬最優秀主演女優賞の決め手はこれだ(<『サイドカーに犬』だろーが)。 (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4すげぇな、堺雅人。『クライマーズ・ハイ』といい、良い作品に続けざまに出てる。 (stimpy)[投票(1)]
★4予想と期待を充分に満たす出来映えにほぼ満足。その功績は監督が「切り札」と呼ぶ堺 雅人に負う処が大きい。彼以外が演じたら役にここまでの実在感は得られなかっただろう。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4本線のエピソードに関して色々言いたい事はある。ただ、間違いなく面白い。 [review] (Master)[投票(1)]
★4前作未見ですが、楽しめたし、感動もしました。でも阿部寛が出てくる度に、「トリック」を思い出しました。 (NAO)[投票(1)]
★4小道具や色がキャラ付けのためだけでなく、伏線としても回収されていくシナリオの力が大きいが、救急患者に向かって歩み出す山本太郎やポートに着陸するヘリを映した監視カメラの映像など、ちゃんと必要なショットも撮っている。回想が中弛みを回避しているのは、それが種明かしだけでなく次の展開へと発展していくからだろう。クライマックスの連帯に少し泣く。これは悪くない、良い映画。 (赤い戦車)[投票]
★4糞真面目な医療問題の提起だけに落ち着かせず、ほのかなオフビートコメディー臭を漂わせたのがいい。人が生き死にする現場の緊迫感の中でどこか場違いな田口・白鳥コンビのゆるさが物語を転がしていく。堺雅人のヒールと正義を内包するキャラ造形の完璧さは言うまでも無い。あと、一斉に鳴り出す携帯で場面を転換する会議室のシーンは唸った。 (まー)[投票]
★4原作からは、田口は堺雅人かなと勝手に想像してたけど、まさかの速水役。これがまた不思議とはまり役。 (らーふる当番)[投票]
★4ただの病院の内輪揉めかと思いきや医療問題にもメスを入れているところが秀逸。チュッパチャプスの大きさがだんだん小さくなっているように見える。 (TOMIMORI)[投票]
★3原作、シナリオ、演出、役者、それぞれの特長が程よく盛り込まれた優秀なパッケージ映画。そして、ジェネラルの叫びは決して聞こえない。 [review] (林田乃丞)[投票(8)]
★3前半、中盤、後半で味わいの違いが楽しめるグラデーション映画。 [review] (青山実花)[投票(1)]
★3阿部寛のドラえもん化によって、語り手の持ち札が可視化してしまう印象を受ける。かかる可視化は、受け手に物語の構造を意識させ、団結のために事件が起こり、人死にが出るような感覚をもたらす。 (disjunctive)[投票]
★3シリアスと笑いを強烈にぶち込み観る者を揺さぶった前作に比べ、その両方を使いつつより手堅い演出。こちらがシリーズという<麻酔>にかかってしまった?またもやココでも手堅い堺雅人。 (chilidog)[投票]
★2TV版の方が断然良い。映画版は話題作り先行のミスキャストとしか・・・ [review] (ぐるぐる)[投票]
★2自分にとっては結局のところ竹内結子ちゃんをスクリーンで見たことに満足しただけという感が否めません。 [review] (K-Flex)[投票]
★22時間特番でいいような。いまだ『er』を超えられず。2009.3.14劇場観 (中世・日根野荘園)[投票]
★1いかにも意味ありげに無意味なセリフを吐いて演技ごっこをする。原作未読だが、「怪文書」を元に何かを追及するわけがない…。設定がいちいち非現実で入り込めない。陳腐。堺雅人が、なぜ人気あるのか分からない。 (これで最後)[投票]
Ratings
5点4人****
4点22人**********************
3点24人************************
2点3人***
1点2人**
55人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ヒポクラテスたち (死ぬまでシネマ)[投票(5)]原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]
Links
検索「ジェネラル・ルージュの凱旋」[Google|Yahoo!(J)|goo]