コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

亡国のイージス (2005/)

Aegis

[Action/Drama/Crime]
製作坂上直行 / 久松猛朗 / 千野毅彦 / 住田良能
監督阪本順治
脚本長谷川康夫 / 飯田健三郎
原作福井晴敏
撮影笠松則通
美術原田満生
音楽トレヴァー・ジョーンズ
特撮神谷誠
出演真田広之 / 寺尾聰 / 佐藤浩市 / 中井貴一 / 勝地涼 / チェ・ミンソ / 安藤政信 / 原田芳雄 / 原田美枝子 / 吉田栄作 / 谷原章介 / 豊原功補 / 真木蔵人 / 池内万作 / 岸部一徳 / 鹿内孝
あらすじ[ネタバレ?(Y2:N3)] 国防の楯となる海上自衛隊イージス艦のいそかぜへ某国の策謀により、毒ガス兵器”グッソー”が持ち込まれた。これの使用を防ぐために、日本の秘密諜報組織ダイスは工作員を乗船させるものの、いそかぜは自衛隊の意思を離れ、東京は未曾有の危機に直面する。守るべき国の形を見失った亡国の楯(イージス)が日本の現状を憂い、自衛隊の有り方を問う、新進作家福井晴敏氏の3つ目の映画化作。 映画を楽しむための原作からの補完解説→ [more] (アルシュ)[投票(16)]
Comments
全68 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5いい出来。 (たろ)[投票]
★4これは軍オタが作りたいように作った作品で、それを後押しする形でこれだけの後援が得られた点が素晴らしいことです。『ローレライ』の時も思いましたが、以降の邦画の方向性は、かなり期待できることを確信(レビューは妄想全開です)。 [review] (甘崎庵)[投票(7)]
★4ホンモンのイージス艦やF2戦闘機がスクリーンいっぱいに動き、芸達者な役者が過不足なく演技する様は一見に値し、地に足がついた映画であることは間違いないのだが、だからといって、こういった思想と映画の方向性を応援していいかどうかはよく考えねばならない。 [review] (すやすや)[投票(3)]
★4真田広之はじめ、さすが大御所たちの迫真の演技には大満足。 ただ、ストーリーが唐突で説明不足の感じがする。特に、チェ・ミンソの役割、位置づけは消化不良を起こしているようだ。 [review] (ばかてつ)[投票(2)]
★4恥を忘れたという皮肉的演出な土下座に始まり、全般におけるご都合主義に、感情の弱さと流されやすさ。自国を忘れ、他国なしでは何も出来ない亡国以前に忘国。最初から最後まで今の日本(人)を自虐的に映し出した事に感服。 (らーふる当番)[投票(1)]
★3よく見ろ日本映画関係者。これが「普通」だ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(22)]
★3内容満載の原作をそつなくまとめたと言えるが、全くの緊迫感の無い作品に成り果てた。東京がピーンチ!って緊迫感が核となってストーリーが進行するのに、それがまったく無い。「考える前に考えろ」よ製作陣!! [review] (アルシュ)[投票(12)]
★3堅い問題提起よりはまず娯楽であろう、という制作陣内の意思の一致は感じても、作者も監督も編集者もみながみなオレ流という感じで雲散霧消。(『ローレライ』『戦国自衛隊1549』のネタバレも多少含みます) [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★3原作読んだ人のための映画なのか?説明不足もいいとこで、人間関係がさっぱり読めない。 アクションもさらっと流してるようで、俳優陣の熱演も空回り気味。 [review] (トシ)[投票(5)]
★3ある意味「日本」をよく表現している娯楽自虐映画。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(3)]
★3理念の映画だとすれば論点が曖昧だし、活劇映画だとすれば対立軸と戦闘能力が曖昧だし、軍ヲタ映画なら兵器萌え分が足りない。 [review] (林田乃丞)[投票(2)]
★3谷原章介の長い足と平泉成の無駄に気合いの入った怒号しか印象に残らず他は可もなく不可もなく。亡国といえば某国に見せたら真似しそうで怖い。 (TOMIMORI)[投票(2)]
★3これが洋画だったらもう少し点が甘いかも。。。いつゴジラが出てくるかと心配した。中井貴一佐藤浩市真田広之らは役をシャッフルしても映画の出来は変わらない気がする。ついでに時任三郎も使えば良かったのにwww。谷原章介はどこで出てたのか。エンドクレジットで見るまで気付かなかった。にしても、無駄に豪華キャスト。 (IN4MATION)[投票(2)]
★3子供の頃『さよならジュピター』を見てハリウッドには永遠に勝てないと思ったが、あと100年ぐらいしたら影ぐらい踏めるかもと思った。 [review] (早秀)[投票(2)]
★3ぶれない思想軸を持つのは北鮮工作員(中井)とダイス工作員(勝地涼)のみであり、ポーズにせよ日本国体の現状を撃つと言うのなら、グダグダ言わずに東京都内にミザイルをブチ込め!2人のインサートされる背景描写だけはそれなりに切実味があった。 (けにろん)[投票(2)]
★2機能しえないテーマ。 [review] (Kavalier)[投票(9)]
★2今年一番の残念。確かに2時間ちょっとで収めるのは大変な作業だとは思うけれど、うーん、残念。 レビューは原作のネタばれありです。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(8)]
★2「よく見ろ日本人。これが戦争だ。」このシーンをピークに早くも映画は失速。クライマックスはタケチャンマンのレベルと化した。唖然(reviewはネタバレのオンパレード。観る前の方は注意してください)。 [review] (Lacan,J)[投票(7)]
★2ひょっとしてこの映画は、娯楽映画として当然見せるべきシーンを見せない、盛り上がりを欠いた淡々とした演出をすれば「高級な映画に見える」という途轍もない勘違いをしているのではないか? [review] (ジョー・チップ)[投票(6)]
★2阪本びいきとしては残念な出来。人物が多すぎ、核となる主人公を配しなかったのも原因と言えるが、ハリウッド的映画を日本で作製する事の困難をひしひし感じる。俳優の誰一人魅力を感じなかったが、敢えて言うと役得の勝地涼が常連でない分新鮮かな。 [review] (セント)[投票(6)]
★2クライマックスの真田広之が可哀想…あんなに手足短く写さなくても。笑うトコじゃないのに笑いそうになりました。 (某社映画部)[投票(3)]
★1驚愕のラスト! [review] (ina)[投票]
★0映画は観てないが友人が言ってた「この主役は西田敏行しかありえないんだ!」って台詞に納得 (gegangen)[投票(2)]
Ratings
5点3人*.
4点26人*************
3点62人*******************************
2点38人*******************
1点4人**
133人平均 ★2.9(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
”なりきり”の役者魂 (アルシュ)[投票(17)]総理大臣を演じた俳優たち (TOMIMORI)[投票(12)]
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]40年のバカ騒ぎ (けにろん)[投票(6)]
非告白的女優論;クロスオーバー70’ (けにろん)[投票(6)]ゲーム化された映画、映画化されたゲーム (TOMIMORI)[投票(5)]
War Simulation in JAPAN 〜誰がこの国を守るのか〜 (ペペロンチーノ)[投票(4)]私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「亡国のイージス」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Aegis」[Google|Yahoo!]