コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

アウトレイジ ビヨンド (2012/)

Outrage Beyond

[Crime/Drama]
製作森昌行 / 吉田多喜男
監督北野武
脚本北野武
撮影柳島克己
美術磯田典宏
音楽鈴木慶一
衣装黒澤和子 / 山本耀司
出演ビートたけし / 西田敏行 / 三浦友和 / 加瀬亮 / 中野英雄 / 松重豊 / 小日向文世 / 高橋克典 / 桐谷健太 / 新井浩文 / 塩見三省 / 中尾彬 / 神山繁 / 名高達男 / 光石研 / 田中哲司 / 白竜 / 菅田俊
あらすじアウトレイジ』の続編。山王会が加藤三浦友和に代替わりして5年、古参幹部 中尾彬らを抑えて旧大友組の石原加瀬亮を若頭に抜擢し、急成長を遂げた。政界にまで浸透し始めた山王会を警察は警戒、かつて山王会を担当していた片岡刑事小日向文世に対策を命じる。片岡は強引に大友ビートたけしをムショから出所させ、かつて大友によって組をつぶされ、彼を刺した木村中野英雄と会わせる。二人はヤクザとしてのケジメを山王会からとるため、西の巨大組織・花菱会の会長神山繁ら幹部西田敏行塩見三省に会うが…(112分) (シーチキン)[投票]
Comments
全40 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5今更な西田中尾の起用が『代理戦争』の梅宮級の触媒となり化学反応を及ぼした。余りな単線いてまえ構図を小日向の介入を随所に錯綜させ複層化した巧味と終局の詠嘆。強固な顔面羅列の言葉のどつき合いに前作の欝憤は弾け飛んだ。 (けにろん)[投票(4)]
★5恐るべき出来の良さ。群像劇になって物語が一気に拡大してるのに、その中できっちり主人公の存在を示してる。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★5いやあ、戻ってる。北野映画健在。この7,8年のへたれは何だったろうか、と思わせるほど映画の芯に重力が満ち満ちている。そうなるとこのバイオレンスは現代人の男の魂を引き連れはじきまくる、、。 [review] (セント)[投票(3)]
★4「俺、もうそういうのいいよ」という大友の台詞は、ビートたけし・北野武のこれまでのすべてを背負っているかのようで、リアルタイムのたけしファンの私にはとても生々しく、これがこの映画のすべてだ、といいたくさえなる。 [review] (おーい粗茶)[投票(13)]
★4一度終わった男(ビートたけし)が漂わせる深い無常感。口では出世のためと言いながら、先天的に安定を嫌う男(小日向文世)の躁的執着心。ヤクザの抗争話に拮抗する強度を持った、この二つの尋常ならざる心のありようが、実は一番恐ろしいということ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
★4アウトレイジ ビヨンド』は続篇である。『アウトレイジ』の続篇である。では「続篇」とは何だろうか。ひとまず、続篇は正篇にとって子のようなものだ、と云ってみよう。子は親と独立した個体であり、また親と無縁に生きることもできるが、親の存在なくして子が発生することは生物学的に不可能である。 [review] (3819695)[投票(5)]
★4めんどくせえ、という倦怠からこそ真に苛烈な暴力が生まれる、という表現の元祖が誰か知らないが、北野武が元祖なのではと思わせる達成。いつでもその空虚の表現は巧かったけど、その逆ベクトルのキャラクターは面白いと思った試しがなかったところ、片岡=小日向の造形が異常に素晴らしい。悪徳刑事、という枠を超えた巨大な禍々しさがある。 [review] (DSCH)[投票(4)]
★4塩見三省が凄むとなぜかちょっとうれしくなるという不思議。 [review] (きわ)[投票(4)]
★4ドライな雰囲気の画面と鈴木慶一の音楽が絶妙にハマった。前作でも素晴らしかった夜のシーンのスタイリッシュな美しさもさることながら、役者陣のキャラの立ち方、ストーリーの面白さ、あらゆる面においてパワーアップした感がある。 [review] (太陽と戦慄)[投票(4)]
★4これが映画だね。話の転がし方、役者の面構え、カットでつなぐ省略法。やり過ぎないところに北野武のセンスを感じる。たかが映画だから。高級車のドアの音だけでもう十分です。 (ぱーこ)[投票(3)]
★4卑怯者のじゃれ合い。みんな人間ちっちゃすぎて笑ってしまう。 (らーふる当番)[投票(2)]
★4顔に刻まれた皺が、尋常ではない社会を巧く表現している。 (ユウジ)[投票(2)]
★4タイトルの出方からして違うように、これは「暴力」そのものを描いた前作とは似ても似つかぬ代物だ。どちらかといえば、私はこちらの方がより面白いと思う。特に前半は近年の北野武作品でも最高だろう。クライマックスは深作欣二仁義なき戦い』その他古いやくざ映画への決別宣言か。<レビュー全面改訂しました> [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★4北野映画で最も脚本がしっかりした映画かもしれない。悪く言えば最も台詞の多い映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3一瞬で終わったラストカットは観客の誰もが予想せず、そして誰もが喜んだ。ところで観終わったあとエレベーターに乗ったら... [review] (mitsuyoshi324)[投票(5)]
★3塩見三省怖すぎ。やべぇ。72/100 (たろ)[投票(3)]
★3これじゃあ石井隆だよ [review] (pori)[投票(2)]
★3やっぱり役者って変身願望が根底にあるからヤクザ役とか張り切っちゃうんだろうな。みんな嬉々として演っていて微笑ましい。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3どの辺がビヨンドなのかさっぱり。石原(加瀬亮)、小さくまとまっちゃったなぁ。前作の方が狂気じみてた。裏切り厳禁だね、この社会。後半一気にドンパチ抗争が加速するが、「あんた達、誰?」感が否めない。屋上でのドンパチでピクピクしてる人の動きが止まるシーンが秀逸。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★3先にこっちを見てしまったので、アウトレイジは誰が死ぬかわかった。 (りゅうじん)[投票]
★2前作の時に「北野武監督をあきらめる」と宣言したにもかかわらず、いそいそと見に行ってしまいました。諦めが悪いねー。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
★2ペラペラよく喋るヤクザどもが殺しあうのをただポカンと眺めるだけ。豪華なVシネか。カタギが全然出てこないのは致命的。 (ペンクロフ)[投票(1)]
Ratings
5点11人***********
4点50人**************************************************
3点24人************************
2点5人*****
1点1人*
91人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「アウトレイジ ビヨンド」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Outrage Beyond」[Google|Yahoo!]