コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アマルフィ 女神の報酬(2009/日)
- 更新順 (1/1) -

★4恐ろしいほど制約の多そうなこの企画を、どうにか「映画」のレベルまで持ち上げようと努力する、演出家の悪戦苦闘の痕跡に感動を禁じ得ない。運が良ければ西谷弘はかつての鈴木清順加藤泰のように、将来再評価されるであろう。 [review] (赤い戦車)[投票]
★3歌が耳から離れない。お話はすぐ離れそう。外交官たち、楽しそうな職場だこと。 (らーふる当番)[投票]
★3外国ロケの意味どころか黒田の肩書き、舞台設定、配役の意味さえも頭をひねる。とはいえ、作品自体は決して駄作ではなく、意外と面白く観られた。さすが原作者自身の脚本である。もしかしたら無名の役者ばかりを使ったら、もっと監督も頑張って面白くなったかも知れない、惜しい作品。 (tkcrows)[投票]
★2サラ・ブライトマンの魅力満載の映画でしたね。彼女の迫力だけが救いの映画。(2011/04/05) [review] (chokobo)[投票]
★4テレビで放送されたものを録画してCMカットしながら観たせいか、世間が酷評するほど悪くは感じなかった。ただ、舞台はアマルフィじゃなくてローマだよね?w 女神の報酬の意味もわかんないよね?  [review] (IN4MATION)[投票]
★2景色に頼るばかりで、これが映画か?と思えるほどいっぺん通りのカメラに萎える。TVの拡大版を量産するのは止めろ。 (甘崎庵)[投票]
★3前半は緊張感があってそれなりだったが、 [review] (二液混合)[投票]
★2ぼくのとったきれいないたりあ (疑話)[投票]
★3安っぽい。せっかくのイタリアロケを活かせる外国人俳優のキャスティングと、設定の必然性が欲しい。常に錯乱している天海祐希も見苦しい。 [review] (サイモン64)[投票]
★3いや、それなりに面白いんですが、風景と人気曲と人気男優を用意すれば大当たり間違いないでしょ?っていう製作側のスタンスが露骨に伝わってきてしまうのは如何なものか?皆さんソコに嫌悪感を持つんですよねぇ・・・ (sawa:38)[投票]
★2前作『容疑者Xの献身』で見せた演出の切れ味が今回は鈍い。イタリアという大舞台が手に余ったか。近所の弁当屋に歩いて通う卑近な舞台こそ西谷弘の本領か。単なる観光映画では仕方ないのだが、観光映画になり得ていないのが、実はプロット上も問題あり。 [review] (煽尼采)[投票(2)]
★2イタリアロケ先にありきの作りで正直言って意味不明な出来映え。犯人たちは日本でやれ、日本で。こんな風にいじられたらそりゃ真保裕一さんも脚本から名前抹消するわ。オレは真保裕一さんが好きなだけにすごく残念。 (ごう)[投票]
★2なんか、ダサイんですけど。。。そして織田裕二、あなたちょっと変よ? [review] (あちこ)[投票]
★3イタリアに行ったことのある人なら高得点かもしれないが [review] (代参の男)[投票]
★3深く考えないで観たので楽しめました。 ただ、主演が織田裕二のためか『踊る大捜査線』シリーズの焼き直し感が強い。 サラ・ブライトマンの歌を多用し過ぎてるのが残念。 黒田康作シリーズとして続編がありそうな・・・ (ちだん)[投票]
★3作るつもりがあるのかよく分からないけど、織田裕二のキャラは良いし続編作っちゃえば〜、と思うのは、この映画が(外交官黒田ビギンズだとしても)テレビドラマの延長線上で作られたにすぎないからだと思う。なので良質な連ドラのように次を期待してしまうのだ。 (SOAP)[投票]
★3(ほぼ)全編イタリア=ロケという触込みだが、その必要が無いという凄い映画。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★5良い映画です。主人公もまだまだ掘り下げ&育て甲斐があるし、続編作る価値はあるんじゃないでしょうか。これで終わらせるのはもったいないです。…お金はかかるでしょうが(笑)。 [review] (takasi)[投票]
★3面白い、と云ってあげたい。どう転んだって面白い映画など出来上がるはずのない製作態勢(種々のしがらみ)の下で最善に近い結果を出している。唐突にシーンを黒画面で断ち切るなどのぶっきらぼうな話法が驚きを生産し、高速度撮影や「写真」の使い方に顕著な通俗的な演出もなぜか許容範囲に踏みとどまってみせている。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3イタリアの空気を俺色に変えて。2009.8.8 [review] (鵜 白 舞)[投票]
★3豪華な俳優陣&オールイタリアロケとお金を沢山かけた割には大味な映画。色々と含みを持たせたような演出がかえって煩わしいです。 [review] (K-Flex)[投票]
★4全編流れるサラ・ブライトマンの美声、日本人女児の誘拐事件発生と相まってイタリアを駆け巡る世界遺産、苦悩する外交官、そして開催されるアマルフィサミット。娯楽映画としてはこの上ない贅沢な材料で料理される豪華イタリア料理 [review] (セント)[投票(1)]
★3イタリアでロケする意味あったのか?65/100 [review] (たろ)[投票(2)]
★1天海祐希演じる母ちゃんは取り乱したり冷静だったりメチャクチャだ。サブタイトル女神の報酬って何? アマルフィは日本でいうなら熱海か? (のこのこ)[投票(3)]
★3最低のエンドクレジット [review] (トシ)[投票(3)]