コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 沈黙 -サイレンス-(2016/米)
- 更新順 (1/1) -

★5原作通り、そして原作の重要な力点を外してない。キリスト教的な一神教と日本人的な宗教観の違いなども、原作とは違う台詞にはなっていたけれどもちゃんと描写されていた。あれって日本人しか分からない理屈だと思っていたけどスコセッシは理解したんだろうか。 原作の再現度が非常に高く素晴らしい。大変満足した。 [review] (すやすや)[投票(1)]
★3彼がそれを踏む瞬間にエモーションが集約するようには作られていない。隠れ切支丹の虐殺描写と神不在の自己問答がリンクせず意識的でもないからだ。消えた先達を追う旅路の側面も淡泊。転向述懐が明晰であるだけに構造の脆弱が露呈。日本勢のキャストは健闘。 (けにろん)[投票(4)]
★3敬愛するマーティン・スコセッシの執念の一作は不幸なものになった [review] (pinkmoon)[投票(2)]
★3やっぱり私にはクリスチャンの気持ちはわからない。キリスト教はintolerantな宗教だと思う。宗教って、おおむねそういうものなのかもしれないけど。映画としては優れた作品だと思います。 [review] (もがみがわ)[投票(1)]
★4映画の沈黙が劇場の無音に聴こえてはならない。「沈黙」が″聴こえた″かと言えば、確かに″聴こえた″。「沈黙」とはそれじしんが神の声音だということ。鈴虫と茅蜩の音が交響する地獄めぐり。悪魔的な浅野忠信イッセー尾形。「ただの形だよ、形…」という言葉の逆説的な含蓄を、掌中のその「形」にあられもなく託してこその「映画」。世界の表裏の反転。 (きめこめ)[投票(4)]
★4この一徹さはミゾグチが想起させられる。窪塚洋介のウラジミール/エストラゴンがいい。 [review] (寒山)[投票(4)]
★4長すぎました。 [review] (カプリコーン)[投票(2)]
★4「点数をつける」という評価に迷う作品。第一印象は「リーアム・ニーソンが、ずいぶん久しぶりにアクションじゃない映画に出てる」でした(そこかい!)。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3キリスト教を真に解さない私は、古今東西のこの手の映画を観るときは、安らぎを渇望しつつ「神の沈黙」というサディスティックな仕打ちに身も心も呈し、信じることと、疑うことの葛藤に悶え苦しむ、ちょっと変質的な人々のマゾ映画として楽しむようにしています。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★5禁忌 [review] (週一本)[投票(2)]
★4「神の沈黙(なぜ神は苦しんでいる者のために救済に現れないのだ)」のような観念的なテーマより、理念のゴリ押しや無理解などが人を歪ませていく圧を暴力的に描いてこそスコセッシ監督の資質だろうに。歳をとってやや達観的になってしまった気がする。 [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★3どうも演出家が長崎と魔界を取り違えているらしいのは、云うまでもなく乙なものである。同様に、日本人の演出家であれば呪縛的に逃れられなかったであろう時代劇的演技のコードから自由であるところに徳高さが好もしく滲み出る。平生の現代劇芝居と寸分違わぬ菅田俊浅野忠信に金銀のメダルを捧げたい。 (3819695)[投票(2)]
★3いつか原作を読んでみたいと思ってましたが、宗教を理解してない自分がいきなり小説だとちんぷんかんぷんだろうと思うのでちょうど良かったかもしれません。 [review] (deenity)[投票(1)]
★4思わず涙ぐんでしまった予告編を越えなかったのは残念。スコセッシの本気は受け取った。演出★4、物語★4、役者★4 [review] (ぱーこ)[投票(3)]
★3窪塚洋介の弱さの演技など評価すべきポイントも多くあるのだが、後半に蛇足が顕著であることが惜しまれる。ロドリゴに訴えかける「声」の描写をもって物語を閉じるほうがいい、というのは日本人の美学であり、スコセッシが敢えて提示したのは揺るがぬ正解を求める欧米人観客へのサービスなのだろうか。「言い訳」のようなラストシーンには少々興を削がれたのが正直なところだ。 [review] (水那岐)[投票(4)]
★5思ったより原作にほぽ忠実で抑制の効いた「沈黙」であった。殉教のむごさ、神の不在(沈黙)を正攻法で描き切った。スコセッシ見事である。 [review] (セント)[投票(3)]