コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
「藝術祭」受賞作一覧
芸術祭賞・芸術祭大賞・芸術作品賞(劇映画のみ)

昔の邦画のタイトルでよく目にするけど、映画に詳しい人に聞いても知らないと云われる「藝術祭」。積年の謎でしたが、調査によると文部省(文化庁)主催の芸術の祭典らしく、リストを入手しましたので映画部門の受賞作を掲載します。
D★3肉弾(1968/日)
D★3人間(1962/日) [comment]
D★3彼岸花(1958/日) [comment]
D★3大地のうた(1955/インド)
D★3白い巨塔(1966/日) [comment]
D★1日本のいちばん長い日(1967/日) [comment]
D★0反逆児(1961/日)
D★0老人と海(1958/米)
D★0自殺への契約書(1959/仏)珍しくキネ旬ベストテン選外。
E★4真夜中のカーボーイ(1969/米)この年から大賞・優秀賞となり、以降、大賞は殆ど洋画と日本の記録映画ばかりになります。
F★5レニー・ブルース(1974/米)
F★5ジョニーは戦場へ行った(1971/米)
F★5アレクサンダー大王(1980/伊=独=ギリシャ)
F★5旅芸人の記録(1975/ギリシャ)
F★5白夜(1971/仏=伊)
F★4トリュフォーの思春期(1976/仏)
F★4大理石の男(1977/ポーランド)
F★4叫びとささやき(1972/スウェーデン) [comment]
F★4家族の肖像(1974/仏=伊)
F★4ベニスに死す(1971/伊)
文化庁のHPに掲載されている「文化庁芸術祭賞受賞一覧」から抜粋しました。芸術祭賞の次点に奨励賞、大賞の次点に優秀賞がありますが略しました。また、記録映画部門は略しました。映画部門は平成元年をもって終了。芸術祭自体は現在も続いています(記録映画と功労者を対象とした文化庁映画賞は別途継続中)。ABCはできるだけ年代順に並べようとしただけで個別の意味はありません。●未登録作品『ふたりだけの窓』(66)、『イダス』(87)。蛇足ですが私見では、官製の賞は古典芸能にこそ相応しく、民間ベースで元気な映画などには不要になったということなのでしょう。もちろん、商業ベースに乗り難い有為の作品への支援は続けていただきたい。文科省の映画担当には「ロマンポルノの時代」を書いた寺脇研氏のような優秀な人もいるのですから。
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (3 人)ナム太郎 DSCH ぽんしゅう