コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

上海から来た女 (1947/)

The Lady from Shanghai

[Thriller/Film-Noir/Mystery]
製作オーソン・ウェルズ
監督オーソン・ウェルズ
脚本オーソン・ウェルズ
原作シャーウッド・キング
撮影チャールズ・ロートンJr.
音楽ハインツ・ロームヘルド
衣装ジャン・ルイ
出演リタ・ヘイワース / オーソン・ウェルズ / エヴェレット・スローン / テッド・デ・コルシア / グレン・アンダース
あらすじ暴漢に襲われている謎の美女ロザリン(リタ・ヘイワース)を偶然助けた船員マイケル(オーソン・ウェルズ)は、彼女の夫バクスターから豪華ヨットによるバカンスに同行するように頼まれる。船旅の最中にロザリンとマイケルはお互いの気持ちをつのらせるが、バクスターの友人の仕組む殺人事件に巻き込まれていく、、、、。 (動物園のクマ)[投票]
Comments
全17 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5悲劇の「天才」オーソン・ウェルズが残したリヴィング・レジェンド。「お勉強」としての古典映画なんて思ってると、あなたは一生後悔する。 [review] ()[投票(4)]
★5ギラギラしていながらドス黒い。美しさとグロテスク。その上屈折と猥雑と滑稽と狂気をこれでもかと詰め込みながらも、その実芯は冷えきっている。要は完璧、ということです。 [review] (くたー)[投票(3)]
★5私も汗っかきだから映画で汗が演出されると鬱陶しいと思いつつも、つい見入ってしまう。その汗の演出が見事だった。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★5魅力的な舞台装置の数々、矢継ぎ早な展開、そして名優たちの濃くてクドい顔、顔、顔。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★5財布の中身:小=庶民=ミクロと対極のマクロを繋ぎとめて、両者をセッティングした映画という場所に会わすのが巧く、帰納法と演繹法の両刀使いの名手オーソン・ウェルズは単純に凄いと思わせるのが巧い。 [review] (ジャイアント白田)[投票(1)]
★5見る側の気構えも大変だ。一筋縄ではまるでいかないこの映画には、いやもうまったくオーソン・ウェルズには天才を感じずにはいられないが、リタ・ヘイワースには見事に、 [review] (tomcot)[投票(1)]
★5水族館の場面、京劇の小屋、鏡の間の銃撃戦、忘れられない映像が続く。リタ・ヘイワース出演作品のベストのひとつ。 (丹下左膳)[投票(1)]
★5「何か裏がありそうだな」「変だな」と思う前に、「本当はこうなんですぜ」と登場人物たち自身からどんどん謎を打ち明けていっちゃうのが、謎解きを楽しむには不親切だな、と思っていたら編集でカットされていたんですか…なるほど。 [review] (おーい粗茶)[投票]
★4鏡に映ったものが全て真実とは限らない。それが鏡部屋ならなおさらだ。美しきリタ・ヘイワースに魅惑されて主人公が迷い込んだ場所、そこはまさに偽りだらけの鏡の国。鏡を一枚一枚撃ち抜くことで、やっと真実が見え始める。 (青二才)[投票(5)]
★4映画のリズムは実に軽快なのに、ショットごとのインパクトは異様に重い。背景のデザインと前景の名優達の顔のアップの対比効果が強烈で、特にリタ・ヘイワース の完璧な美貌が、眼を奪うような鮮烈な風景の中でますます輝きわたる。 (ジェリー)[投票(3)]
★4 オーソン・ウェルズ・イン・ザ・デカダンス。 [review] (にくじゃが)[投票(3)]
★4MAGIC. [review] (24)[投票(2)]
★41時間もカットされ、ずたずたに編集された、とはいえ、個性的な顔のアップの連続、光と影のコントラスト、、、、スクリーンから目が離せない。 (動物園のクマ)[投票(1)]
★4同時代にしては非常にショット数の多い部類だろう。異様な迫力をたたえたアップ群。生々しい中華街ロケはヌーヴェルヴァーグの先駆でもある。アンドレ・バザンのいう画面の「空間的深さ」は他のウェルズ作に比べるとあまり見られないが、裁判所シーンからラストの鏡の間での銃撃戦にかけては、現実の曖昧さを提示した映画的リアリズムとして実に見事。 (赤い戦車)[投票]
★4見えているものが何かではなく、どう見えているかに気をとられたとき人は真実を見失う。むさ苦しい男達の中で輝くリタ・ヘイワースに目を奪われ、次々に繰り出されるバランスを欠いたショット群に幻惑され、いつしか心地良い虚構の中にいる自分に気付く。 (ぽんしゅう)[投票]
★3サスペンス的に見ればいまいち。ウェルズの映画的な面白さとはまた別物に感じる。 (ドド)[投票]
★0ヴァイオラ・ローレンス、社命とはいえ史上最悪の編集。オーソン・ウェルズの指示に従わず、映像はおろか物語まで無茶苦茶にしており、我々は傑作の残骸を確認するばかり。失われたものは余りにも大きい。歯ぎしりしたい気分。 (寒山)[投票]
Ratings
5点15人***************
4点16人****************
3点8人********
2点0人
1点1人*
40人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
−ウィリアム・キャッスルと関連作品− (kawa)[投票(10)]BL ──blood and steel── (にくじゃが)[投票(2)]
リタ・ヘイワース (わっこ)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「上海から来た女」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Lady from Shanghai」[Google|Yahoo!]